コーヒー豆高騰 限界感じる専門店

FXブログ
コーヒー豆高騰 限界感じる専門店
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 コーヒー豆高騰 限界感じる専門店

コーヒー豆高騰 限界感じる専門店

1. 独自の焙煎で濃厚なコクを表現 コーヒーの苦味と香りを感じづらいアイスコーヒーですが、熟練の焙煎士の手により炭火で極限まで深煎りされたコーヒー豆を使用することで、冷たいアイスコーヒーになっても、しっかり感じるコーヒー感とコクを生み出しています。2. 起毛ネルフィルターによる丁寧な抽出 起毛のネルフィルターがコーヒーの微粒子を通さずにろ過します。そのため、コーヒーは口当たりが滑らかになり、しっかりとした濃厚でコクのある、それでいてまろやかな味わいのネルドリップコーヒーになりました。3. 新鮮なコーヒー豆を贅沢に使用 原料は焙煎後3日以内の新鮮なコーヒー豆だけをたっぷり使用することで、贅沢な味わいに仕上げました。ミルクやガムシロップを加えても、コーヒーの香味が負けず、しっかりとしたコーヒー感とコクをお楽しみいただけます。

さまざまな要因で変動するコーヒーの価格。とはいえ、店頭のコーヒー価格が急騰するのは、暮らしの中で受け入れ難いものだと思います。企業は、その原価の価格変動を吸収すべく、できうる限りの調整や生産の工夫を最大限に行っていますが、それにも限界はあり、仕入れ値の変動が商品に影響せざるを得ない側面もある、ということが、少しおわかりいただけましたでしょうか。

コーヒーは「コーヒーベルト」と呼ばれる赤道付近のエリアの、主に気温15℃~24℃の寒暖差がある高地で栽培されます。しかし温暖化が進むと、栽培に向いた高地エリアがどんどん減り、コーヒーの産地が激減することが予想されています。

コーヒーはもともとヨーロッパやアメリカなど、いわゆる先進国を主な消費国として国際間取引をされていました。けれど昨今は、人口の多いインドや中国などがその経済発展にともない、嗜好品であるコーヒーを以前より多く消費するようになってきています。

いま目の前のカップに注がれた1杯のコーヒーが、もし手の届きにくい価格になって、毎日嗜むことが難しくなってしまったとしたら…?コーヒーの抱える問題に気づいた今なら、私たちの次のアクションを変え、その未来を変えることができます。飲みたいときに、いつでもコーヒーが飲めるように、明日もこの先もずっとおいしいコーヒーを楽しめるように、その幸せをお届けするために、UCCはこれからも取り組みを続けていきます。

南蛮屋のアイスといえばこれ! 夏の定番人気商品です。 炭火焙煎で発火寸前まで深煎りしたコーヒー豆を、焙煎後3日以内にネルドリップしパック詰め。新鮮な原料をたっぷり使った南蛮屋のリキッドアイスコーヒーは、濃厚で香り高く「一度飲んだら他のは飲めないわ」と嬉しいお言葉をたくさんいただいています。

南蛮屋 全店 & 南蛮屋ネットショップで販売!南蛮屋ネットショップ通販限定 リキッドアイスコーヒーのお得なまとめ買いはこちらから!

独自の炭火焙煎により、極限まで深煎りにしたアイスコーヒーを環境省名水百選「羊蹄のふきだし湧水」でネルドリップ抽出し、国産寒天で仕上げたコーヒーゼリーです。 コーヒーの濃厚なコクと香り、国産寒天ならではの弾力と瑞々しい食感が口の中一杯に広がります。付属するシロップとミルクによりその風味はより豊かに。

また、小規模農園で作られている希少な品種で、かつ品質も高いコーヒーなどは、大量に生産できない分、より珍しいこともあり、高額で取引されることがあります。

ではこの先のコーヒー価格についても考えてみましょう。前述の通り、コーヒーの品質管理やその生産量が安定していて、国際間の力の変動が少なく、需要と供給のバランスがとれていれば価格がそれほど影響を受けることありません。けれど、残念ながらこの先の未来をみてみると、展望はそれほど甘くはなさそうなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました