FXで積み上げた利益(2年3ヶ月)を半月で全損する話|雇用統計からショートナンピン

FXブログ
FXで積み上げた利益(2年3ヶ月)を半月で全損する話|雇用統計からショートナンピン

2023年 9月13日 FXを始め今日まで積み上げてきた利益を全て飛ばしました

なんなら利益全部どころか2万ほどマイナスがくいこみました。
原因はたくさんありますが、主に3つ。
世間でやってはいけないと言われていることです。

ナンピン

塩漬け

資金の全てを一気に突っ込む

9月1日の雇用統計発表後からショートでナンピンしまくりました。
10pips上がったらナンピンを繰り返し、今までに持ったことのないLot数…
そして含み損が増える一方…
マイナススワップも地味に痛い…
損失を確定できなくなり塩漬けの日々が続き…

最大の含み損はこれくらいでしたね。


もう絶望…

ついに9月13日CPIの発表があり、これ以上上げられたら終わる…
と思いついに損切りをする決心がつきました。
一撃で約10万の損切り…

損切りする前からナンピンして逆行し仕方なく少しのLotを損切りを2週間弱繰り返し半月で約20万円の損失となりました。

はぁ…

とりあえず反省をしなければならない。
二度と繰り返せない。
という思いから久しぶりにブログを書くことにしました。

11月2日現在ドル円レートは151円台。
結果的に損切りしていて正解でした。

この思いを忘れないように。
反省点まとめていきます。

全損した原因を思い当たる限り出してみる

反省点を出していく上で重要なことは全て自責で考えること。

  • 相場が悪い
  • 誰かが下に動く
  • 指標結果が悪かった

とか外部の責任(他責)にしないこと。
たぶん自責で考えない限り勝てるようにならないと思います。

実際私が勝てていた頃は常に自責で考えていたのである程度本質的なものだと思います。

さて今回の反省点を思い当たるものを全て上げていきます。

  • 塩漬け
  • 自信過剰
  • 無計画な感覚ナンピン
  • 資金いっぱいのLotをはる
  • 重要指標直後のエントリー
  • 過去の塩漬けの成功によるお祈り
  • エントリー時の損切り設定を入れない
  • 思い込み(バイアス)で下へいくとしか考えていなかった

思い当たることはこれくらいですね。

振り返るとほんとアホみたいなことしかしてませんね。
こんなことしてたらそら資金を失います。

これを読んでいただけてる方は絶対に真似しなようにしてくださいね。
上手くいく時もあるかもしれませんが、必ずどこかで大損しますから。

私の失敗を見て少しでも同じミスをする方が減ると幸いです。

rueka
rueka
僕がこんな失敗絶対するわけない!

とか本気で思ってましたが、しっかりやらかしてます。
油断しないように気をつけてください。

今回の失敗をこれからに活かす|具体的な対策3つ

さすがに同じ失敗を繰り返せないのでしっかりと対策していきます。
何個も対策案を出し過ぎても覚えきれないのでシンプルに3つにしました。

エントリー時に損切りラインを必ずセットする

私はFX歴2年4ヶ月で一番重要なことはこの「エントリー時の損切りラインのセット」だと思います。
メンタル、手法が重要だということもよく聞きますが、結局は損切りできるかどうかだと思います。
適切な位置で損切りすることができるのであれば、適当な手法でもなんやかんや資金が増えるのではないかと思っています。

損切りラインの設定していれば塩漬けになることもないですし、これだけ守れていれば問題ないと思います。

損切りラインの設定方法の具体例をまとめた記事があるのでこちらもご覧ください。

【資金管理不足で退場】勝つためには資金管理が必須|具体的な勉強方法も紹介!|初心者ポンド円トレーダーruekaのFXブログ
資金管理が重要だと聞くけどなんで 資金管理の勉強法について知りたい 資金管理の具体的なやり方について知りたい この記事は

資金の10分の1Lotでのトレードにする

資金が50万円なら最高5Lotまで
資金が100万円なら最高10Lotまで  *国内口座の場合

シンプルなLot管理ですが意外とこれだけ大損は防げるので初心者の方におすすめです!
実際に私はこの方法でLot管理をしているときは安定した収支のトレードができていました。

FOMC、雇用統計、CPIなどの重要指標前後はトレードしない

重要指標前後はファンダ初心者の私には全く値動きが予想できないのでトレードしないようにします。

指標で大きく相場が動き、ポジションを持っていなかった時「機会損失」になるかもしれませんが、自分の得意な形以外は手を出さないように気をつけます。
私はどうせ指標前後にポジっても勝てないので。

重要なことは予想していない動きをしたときは触らないこと

最近はかないCPIに注目されている気がします。
その時々で指標によっては注目度が変わってくるので、怪しそうな指標の時は触らないようにします。

まとめ

今回の反省文をまとめると

適正な位置で損切りしろ!!!!

以上!

最後に初心者の方におすすめ書籍を1冊紹介|なんと無料!!


初心者の方に超おすすめの無料の電子書籍の紹介です。

まずは無料で勉強できる範囲で始めてみるのはいかがでしょうか?

FX投資マスターガイドをダウンロードするメリット
  • FXの基礎が学べます
  • 基礎をしっかり学べばFXの入門書籍を買わなくて済みます
  • 入門書を買わずに済んだお金で違う書籍を買うのも良し、FXの証拠金に当てられます

無料だから怪しい…と思ったそこのあなた!
ぜひ下記の記事を一度お読みになってください。
非常に素晴らしい書籍なので初心者の方はぜひお読みになってください!

初心者に超おすすめ!「FX投資マスターガイド」を読んだ正直な感想|初心者ポンド円トレーダーruekaのFXブログ
・「FX投資マスターガイド」?なにそれ怪しい… ・絶対ろくなこと書いてないでしょ。 ・また詐欺商材かよ。 ってこの記事を
rueka
rueka
最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 為替ブログへ

[紹介元] 初心者ポンド円トレーダーruekaのFXブログ FXで積み上げた利益(2年3ヶ月)を半月で全損する話|雇用統計からショートナンピン

FXで積み上げた利益 2年3月 を半月で全損する話雇用統計からショートナンピン

差金決済(さきんけっさい)とは、直接の現金の受け渡しを行わずに反対売買による差金で決済をする取引のことをさす。たとえば、証拠金を預託して直接原資産の買い付けを行わないFX取引やCFD取引、先物取引などは差金決済が行われる。

>とにかく目の前の1トレードをリスク5%、65%の勝率で丁寧に一つずつこなす事で理論的には2年で5万円を2714万円に達成出来る。 これが私の考えた資金管理です。

つまり、逆に言いますと、 FX以上に盛り上がる市場が生まれた時に 為替相場が魅力や面白みに欠ける市場になる可能性ならあるかも知れません。

空売り規制(からうりきせい)とは、株式を証券会社などから借りてそれを市場で売却し、その後買い戻す取引である「空売り」について2002年に投機的な売り崩しを含むために実施されてきた取引規制の一つ。2013年11月に規制が一部緩和され、空売りをする際の価格に対する規制が緩和された。

FXを開始し1年8か月間、及川式を勉強することでテクニカルに対する信頼度は格段に自信がついてきましたが後は自分自身の気持ち的な部分が大きいことに気づかされたと同時にFXを通じて自分の人生観を変える絶好のチャンスと思うとワクワクしてたまりません!

バッドティック(Bad Tick)とは、FX取引などで見られるシステムエラーなどによる異常値やマーケットには存在しないレートという意味。システム上の不具合で生じることがある。バッドティックについては基本的に「無効注文」となるのが一般的。

参考までに僕はFX参戦の前、 株式投資で3度の全損を経験しています。

東京金融取引所(とうきょうきんゆうとりひきじょ)とは、日本の金融先物取引市場。ユーロ円金利先物などを扱う。近年では個人投資家にも人気の高いFX(外国為替証拠金取引)の取引所取引である「くりっく365」のサービスを提供している。また、2010年にはCFD取引(差金決済取引)の取引所として「くりっく株365」を開設している。

海外FXの高いレバレッジやボーナスは、国内FXにはない大きな特徴です。

平均余命(へいきんよめい)とは保険用語で、ある年齢の人が今後生存する平均年数のことを指す。0歳の平均余命=平均寿命となる。平均余命は簡易生命表という形で厚生労働省が発表している。たとえば平成22年7月の簡易生命表によると、当時20歳の人の平均余命は男性で60.04年となっている。

FXを知ってからまだ始めて間もない初心者ですが、理解を深める方法にこれがあった!とこちらのトレードブログの内容から改めて発見させて頂きました。 基礎を築くためにインプットしている知識をより深める方法として活用していきたいと思います。

建玉上限(たてぎょくじょうげん)とは、株式の信用取引やFX取引、先物取引などの証拠金取引において建玉として保有できる上限額のことを指す。大きく当該金融機関における投資家個人個人に対する上限となる建玉という意味と、現在の証拠金において建てることができる建玉の上限という意味がある。

スキャルピング(Scalping)とは、デイトレードの一種だが、より頻繁な売買を行い、数ティック(ごくわずかな値動き)において頻繁に売買を繰り返すことにより利益を取ろうという投資スタイルのこと。通常の株取引においては差金決済の禁止などの規制があるため、難しいがFX取引、オプション、先物などで行われることが多い。略して「スキャル」と呼ばれることもある。

僕がFXを始めた2007年って、 情報起業(情報商材販売)やアフィリエイトが流行していました。

また、レンジの見極め、方向性は合ってるのに、逆に振り回されたときチャラ逃げできるように「最後の砦ナンピン」のため、単純に資金を半分で二発の可変ロットを採用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました