【見通し】NY株見通し-今週は4月CPIに注目 パウエルFRB議長などの要人発言も多数予定

FXブログ
【見通し】NY株見通し-今週は4月CPIに注目 パウエルFRB議長などの要人発言も多数予定

今週のNY市場は物価指標に注目。先週はダウ平均が2.16%高と4週続伸し、S&P500が1.85%高、ナスダック総合も1.14%高とともに3週続伸した。前週にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が利上げの可能性を否定したことや前週末の米4月雇用統計が弱い結果となったことで利下げ期待が再び高まる中、ハマスがイスラエルとの休戦案の受け入れを表明したことが追い風となり週明けから上昇してスタートした。その後は翌週の4月消費者物価指数(CPI)の発表を控えて様子見姿勢が強まったものの、新規失業保険申請件数の悪化などを受けた利下げ期待が下値の支援となり、ダウ平均は週末10まで8日続伸し、昨年12月以来の長期連騰を記録した。週間でも今年最大の上昇率となった。

 今週は物価指標が焦点か。パウエルFRB議長が利上げの可能性を否定し、4月雇用統計も総じて弱い結果となったことで市場では年内2回の利下げ見通しが強まっており、水曜日に発表される4月消費者物価指数(CPI)や火曜日発表の4月生産者物価指数(PPI)がインフレ鈍化を示す結果となれば、利下げ期待の一段の高まりが米国株の追い風となりそうだ。4月CPIの市場予想は前年比+0.4%(前月:+0.4%)、前年比+3.4%(同:3.5%)と前年比で鈍化が見込まれ、変動の大きい食品、エネルギーを除くコアCPIは前月比+0.3%、前年比+3.6%とそれぞれ前月の+0.4%、+3.8%から鈍化が予想されている。このほかの経済指標は4月NFIB中小企業楽観度指数(火曜日)、4月小売売上高(水曜日)、4月輸入物価(木曜日)など。また火曜日のパウエルFRB議長講演のほか、ジェファーソンFRB副議長、メスター米クリーブランド連銀総裁、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、ボスティック米アトランタ連銀総裁などの要人発言も多数予定されている。最終盤を迎えた第1四半期決算発表はホーム・デポ、ウォルマートの消費関連銘柄のほか、シスコ・システムズ、ディア、アプライド・マテリアルズなど。

 今晩は米経済指標・イベントはジェファーソンFRB副議長、メスター米クリーブランド連銀総裁発言など。主要な企業の決算発表はなし。(執筆:5月13日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-今週は4月CPIに注目 パウエルFRB議長などの要人発言も多数予定

見通し NY株見通し今週は4月CPIに注目 パウエルFRB議長などの要人発言も多数予定

なお、オーストラリアでは1-3月期四半期賃金指数が発表予定。市場予想は前回と変わらず前期比+0.9%となっている。昨日、豪政府は予算案を発表し、インフレ見通しについては今年中に豪準備銀行(RBA)の目標レンジ(2-3%)に戻る可能性があるとした。これはRBAの予測より12カ月早いものだ。直近の消費者物価指数(CPI)が予想を上回る伸びとなった事で一部では追加利上げ観測も浮上していたが、予想よりも弱い内容となった場合はそうしたタカ派的見方は息をひそめることとなり、豪ドルの重しとなる可能性がある。市場での金利見通しが交錯するなか、神経質な展開が予想されるため注意したい。

記事にある通り、植田総裁が実質賃金について「足下でマイナスであっても近い将来プラスに転じるという『見通し』があればそれは政策の正常化を必ずしも妨げるものではない」と発言したのはサプライズでした。これまで第2の力、つまり「賃金と物価の好循環」を「見極める」としてきたのが、実現できていなくても見通せるようになればマイナス金利政策解除の道は開ける、というように解釈できます。バックワードルッキング➡フォワードルッキングに政策判断を変更したとなれば、当社は7月と予想していますが、3月中旬の春闘の集中回答日の結果を見て、4月にマイナス金利政策を解除する可能性も浮上してきたように思います。

神田財務官は3月末に、「日米のインフレ率の動向や見通し、金融政策、金利の方向性といったファンダメンタルズに照らすと(足下の円安に)強い違和感を覚える」と述べ、円安をけん制しました。ただ、昨日の米CPIの結果と米長期金利の急上昇をみると、「ファンダメンタルズに沿っていない」とは言い難い環境になりつつあります。昨晩のドル円上昇は、「介入は難しいのでは」という思惑もあり加速したのではないでしょうか。但し、シカゴIMMのポジションをみると、投機筋は2007年以来となる大規模な円売り越しとなっており、「投機的である」との理由から介入が実施される可能性はありますので、引き続き要注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました