チャネルラインの効果的な引き方3つ

FXブログ
チャネルラインの効果的な引き方3つ
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ チャネルラインの効果的な引き方3つ

チャネルラインの効果的な引き方3つ

2つ目は、チャネルラインブレイク直後です。価格がブレイクした後は、さらに値下がりする可能性があるので、同じくショートポジションを持ちます。

もしトレンドラインだけを引いた場合、値幅の確認は困難でしょう。しかし、チャネルラインを併用すれば、値幅が見えてくるのです。

しかし右の図では、左と比べてトレンドライン・チャネルライン間の値幅が広いと分かるでしょう。そのため、トレンドが強く、持続すると考えられるのです。

チャートの左側を見て直近の高値や安値でも意識されていればより信用できます。

もしお時間があるようでしたら一旦、この段階で一度過去のチャートからウォルフを探して実際にラインを引いてみてください。基本的に①、③、⑤の間隔を基準に今後の値幅が動きやすいと考えてください。チャートを少し違った視点で見れると思います。

もしくは、より広い範囲でチャートを見たり、短い時間足・長い時間足で相場を見たりするのも良いでしょう。見るポイントを変えれば、トレンドを確認できる場合があります。

FX取引にまだ慣れていないため、チャートを見てもどこで購入して良いかわからないと悩んでいませんか?どのタイミングで売買して良いのかというエントリーポイントを掴むためには、トレンドラインというテクニカル指標の活用が有効です。しかしテクニカル指標と聞いただけで難しく感じてしまうかも知れません。

FXのライン分析に活用される「トレンドライン」と「チャネルライン」の違いについて、しっかり整理できていますか?

今回の記事では、「トレンドライン・チャネルラインの引き方」について解説をしてまいりました。

チャネルラインはライントレードを行う上で上位を争う重要ラインですが、シンプルな分、注意点も存在します。

なお、チャネルラインは高値(安値)に合わせて引くようにしましょう。

そのため、実際のトレードでトレンドライン・チャネルラインを引き、使いこなせるようにするのをオススメします。

トレンドラインとチャネルラインの違いは、「値幅を観測できるかどうか」にあります。

チャネルラインにおいては、いくつか用語がありますので、合わせてここで確認しておくと便利です。

加えて、値幅が観測できれば、トレンドの強さ・持続性も分かるのです。値幅は広ければ広いほど、トレンドが強くなり、なおかつ持続します。左の図では、トレンドライン・チャネルライン間の値幅が狭いので、トレンドは弱く、持続しにくいと推測できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました