ドル円は急落なんのその!押し目買い戦略で行く。今週は重要イベントを控える(今日のFX予想)2024/5/13

FXブログ
ドル円は急落なんのその!押し目買い戦略で行く。今週は重要イベントを控える(今日のFX予想)2024/5/13
 

「ドル/円」をデイトレードする上でFX個人投資家が事前にインプットしておきたいトレードシナリオなどを、ギュッとまとめました。

執筆:外為どっとコム総合研究所 宇栄原 宗平
X(Twitter) : https://twitter.com/gaitamesk_ueha

今日のドル円  テクニカル分析で環境認識(動画の内容 ポイントまとめ)

■ドル円の動向

日銀が国債オペの減額を通知したことで、一時的に急落したが、その後は持ち直している
– 日米の金利差から、基本的なドル高円安の方向性に変わりはない
– 現在は156円台を伺う展開が続いている
– 日足チャートでは6営業日連続で陽線を形成し、堅調な時価となっている
– RSIも上昇傾向にあり、ローソク足も堅調を示している

■今後の見通し

– 156円台が1つのキーポイントになりそうで、ここを突破できるかどうかが重要
– 今日はイベントがないため、155円台を中心としたレンジ推移が予想される
– 今週は明日から重要なイベントが連続して発表されるため、市場はそこに関心を集めている
– 特に5月15日のアメリカ4月消費者物価指数(CPI)が最も注目される
– 結果次第でドル円相場が大きく動く可能性がある

■テクニカル分析

– 移動平均線の10日線が20日線を下回っているが、RSIは上昇傾向にある
– 仮に反落した場合でも、155円付近に移動平均線が位置しているため、押し目買いのポイントになる可能性がある

■取引戦略

– 基本的には押し目買いの方針で良いと考えられる
– 156円台の上値は重いが、155円台から154円台までは底堅く、押し目買いが入りやすい
– 下げてきたところでは買い場になる可能性があるため、そこを注目しながらトレードのタイミングを測るのが良い

総じて、ドル円は堅調な時価を維持しているが、156円台を突破できるかどうかがポイントになる。今週は重要イベントを控えているため、その結果次第で大きく動く可能性がある。押し目買いを中心とした戦略が有効と考えられる。

『最新のドル/円相場を解説』

『19時30分からFXのライブ配信』

経済指標・イベントの結果について

主要な経済指標・重要イベントの結果について、最新情報は外為どっとコムサイトの「経済指標カレンダー」で確認できます。

経済指標カレンダー

お知らせ:FX初心者向けに12時からライブ解説を配信

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時ごろからライブ配信を行っています。前日の振り返り、今日の相場ポイントなどをわかりやすく解説しています。YouTubeの「外為どっとコム公式FX初心者ch」でご覧いただけます。

12時からのFXライブ解説 配信チャンネルはコチラ

YouTube特別キャンペーン告知QRバナー

 
uehara.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。これまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。経済番組専門放送局「ストックボイス」や、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』でのレギュラー解説ほか出演多数。マネー誌『ダイヤモンドZAi(ザイ)』にてドル円・ユーロ円見通しを連載中。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円は急落なんのその!押し目買い戦略で行く。今週は重要イベントを控える(今日のFX予想)2024/5/13

ドル円は急落なんのその押し目買い戦略で行く 今週は重要イベントを控える 今日のFX予想

金融危機の後遺症が強かった当時は、額面から47%の大幅値引きをしなければ誰も買わなかったバンカメ株。だが、現在では33%ものプレミアがつく。今の額面は、一株当たりおよそ22ドル。しかも、受け取った優先株の価格も当時に比べて跳ね上がっているため、「オマハの賢人」との異名をとるバフェット氏の投資は約3倍の150億ドルに膨れ上がったことになる。

2018年10月2日 ... 9月1日の早朝、米国ペンタゴンの第5特別部隊は、フィリピンのボルネオ島バーンジャー マイン北方にあるクリントン財団所有の農家を襲い、報告されていない収入 275,000,000ドル札を押収した。

•アジアからアフリカと欧州、果ては中南米にまで不透明な融資条件の「債務外交」を展開し、影響力を拡大中だ。 •中国国営企業から多額の借金をしたスリランカは2年前に返済できなくなり、港を中国に引き渡すよう強要されている。いずれ中国の遠洋海軍の最前線の軍港となろう。 •腐敗し無能で、国民を弾圧するベネズエラのマドゥロ政権にも怪しげな50億ドルの借款を提供した。中国は今や最大の債権者だ。 •中南米の3カ国に対し台湾との関係を断ち、自らを認めるよう動いている。台湾海峡を不安定にするものであり、米国はこれを認めない。 米国の裏庭たる中南米にまで中国は触手を伸ばしている――と言われれば、のんきな米国人も「中国は危険な存在だ」と考えるでしょう。「台湾が中国に取られそうだ」と言われても同じです。 米国世論も操る そして決め手が「罪状?米国への介入」です。米国の世論さえも中国に操られているのだ。裏庭どころではない。土足で家の中にまで踏み込まれているのだ、と警告を発したのです。これは効くでしょう。

いま中国が行っているのは民族浄化で、ただ浄化するのではなく、ウイグル人を殺して臓器売買のドル箱としているのです。

2006/8/22 ☆意味不明な放火大国。 && 昨日の報ステ NAVER 「済州(チェジュ)市庁のコーヒーの自動販売機が故障した」と言う理由から、市役所周辺の 住宅街でLPガスのボンベに火を付けた30代が警察に立件された。 済州警察は放火の疑いでソン某容疑者(37歳・済州市)を立件して取り調べをしている。 ソン容疑者は20日の午前9時10分頃、済州市二徒2洞(イド2ドン)の住宅屋上でLPガスを持ち込んで火を付け、家主のキム某さん(65歳)の手首などに火傷を負わせ、住宅の窓ガラスと倉庫の屋根を破損させた疑いを受けている。警察の調べでソン容疑者は、「済州市庁の憩いの場にあるコーヒーの自動販売機に、小銭を入れたけどコーヒーが出なかった」と言う理由から、盗んだLPガスボンベを持ち運び済州市庁の前で暴れて、警察が出動して来たら隣近の住宅街へ逃走してLPガスボンベに火を付けた事が明らかになった。,,从.ノ巛ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''" ,,从.ノ巛ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''" 自販機の珈琲が出ないニダ!人ノ゙ ⌒ヽ彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)' ∧_∧,,..、;;:〜''"゙゙)从ミ彡ミ彡)ミ彡,,) √,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙彡 ,,⌒ヽミ彡" | (:::..、===m==|_=|:::. |::. | '``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_)彡,,ノ彡〜''" (__)_)゙⌒`゙"''〜-、,,,,彡⌒''〜''" 〜 "⌒''〜" ↑ リアルでこれを想像してしまった…(笑) 自販機に火炎放射したワケでもなく、暴れて警察から逃げ無関係の家に火をつけるって意味不明な行動をするところが、火病だなァと思います。NAVER 衝動的に火を付ける放火事件が著しく増加している。昨年発生した火災の10件中1件は放火であり、かなりの 大部分が個人的・社会的な不満から腹立ちまぎれに火災を起こした場合であった。放火は大部分が全く予想が できない状況と場所で発生するので、蚕室考試院火災事件のように大型事故になる可能性がかなり高い。日刊放火マガジン ↑コレを見てもらえれば分かりますが、今月だけで意味不明な放火が既に11件。 ホント、日本人には理解できない世界であります。⊂二 ̄⌒\ )\(.本屋のオバチャン! /_?) /⌒\//// /_∧今日発売の「日刊放火マガジン」! /\ / / / // ||/ / / (/\⌒⌒ヽヽ‐―┬―一|││ \|((/\* 火 * | \へ|ヽ――┼─││ \|\_____\|\ V /|\,──\││ )) ̄ ̄ ̄ ̄\\__'っ|\__レ |/⌒\__ノ|\__ \_ノ ̄ ̄―___ノ___ ̄―⌒\  ̄ ̄\_⊃昨日は高校野球の結果を知りたくて報道ステーションを見ていたのですが…。 麻生さんが報ステ加藤解説員の言葉を詰まらせてしまったのには笑ってしまいました。 案の定、そのシーンがネットで叩かれて…(笑)報道ステーションの一部抜粋。総理になったら、外務省職員を増員しようとしている麻生さん。 増員に反対の立場の報ステ加藤解説員とやりとり…。(前略) 麻生「あのー、よくあれ、内容見て頂きたいと思うんですが、いまアフリカに五三ヶ国あります。大使館いくつあります?」 加藤「半分ぐらいですよね……?」 麻生「半分もありません。ないんですよ現実に於いて。中国(の大使館)はほとんどあります。東ヨーロッパん中で、例えばー、どこでしょう、ソ連。解体して、一五の国んなった。あんなかで、十五のなかに、日本の大使館いくつあります? 二つしかないんですよ」 加藤「いや、だから(遮るように)大使が兼務してもいいと思うんですよ。もちろん。合理的に」 麻生「大使館もなしで?(「へえ、こりゃまた驚いた」という表情で)」 加藤「必ず置けばいいってものでもないと思うんですけど」 (略) 加藤「単純に増員ではなく効率的に運営することを考えては?」 麻生「(「何を言ってるんだこいつは?」という笑みを浮かべながら)『効率』っていう定義が難しいんですけど」 加藤「えー、ですから、頭数や公館の数で競わなくてもですね」 麻生「例えば?」 加藤「いや、それは色々なとこであるんじゃないですか?」 麻生「あのぅ……(苦笑)」 加藤「それこそ、外務大臣、ま現職外務大臣だけど、時期、仮に総理となればですね(追従するような笑)そこに知恵を、政策をもっと、考えて欲しいと期待するとこなんですけどもね」 麻生「あの、『政策』っていうのは、その、こういうのは、こう、漠然とした抽象的な話だと、ものすごく答がしにくいんですけれども、あのー、少なくとも、そういった……」 加藤「(遮って)いや、具体的すると、二〇〇〇人の大増員を、ま、現職外務大臣じゃなくて、なんですけども、時期、仮に総理になられたら、スッと認めちゃいますか?」 麻生「はい。(即答)私、基本的には二〇〇〇人の増員というのは必要だと思います。十年計画ぐらいでやるべきだと思います」 加藤「そりゃなかなか、今の、公務員削減の全体的なバランスの中でも、ものすごく、難しそうですよね」こういうのがあるから、生放送の生討論は面白いです。

株価急落にもかかわらず債券が見せたフラットな動きの裏に、過去の経験に基づいた恐怖はなかった。その代わりに示唆しているのは、利回り上昇を裏で動かす力が、伝統的かつ反射的な安全逃避の動きと少なくとも同程度に強いということだ。それはそれ自体として不安な動きだ。失業率が1960年代以来の低水準となり、景気が拡大するなかで財政赤字が空前の1兆ドルに向かい、インフレ率が上昇し、連邦準備制度理事会(FRB)が何年も続いた量的緩和政策を徐々に縮小しつつある状況で、この列車を止めるのは難しいのかもしれない。

安倍総理の『イスラム国』対策として2億ドルの援助を会見されたことが湯川遥菜さん、後藤健二さんの殺害の引き金になったのは間違いないでしょう。事実、イスラム国は安倍総理を名指しして糾弾しています。

2006/12/10 ☆またもや「無限にお札を印刷できる」発言 && 戦争を煽ってきた朝日 YONHAPNEWS 金在天(キム・ジェチョン)韓国銀行調査局長は7日、最近のウ ォンードル為替レート急落をうけ、「一時的に落ちただけ」と言いながら「中長期的には 均衡水準に回帰するだろう」と言った。 金局長はこの日、KBSのラジオ番組に出演して「来年には経常収支は均衡に戻り、資本 流出も均衡を維持すると見ている」「外貨需給で見る時、レートが切り上げまたは切り下 げられる要因は大きくない」と説明した。 局長は続けて「米ドルの中長期的な弱気基調が見込まれるから、ウォンレートにも影響を 及ぼすと言うことで、韓銀は急激にドルが切り下げられないで、とても緩やかに中長期的 に行くと見ている」と言った。 彼は「換算率防御のために外国為替レートに政府が介入しなければならないのではない か」という質問に「基本的にレートは市場の需給によって決まること」と言いながら「な んらかの投機的要因によって一時的に外国為替市場に撹乱が発生した時、私たちが‘スム ージング・オペレーション'(細密調整)次元で介入することなので、現在の状況で一律に (介入可否を)話すことは難しい」と言った。 局長はしかし「まだそんなこと(撹乱の動き)がないと思っている」と付け加えた。「外 国為替市場に介入する余力は十分なのか」という質問には「韓銀は無制限の通貨発行力を 持っているから、財源がないということは話にならない」と言い切った。またまた無限にお札を印刷発言っすか? 2004年にも同じ事を言ってたような気もしますが…。ワロス曲線(ウォンドルチャート) ↑を見ると、今日もワロス曲線を続けています。 最終防衛ラインだった1ドル930ウォンも既に突破され、韓国経済は非常に苦しい状態ですねぇ。 粗悪品を安い価格で提供する事で国際競争力をつけてきた韓国。 それがウオン高により韓国製品の値段が上がるのですから…。粗悪で高ければ買うメリットが全くありません。以前何回も書いたとおり、韓国銀行は為替相場に介入しワロス曲線を続けてしまった事により、毎年膨大な赤字を被ってきて非常にヤバイ状態です。 まぁここまできてしまったら、1ドル930ウオンを維持させるには、もはや最終手段のウォン増刷しか残されてないのかもしれませんよ(笑) (日銀みたいに、1日1兆円づつ為替相場に次ぎこむ資金なんて韓国にはありませんから) ただし、増刷をやっちゃうと、国内では当然の如くハイパーインフレで大混乱。 ウォンと韓国の信頼がガタオチ…。◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◎ ┃三┃ ┃三┃ ┃880.┃ ┃三┃ ┃三Λ?Λ ┃890.ヲンの価値は上がっているのに ┃三//つ⌒)なんだか苦しいのは何故ニカ? ┃三⊂\/ / ┃900./ \/ ┃三レノ __┃_.三// .||r E)910.//| _☆禿☆_| |三( ( 、 ( ´_⊃`) | |三||、 \ /二 ,r'920.| / \ ⌒l ||..|三| |) / |||三ノ)し' |||930.(_/ E0 |/⌒l三 ┌────────┐ (  ̄ ̄ノ||.三 │国際競争力.│ \ ヽ ̄ ̄ ̄ .||940 ││ \`ヽi__⌒).三 ││ (_/韓国内で我々(禿)を弾圧(幹部を逮捕)した代償は重いですよ。 韓国経済を潰すまで、我々はウォン買いをやめません。 もちろん、ウオン増刷とかしたら、その時は韓国製品輸入禁止にするからヨロシク。朝日新聞 開戦65年 狂気が国を滅ぼした クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」が話題を呼んでいる。 1945年2月から3月にかけて、日米合わせて約5万人が死傷した硫黄島の激戦を、双方の視点から描いた2部作だ。 登場するのは、英雄に祭り上げられて苦悩する米海兵隊員や、家族を案じながら死んでいった日本兵士ら。敵も味方もない。戦争に翻弄(ほんろう)され、命を落とす生身の人間たちを描いたところが共感を呼ぶ理由だろう。 日本軍がハワイの真珠湾を奇襲し、太平洋戦争が始まって65年が過ぎた。あの戦争の犠牲になった無数の人々を改めてしのびたい。それにしても、日本はなぜあのような暴挙に走ったのか。 31年の満州事変から40年の日独伊三国同盟、さらに南部仏印への進駐から対日石油禁輸へ。後世から振り返ると、坂道をころげ落ちるように破局への道を歩んでいく。弾みがついた歴史の流れの恐ろしさだろう。 当時のルーズベルト政権のスタッフだった経済学者のガルブレイス氏は、真珠湾攻撃の知らせを聞いた時、「狂気の沙汰(さた)と思った」と回想している。何よりも圧倒的な国力の差である。当時の米国のGNP(国民総生産)は日本の10倍以上、鉄鋼生産量は20倍以上もあったといわれる。しかも、日本は重要物資のほとんどを米国などからの輸入に頼っていた。 冷静に考えれば、勝ち目がないことぐらい分かりそうなものだ。だが、体を張って「待った」をかける政治家も軍首脳もいなかった。 「欧州でドイツが勝てば、日本も有利な講和に持ち込めるだろう」。最後はそんな期待もあって開戦に踏み切った。無責任というほかはない。指導者だけではない。昭和史に詳しい作家の半藤一利さんは、真珠湾の日に人々が何を語り、書いたかを調べたことがある。「マスコミは戦争をあおり、国民も『やった、やった』と熱狂した」 日本中を「狂気」が覆っていたといえよう。硫黄島の守備隊は1カ月余りにわたる戦いの末、全滅する。それから沖縄戦、原爆投下と続き、敗戦に至る。あれだけの犠牲があったにもかかわらず、無謀な戦いを止められなかった無力を思うと、「あんなことは絶対に二度と起きない」と言い切ることはできまい。どうすれば、踏みとどまれるのか。狂気に包まれる前に、現実に目を見開くことはできるのか。65年後の今、改めて自問してみるのは意味のあることだ。 ともすれば私たちの周囲から戦争の記憶は薄れがちである。だが、あの狂気やその種はこの世界からなくなったわけではない。過ちは今もどこかで繰り返され、戦争の悲惨は続く。そのことを忘れてはならない。とりあえず、言いたいのは 「わが社も紙面で戦争を煽ってしまいスイマセンでした」って書けよ…。 「マスコミは戦争をあおり…」って、第三者的に書くなんて、卑怯だと思いますよ。

利下げするとその国の国債などを買っても運用益が減るので、通貨は円に向かい1ドル75円の超円高になりました。

世の中で騒がれているIoT(Internet of Things=モノのインターネット)。コンピュータ制御が高度に進んだ今日のクルマはIoTへの親和性は高いはず。だが、日本の自動車メーカーはIoTに口先ではポジティブに取り組んでいると言うものの、実際にはおしなべて及び腰だ。

オバマ政権のISへの攻撃を生ぬるいと批判してきたトランプ新政権は対IS空爆をオバマ政権以上に強化することになるだろう。米主導の有志連合は2014年夏以降これまでに、ISの拠点などに1万7000回の爆撃を加え、国防総省によると、戦闘員約5万人を殺害した。米空爆の1日の戦費は1250万ドル(約14億6000万円)だ。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が汚職容疑で事情聴取されていると伝えられている。2009年にフランスの詐欺師アルノー・ミムランから100万ユーロを受け取った、あるいは著名な実業家から高価な贈り物を貰った疑いが持たれているようだ。 ネタニヤフは2014年5月に来日した際、日本政府高官に対し、カジノのライセンスを速やかにシェルドン・アデルソンへ出すよう求めたとイスラエルのハーレツ紙が15年2月5日付け紙面で伝えた。この記事はすぐ削除されたようだが、コピーがインターネット上にアップデートされている。この口利きが事実なら、違法行為になるが、この時は問題にならなかったようだ。 アデルソンはラスベガス・サンズの所有者で、ラスベガスだけでなくペンシルベニア、東南アジアのマカオとシンガボールでもカジノを経営している。ネオコンのスポンサーとしても知られていたが、昨年の大統領選挙では共和党のドナルド・トランプへ多額の寄付をしていた。 1999年にアメリカのビル・クリントン政権はNATOを使ってユーゴスラビアを先制攻撃し、2001年9月11日の世界貿易センターや国防総省本部庁舎(ペンタゴン)に対する攻撃を利用してジョージ・W・ブッシュ政権はアフガニスタンやイラクを先制攻撃した。いずれも西側の有力メディアに偽情報を広めさせての侵略だった。 本ブログでは何度も書いてきたが、クリントン大統領は軍事介入に消極的。そのクリントンを攻撃するキャンペーンをネオコンや情報機関と関係の深い富豪は展開した。ホワイトハウスでの影響力が弱まったネオコンは「民間人」としてネタニヤフに対して強硬策を求める。1996年にリチャード・パールを中心とするネオコンのグループは1992年2月に作成されたウォルフォウィッツ・ドクトリン(DPGの草稿)をベースとする提言「決別」をネタニヤフ首相に対して送っている。その中にはイラクのサダム・フセイン大統領排除も含まれていた。この提言が送られた一因は、ネオコンがネタニヤフの政策に不満を抱いていたからだろう。 そして1997年1月に国務長官がウォーレン・クリストファーからマデリーン・オルブライトへ交代した時から政権が好戦的になる。ちなみに、オルブライトはズビグネフ・ブレジンスキーの教え子で、その当時からヒラリー・クリントンと親しい。国務長官の交代はヒラリーが夫であるビルに求めたと言われている。そして1999年のユーゴスラビア攻撃につながった。 ブッシュ・ジュニアの後、アメリカ大統領に就任したバラク・オバマはアメリカ軍の直接的な軍事介入は行わなかったが、2011年春からアル・カイダ系武装集団を使った侵略を始める。彼の師もオルブライトと同じようにブレジンスキー。そのブレジンスキーがジミー・カーター大統領の国家安全保障担当補佐官として1970年代の終盤に始めた手口をまねたとも言えそうだ。 2016年6月にネタニヤフ政権は国防大臣にロシアとつながりのあるアビグドル・リーバーマンを据え、ネタイヤフ本人も盛んにモスクワを訪問、6月7日にプーチン大統領と会談している。 2016年月下旬にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はイスラエルとの和解を発表、イスラエルからトルコへエイタン・ナエーが大使として赴任した。そしてエルドアン大統領はロシアのウラジミル・プーチン大統領に対してロシア軍機の撃墜を謝罪、ロシアに接近していく。7月13日にはトルコの首相がシリアとの関係正常化を望んでいることを示唆した。武装蜂起はその2日後だ。 この武装蜂起をエルドアン政権は鎮圧、ロシアとロシアとシリアの停戦について合意している。イスタンブールでナイトクラブが襲われるなどトルコでは破壊工作が続いているが、素直に考えると、戦乱の継続を願っている勢力の仕業だ。 ブッシュ・ジュニアやオバマは中東/北アフリカやウクライナを戦乱で破壊してきた。その後継者がヒラリー・クリントンだったのだが、昨年の大統領選挙で選ばれたのはトランプ。その選挙にロシアが介入したとアメリカの有力メディアは叫んでいるが、証拠は示されていない。トランプ陣営も証拠は存在しないと言明している。 トランプが大統領に就任した後、安全保障担当補佐官に就任すると見られているマイケル・フリンは軍の情報機関であるDIAを統括していた人物で、今でも情報力は高いと考えられる。 これまで「冷戦」時代にソ連の脅威を捏造、あるいは誇張して宣伝する目的でCIA内に作られた「チームB」やイラクへの軍事侵攻を正当化するために偽情報を流していたOSPが存在するが、いずれもネオコン人脈が関係していた。その実態に関する情報もフリンは持っている可能性が高い。そうした情報に基づき、大統領就任後にトランプがネオコンに対する反撃を始めることもありえる。

在庫を極力減らす「ジャストインタイム方式」が導入されているため、部品供給がほんのわずか遅れても自動車メーカーは打撃を受ける。5月には米国内のマグネシウム工場で火災が発生してフォード・モーター(F.N)が生産の一部を1週間停止して約6億ドルの損失を被ったほか、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)やフィアット・クライスラー(FCHA.MI)も影響を受けた。

そしてアメリカが利上げした分だけ、結局は「円高ドル安」方向に動きます。

内部告発サイト「ウィキリークス」は、民主党の元大統領候補ヒラリー・クリントン氏の消えた電子メールの情報提供に2万ドルの報酬を出すと発表した。ウィキリークスは、重要な情報の破棄に関与したオバマ政権の人物の摘発あるいは逮捕につながる情報提供に報酬を出すという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました