[ユーロ米ドル]下降トレンドライン

FXブログ
[ユーロ米ドル]下降トレンドライン
(ユーロ米ドル日足)

先週はFOMCメンバーのタカ派発言が相次ぎドル買いが先行したことでユーロは下降トレンドに沿って下落。しかし、その後発表された新規失業保険申請件数が予想を上回りFRBの利下げ期待が後退。ユーロは買い戻され、結局往って来い。
今週も米経済指標の結果を受けFRBと今後の米金利中心の動きになりそうだ。
ECBは6月会合から利下げを開始するとの見方は既に織り込み済であることからFRBの利下げの行方が焦点となる。
4月のCPIの予想通りであれば物価鈍化傾向が続くとの見方からFRBの年内2回以上の利下げの可能性が高まりユーロの下降トレンドは継続。もし予想を上回るようならトレンドラインを上抜ける可能性が高い。ただ、今回のCPIだけでFRBの政策スタンスが変わるというわけではなく、一時的なものとみている。
トレンドラインを上抜けても4月8日に付けた高値1.0860付近をクリアに抜けない限り下降トレンドは継続とみる。

今週のユーロドル予想レンジ:1.0840(61.8%)~1.0700(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]下降トレンドライン

下降トレンドライン”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました