【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-4日連続の陰線で正念場続く

FXブログ
【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-4日連続の陰線で正念場続く

日経平均株価は反落。前日終値付近を意識して弱含む場面もあったが、終値ベースでは下げ幅を縮小して終えた。

 RSI(9日)は前日46.4%→60.9%(5/13)に上昇。50%を上回ったものの、あすは低下しやすいタイミングとなる。

 先週末から大きな変化はなく、引き続き足元は正念場である。25日移動平均線(38507円 5/13)は依然として下向き推移が続いており、直近4日連続で陰線が続いている。

 4/19安値を起点とした目先の戻り基調が崩れたわけではないが、100日移動平均線(37348円 同)に向けて強い陰線が生じる可能性が高まっている点には留意が必要だ。その懸念を払しょくするためにも、25日移動平均線を一気に上回るような下げを否定する強い陽線を形成する必要がある。

 上値メドは、25日移動平均線、心理的節目の39000円、4/12安値(39457円)、心理的節目の40000円、4/1高値(40697円)などが考えられる。下値メドは、心理的節目の37500円、100日移動平均線、心理的節目の37000円、4/19安値(36733円)などがある。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-4日連続の陰線で正念場続く

テクニカル 日経平均株価テクニカル分析4日連続の陰線で正念場続く

さらに上位足を確認すると、週足ベースでダブルボトムの形状から反発し、連続陽線を付けつつ上昇を伺うなど、ロングに優位性の高いチャートが顕現しているほか、トレンド系のテクニカル指標「MACD」がゴールデンクロスしており、昨年11月のBCHハッシュ戦争に伴う仮想通貨市場大暴落期にはMACDがデッドクロスしていたが、今回は材料豊富な”春”に向けた「トレンド転換」を示唆しているようにも見受けられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました