シャープ堺工場 9月までに停止へ

FXブログ
シャープ堺工場 9月までに停止へ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 シャープ堺工場 9月までに停止へ

シャープ堺工場 9月までに停止へ

シャープが、大型液晶パネルを製造する完全子会社の堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市)について、9月末までに生産を停止する意向を取引先に伝えたことが14日、関係者への取材で分かった。液晶ディスプレー事業の不振により、通期の純損益が2年連続で赤字となる見通し。液晶事業を縮小し、財務基盤の改善を急ぐ。停止すると、国内でテレビ向け液晶パネルを生産する工場がなくなる見込み。

SDPに関しては、取引銀行などが生産の全停止を求めたもようだが、パネルを供給する取引先への影響が大きいため、6月から一部製品の生産を止め、段階的に停止していく方針。大型液晶パネル事業は、中国メーカーとの価格競争が激しく苦戦している。SDPは2023年3月期に2千億円超の損失を出し、連結純損益が6年ぶりの赤字に転落する最大の要因となった。これまでSDPの売却先を探してきたが難航し、生産停止の方向で取引先と調整している。シャープの液晶事業では、SDPのほか、車載やタブレット向けの中小型液晶パネルを製造する白山工場(石川県白山市)や亀山工場(三重県亀山市)、三重工場(同県多気町)がある。3拠点の事業改善策についても、親会社の台湾・鴻海精密工業と検討を進めている。シャープは14日午後、24年3月期連結決算と中期経営方針を発表する。シャープの液晶事業 テレビ向けの大型液晶パネルのほか、タブレット端末やスマートフォン向け中小型パネルを手がける。2000年代に液晶テレビ「アクオス」がヒットし、三重県の工場の地名を付けた「世界の亀山モデル」が人気を博した。大型パネル生産へ追加で巨額投資をしたが、有機ELへの移行が進み、需要が減少。中国などとの競争も激化し、不振に陥っている。

シャープが、大型液晶パネルを製造する完全子会社の堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市)について、9月末までに生産を停止する意向を取引先に伝えたことが14日、関係者への取材で分かった。液晶ディスプレー事業の不振により、通期の純損益が2年連続で赤字となる見通し。液晶事業を縮小し、財務基盤の改善を急ぐ。停止すると、国内でテレビ向け液晶パネルを生産する工場がなくなる見込み。

コメント

タイトルとURLをコピーしました