今日の「S&P500」 はどうなる!?注目ポイントはこれだ!(日米株価指数 Daily Report)2024/5/15

FXブログ
今日の「S&P500」 はどうなる!?注目ポイントはこれだ!(日米株価指数 Daily Report)2024/5/15

株式会社トレジャリー・パートナーズ社が日経平均株価と米株市場についてまとめたデイリーレポートです。

前営業日の日本株式市場の振り返り

14日の日経平均株価は上昇、前日比+176.60円、+0.46%となる38,356.06円で大引け。

日経平均株価は前日の終値より109円高い38,288円で寄り付き。前日のNY市場でイエレン米財務長官が外国為替市場での政府介入に後ろ向きな見方を示したこともあって、為替が円安でスタートすると、日経平均株価は買いが優勢で38,478円を記録。しかしいわゆる寄り天(寄り付き天井)の動きで、その後は売りが優勢となり38,200円まで値を下げて前場クローズ。
後場に入ると特段の材料がない中で下げ幅を拡大し、38,085円まで下落したが、このレベルでは買戻しが優勢。特に終盤にかけて強い買いが見られ38,356円まで値を戻して引けた。
当日はサービス、通信、電機機器が上昇を牽引した。AIに注力する方針を示したソフトバンクグループが日経平均株価を+68円押し上げた他、サービス業では任天堂+14円、コナミグループ+14、リクルート+13円とそれぞれ同指数の伸びを牽引した。
ただ医薬品、商社、保険などは前日比マイナスで引けており、業種による選別が進んだ一日となっている。
なお今朝の日経平均株価CFDは38,590円で取引されており、15日の東京株式市場は上窓を開けてオープンしそうな状況。

前営業日の米国株式市場の振り返り

14日の米国株式市場は主要3指数が揃って上昇。特にNASDAQ100の上昇幅が大きい。

21:30に発表された米国4月PPI(生産者物価指数)は前年同月比では総合+2.2%、コア+2.4%と落ち着いた数字であったが、前月比で総合+0.5%、コア+0.5%と直近で強い反発を示しており、市場は米長期金利上昇、ドル高、株安で反応。
S&P500指数は前日終値より2ドル安い5,220ドルで寄り付くと、序盤に上昇する局面もみられたが、その後は上値重く推移し、NY午後にかけて5,218ドルまで下落。
流れが変わるきっかけとなったのがアムステルダムで開催されたForeign Bankers’ Associationが主催したパウエルFRB議長による講演で、同氏は米国の経済について総じて非常に強いとした上で、2023年は著しいインフレ鈍化が見られたものの、直近はその勢いが鈍化していると指摘。直近発表された米国4月PPIについては強弱が入り混じる内容で、単体で判断すべきものではなく、四半期以上の包括的なデータを見ていく必要があると述べた。
これを受けて市場は米長期金利低下、ドル安、株高で反応。S&P500指数は、その後は買いが強まり5,250ドルまで上昇したのち、5,246ドルで高値引け。
業種別では生活必需品とエネルギー、工業を除いて前日比プラス。特にITの伸びが顕著で+0.93%と大きく上昇している。他に金利低下を好感した不動産業が+0.69%と上昇した。
個別の大型株ではテスラが+3.29%と反発。他に半導体銘柄が好調でブロードコムが+3.18%、クアルコム+2.58%、アドバンスド・マイクロ・デバイセズ+1.73%、エヌビディア+1.06%とそれぞれ上昇した。GAFAMも前日比プラスで引けた。

 ※リアルタイムのCFD価格はこちらから確認できます。

 株価指数・商品CFDチャート│はじめてのFXなら外為どっとコム

本日の注目点

①米国4CPI(消費者物価指数)。今週、最も注目を集める経済指標と言っても過言ではない。昨日の米国4月PPIの結果、およびパウエルFRB議長の発言と併せて総合的に見る必要がある。
②米国4月小売売上高。米国4月CPIと同時刻の発表となるが、米国の景気を測る指標として大きな注目を集める。併せて確認しておきたい。
③弱さを見せ始めた米国の経済指標。やや弱い4月雇用統計に加えて、新規失業保険申請件数が増加、5月ミシガン大学消費者センチメントが悪化と、ここにきて米国の経済指標に弱さが見え始めている。こうした指標が続くかどうかが1つの大きな注目点と言える。

外為どっとコム「CFDネクスト」の魅力

外為どっとコムのCFDサービス「CFDネクスト」は、ひとつの口座で世界の株価指数や金・原油、米国株などのさまざまな商品に投資ができます。

取引手数料が無料

取引手数料が無料なので少ない保証金で取引を開始できます。
さらに銘柄によっては最大20倍のレバレッジがかけられるため、少ない保証金で効率よくお取引ができます。

ロスカット手数料は別途発生します。詳しくはこちら

「売り」から入ることもできる

「買い」だけでなく「売り」から入ることも出来るため、相場が下落して価格が下がった際にも利益を出すことができます。

「日本円」で取引できる

世界の様々な商品も、FXと同様に「日本円」のまま取引することができます。

お知らせ、キャンペーン

CFD(CFDネクスト)のご案内|はじめてのCFDなら外為どっとコム

お知らせ:FX初心者向けに12時からライブ解説を配信

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時ごろからライブ配信を行っています。前日の振り返り、今日の相場ポイントなどをわかりやすく解説しています。YouTubeの「外為どっとコム公式FX初心者ch」でご覧いただけます。

12時からのFXライブ解説 配信チャンネルはコチラ

YouTube特別キャンペーン告知QRバナー

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 今日の「S&P500」 はどうなる!?注目ポイントはこれだ!(日米株価指数 Daily Report)2024/5/15

さて 今日のCPIはどうでしょう・・・・

本日は注目の米4月の消費者物価指数(CPI)が発表されます。昨日のPPIは、4月は予想を超えていましたが、3月分は「0.2%」から「−0.1%」に下方修正され強弱まちまちでした。さて、今日のCPIはどうでしょう・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました