[米ドル円]CPIとFRB政策

FXブログ
[米ドル円]CPIとFRB政策
(米ドル円日足)

昨日発表された米4月PPIが予想を上回ったことで156円75銭まで上昇したものの前月分が下方修正された結果と見られたことから156円24銭まで押し戻された。
今日発表の4月CPIは前月から鈍化が予想され、予想通りであれば素直にドル売りで反応しそうだ。ただ、単月だけでFRB政策は変わらないことから下値は限定的。
ただし、予想を更に下回るようならパウエル議長の懸念する1‐3月の物価上昇の流れを変えるものと判断されるか注目。
一方でこの日も日銀は国債購入額を減額し長期金利は0.96%に上昇したものの影響は殆どみられない。結局ドル円の動きはFRBの政策が中心ということになる。

ドル円予想レンジ:156円90銭(61.8%)~155円40銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]CPIとFRB政策

CPIとFRB政策”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました