[米ドル円]当面の天井

FXブログ
[米ドル円]当面の天井
(米ドル円日足)



CPI発表を控えドル円は欧州市場で円買い戻しの動きが強まった。156円ミドルから155円ミドルまで1円近く下落。イエレン議長の介入への批判的な発言を受け短期円売りポジションが積み上がっていたとみられる。注目のCPIは前月比で予想を下回り前年同月比でも予想通り鈍化を示したことでFRBの早期利下げ観測が再び強まりドルは全面安。
市場は9月にも利下げに動き、年2回の利下げを織り込み始めている。
ただ、FRBメンバーの多くはタカ派的な発言が繰り返されていることから今後の指標、特にPCEデフレーターなどの結果を見るまではまだ慎重な見方が燻る。
ただ、いかにドル円がFRBの政策次第ということかが改めて確認された格好だ。
今月末のPCEデフレーターの結果がCPI同様物価鈍化を示すようならドル売りが更に進むことになる。それまでは少なくともドル円の上値は重くなるだろう。

ドル円予想レンジ:155円50銭~154円30銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]当面の天井

当面の天井”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました