CHFJPYとGBPUSD2つのポジションを同時に保有したトレードの解説

FXブログ
CHFJPYとGBPUSD2つのポジションを同時に保有したトレードの解説

ども、最近咳が出て「今流行りのマイコプラズマ肺炎になるのでは」とビクビクしながら日々を過ごしてるORZです(・∀・)

さて、先日チャンスだったこともあって2つのポジションを同時に保有する機会があったんですが、今回はそのトレードを解説していきまっす!

ちなみに先日X(旧Twitter)の方で↓

こんな投稿を打ったので、トレード解説のついでに『追加でポジ持った時にちょっと気をつけたコト』にも触れていけたらとおもっとります。

ちなみにORZがポジ持ってた2つのうち、GBPUSDは1つ前の記事で解説したトレード内容とほぼ変わらないので戦略的なとこは割愛。

CHFJPYトレードの戦略をメインに解説しつつ、時系列に沿って途中複数ポジに関する解説も挟んでく感じですかね(´ω`)

わかりやすくチャンスの多い相場傾向になった際に思い切って複数のポジション持つ人も結構いると思うので、よかったら参考にしてみてくださーい!

CHFJPYは根拠の分厚い押し目買いポイント

ORZが普段使ってる手法の概要は下記にまとめてあるので、初見の方はサラッとお目通しを(´ω`)

ORZ手法の概要
時間足 デイトレは基本1時間足・4時間足がベース(そのまま長期保有することもアリ)
相場分析 移動平均線(期間2050&100の3本)と一目均衡表の雲、ライン等を使ったテクニカル分析で相場環境認識
主な手法 トレンド相場では順張り(押し目買い・戻り売りor高値・安値保ち合いのブレイク狙い)
レンジ相場は基本レジサポラインからの逆張り狙い
資金管理(決済) 「損切り:利益=1:2以上」くらいの損小利大スタイル
テクニック マルチタイムフレーム分析で多角的に相場を分析

※詳しくはこちら→【シンプルイズ最強】長年愛用のFX手法を大公開!

ではまずCHFJPYのトレード戦略からサクッと解説していきましょー!

【CHFJPY/30分足】
30分足見立て

状況としては上昇トレンド保ち合いをブレイクしたあと、レジサポラインまで戻って押し目つけてる感じですね(・ω・)

近くにあるMA50()では過去に何度も反発実績があり、レジサポラインの抵抗と相まってなかなか根拠の分厚いポイントになりそう♪

ORZ
ORZ

エントリー戦略としてはわりとセオリー通りの「レジサポライン+MA50付近からの押し目買い」で決まりです!

【CHFJPY/週足&日足】
週足日足見立て

そして今回の狙い目であるレジサポラインを長期で見ると、実は過去に上昇を抑えられてた高値なんですよね(・д・)

ぶっちゃけ日足週足レベルだとまだ全然「抜け切った」とは言えない状況ですが、30分足ではきちんと上昇トレンドが押し目つけてるので上昇の兆しは全然ある。

ORZ
ORZ

まぁ長期目線でレジサポが意識されて反転・逆行してくるようなら大人しく損切りですね。

【CHFJPY/4時間足&1時間足】
4時間足1時間足見立て

一方の中期足コンビは、1時間足が30分足と同じように明確な上昇トレンド且つレジサポラインで押し目。

4時間足は先日の介入による強烈な円買いから一転、円売り爆進で半値以上戻してきてます(・ω・)

願わくばこの勢いにあやかりつつ、4時間足前回高値の実体部分(150pips弱)辺りまでは取りたいですねー。(可能ならそれ以上引っ張りたいけど)

苦難を耐え抜きやっとこさ辿り着いた安息の地

そいじゃ最後に下位足でエントリータイミングを見ていきまっせー!

【CHFJPY/5分足(5月10日16時ごろ)】
5分足エントリー

すでにレジサポライン上で下落の勢いは抑えられもみ合ってたので、そこからネックライン上抜けてきたとこでポチッとな(σ・∀・)σ

今回は5ロット、-30pipsの損切りでエントリーしますた!

※エントリータイミングの見極め方についてはこちらを参照!→『FXのエントリータイミングを極める2つの重要ポイントとは?

ではエントリー後の値動きを見ていきますよん。

【CHFJPY/5分足(5月11日0時半ごろ)】
5分足経過

やや強めの下落が入りあわや損切りというとこまで落ちたものの、不死鳥の如き復活劇!(実はこのパターン結構多い。笑)

ボラ低めなので大して含み益は出てないですが、完全に窮地は脱して流れに乗っていけそうな展開ですᕙ(・∀・)ᕗ

【CHFJPY/5分足(5月13日10時過ぎ)】
5分足経過2

と、思ったら週明け早々の洗礼でまたも損切り付近まで下落。。

次々と迫り来る相場の執拗な攻撃に耐えられるのか…!!?

【CHFJPY/5分足(5月14日10時過ぎ)】
5分足経過3

耐えたー耐え抜いたー!!

先ほどの下落のあとは追撃もなく、危なげない展開で上げ幅を拡大。

含み益が+40pipsを超えたところでよーーやく逆指値を建値に移動することができますた(´﹃`)

ORZ
ORZ

コレでこっちのポジションはひとまず落ち着いたし、もう1つの本題に参りましょう!

GBPUSDフラッグで2つ目のポジションをゲット!

CHFJPYで“最悪プラマイゼロ”の状態を作ったあと、時を同じくしてGBPUSD。

【GBPUSD/15分足(5月14日10時半ごろ)】
ポンドル15分足

前回の記事で解説したトレード同様、再び4時間足のフラッグ上限まで近づいてきてました。

前回利益(+70pips)GETしたときと同じポイント、狙わない手はないよねと(´ー`)

すでにトレンドライン付近で保ち合いになりネックラインも明確だったので、その下にIFD注文で「Sell Stop(ここまで来たら売り)」をセット!

【GBPUSD/15分足(5月14日17時過ぎ)】
ポンドル15分足エントリー

しばらく待ったあと注文価格にぷすり。

良い感じのスタートダッシュを切ってくれましたᕙ(・∀・)ᕗ

複数ポジションを持つ際はまず損失リスクに目を向けると良き

さて、こうして2つのポジションを保有することになったわけですが、なぜORZが“このタイミング”で2つ目のポジションを持ったかっていうと、

「CHFJPYの逆指値を建値に移したことで、仮に両方逆行したとしても1つ分の損失で済むから」です(´ー`)

というのも、複数のポジションを同時に持つ際は必ず“先に損失リスクに目を向けるべき”とORZは考えてます。

例えば今回でいうと、CHFJPYの逆指値が損切り位置のままで新たにGBPUSDのポジションを持ったとしましょう。

損切り

万が一強烈な逆行が起きた日にゃ、「仲良く共倒れ」なんてことも全然あり得るわけですよね(・д・)(2倍の損失)

しかし先にポジションを持っていたCHFJPYの逆指値を建値に置いておくことができれば、少なくともそういった最悪のケースは避けることができます。

損切り2

コレすんごいネガティブな考え方と思われるかもしれないですが、そもそもFXは「万が一」「最悪」を想定して立ち回れなければ長く相場で生き残ることはできません(´ω`)

もちろん複数持ってるポジションが上手いこと狙いどーりに進んでくれれば膨大な利益をGETできるし、メリット的な側面もデカいです。

ただそういったメリットだけに目をギラつかせてしまい、損失リスクへの意識が曖昧で危ういトレードをしちゃう人がチラホラいるんですよね。

ORZ
ORZ

なのでなるべくは“元々持ってるポジションの損失リスクを解消してから”、次のポジションを追加することをオヌヌメします♪(同通貨ペアでポジ増しする時も同様)

ではそれを踏まえてトレードの続きを見ていきましょう((((っ・ω・)っ

早々にCHFJPYの孤軍奮闘が始まるも…!

【GBPUSD/15分足(5月14日22時過ぎ)】
ポンドル15分足結果

相場ってのはこういうことが往々にしてあるんですよ、ホント。

スタートの勢いはどこへやら。

米経済指標からの無慈悲な値動きに成す術なく、そのままスコーンと刈り取られました(´﹃`)笑

てなわけで後からエントリーしたGBPUSDは早々に-30pips(-234,580円)でフィニッシュです!

取引結果

 

一方で取り残されたCHFJPYはというと…

【CHFJPY/30分足(5月15日16時30分ごろ)】
30分足経過

泣ける…!

早々に相方を失った悲しみをグッと堪え、地道に着実に含み益を拡大し、GBPUSDのマイナス分をカバーしてくれております(´ω`)

しかし相場は無情。

【CHFJPY/30分足(5月15日17時30分ごろ)】
フィニッシュ

強烈な下落で瞬く間にぷすり。

CHFJPYは+50pips(+248,000円)でフィニッシュです!

取引結果2

 

(トータルギリプラスだけど、マイナススワップなの忘れて普通の口座でエントリーしてもうた。。失敗)

まぁ昨日の米CPI通過してから相場が完全に円買いになったので、まぁまぁ良いトコで逃げられたと思うべきですかね(´ω`)

円買い

メリットの大きさにとらわれず、常に最悪を想定した立ち回りを

最後にもう一度言っておくと、ORZ個人としては複数のポジションを同時に保有する際に

「仲良く共倒れ」を避けるために“片方の損失リスクを解消”してから追加でポジションを持つ

コレを意識してます(・∀・)

複数ポジの同時保有に限らずですが、FXにおいてメリットの大きさとリスクの大きさは比例することが多いですからね。

得られる利益の大きさばかりに気を取られることなく、常に「最悪のケース」を想定した立ち回りを意識していくと良いかと思いマッスルᕙ(・∀・)ᕗ

決して複数ポジを同時に持つことが悪いわけじゃないし、むしろ爆益チャンスになる可能性ももちろんあるので、上手いこと状況判断しながらやっていきましょ♪

そもそもの相場状況判断が苦手
トレードを最後まで完結できるスキルを身につけたい

って人はこの下から【FX道場】の詳細もぜひチェックしてってくださーい(`・ω・´)ゞ

ではではー!

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

アップデートによってさらなる進化を遂げたFX指導企画《真・ORZのFX道場4s》では、ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

複数の教材(PDF)とメールでの1対1のやり取りでわからないことも都度質問しながら学習を進めていけるため、「ORZ→道場生さん」の一方通行にならないのが強み。

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、「しっかり理解を深めながらスキルを習得したい」って方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム

    ※このメールフォームからお申し込みいただくと、ORZがメールを見てから順番に返信するため2〜3日かかる場合がございます。

    ORZからの返信を待たずに「さっさと入門したいゼッ!」という方はこちらからどうぞ
    【早く道場へ入門したい方用のお申し込みフォーム】

    必須問い合わせ内容

    任意具体的な相談内容

    必須お名前(ニックネームもOK)

    必須メールアドレス

    任意FX歴

    任意トレード環境

    ※返信が来ない場合は、メールアドレス間違い迷惑メールに届いてる可能性があるのでご確認お願いします。

    ORZからの返信が届かない場合は、お手数ですがGmailで再度お試しください(・∀・)

    ORZTube(・∀・)にて楽しく学べるFX動画配信中!

    YoutubeでもFXの勉強ができる動画を随時更新ちう(´ω`)

    どれもわかりやすく簡潔に解説しているので、片手間に楽しくFXのアレコレを知ることができる動画をたくさんご用意しております!

    下記のページにてオススメ動画をランキング・ジャンル別に分けて紹介しているので、興味のある方はCheck(σ・∀・)σ

    →FX動画まとめ!人気ランキングもあるお(・∀・)

    今すぐYoutubeへGoしたい方はコチラ〜!

    [紹介元] FXブログ|プロニートORZが億稼ぐ! CHFJPYとGBPUSD2つのポジションを同時に保有したトレードの解説

    CHFJPYとGBPUSD2つのポジションを同時に保有したトレードの解説

    しかし先にポジションを持っていたCHFJPYの逆指値を建値に置いておくことができれば、少なくともそういった最悪のケースは避けることができます。

    例えば今回でいうと、CHFJPYの逆指値が損切り位置のままで新たにGBPUSDのポジションを持ったとしましょう。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました