[ユーロ米ドル]ECBの利下げ後の動きは

[ユーロ米ドル]ECBの利下げ後の動きは
(ユーロ米ドル日足)

1.09ドルの強いレジスタンスを結局昨日も上抜け出来なかったことで当面の天井とみてよいだろう。
ECBが6月に利下げに転じるとの見方はほぼコンセンサスになっており、市場はその後も利下げを継続するかの見方が進んできている。
昨日はスペイン中銀総裁が「6月以降の金利見通しを立てたくない」と発言。ポルトガル中銀総裁は「利下げの道筋は間もなく決定」「徐々に利下げをしていくことが望ましい」など、全般に6月以降の利下げを継続する可能性が高いとみられる。一方でFRBメンバーは依然としてタカ派姿勢を崩していないことからユーロドルの上値も限定的とみる。
前日の米CPIの結果を受けたドル売りも一先ず一巡したところでユーロは一段の下値を探る展開が予想される。

ユーロドル予想レンジ:1.0890~1.0830(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]ECBの利下げ後の動きは

ECBの利下げ後の動きは”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました