年金過払い600万円 10年気づかず

FXブログ
年金過払い600万円 10年気づかず
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 年金過払い600万円 10年気づかず

年金過払い600万円 10年気づかず

P.10 「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の様式も大幅に変更される。給与所得者本人、控除対象配偶者及び扶養親族等のマイナンバーの記載が必要となることと、給与等の支払者のマイナンバー又は法人番号を付記する必要があることが大きなポイントである。

P.1 こちらは、マイナンバー制度の導入に向けて必要な準備作業を年表に記したものである。企業においては、税務関係書類への番号記載のため、従業員等のマイナンバーを収集するとともに、特定個人情報を適正に取り扱うため、(1)社内規定の見直し、(2)システム対応、(3)安全管理措置、(4)従業員研修などを行う必要がある。表中3段目の「源泉徴収票の従業員への交付」については、平成27年10月2日に省令改正を行い、本人に交付する源泉徴収票には、マイナンバーの記載を要しないこととなったことが大きなポイントである。なお、税務署に提出する源泉徴収票にはマイナンバーを記載する必要がある。

“年金600万円分を返金してほしい”組合側が10年間ミスに気づかず過大支給...85歳母と56歳息子は困惑「どうしていいのやら、途方に暮れます」

① 年金事務所等は、過払いの判明後、過払い年金の返納見込額を算出し、受給権者等に対して面談での返納勧奨を少なくとも1回行う。

この度取引履歴の開示をしたところ元本のみで110万の 過払いがありました。 取引期間はH10年7月~H22年8月で完済済みです。 過払い発生はH18年1月からです。 H19年3月に何度も電話があり、金利を下げるので 手続きをして欲しいと言われ25.55%→14.6%へ変更 相手は大手金融会社です。 そこで質問なのですが、この時点で相手は過払いが 発生していることはわかってい...

P.13-14 P.13は、今後の想定スケジュールである。P.14は、地方税分野においても様々な通知等を行ってきたということで、例えば、10月2日付通知では、1年前に行った通知よりもマイナンバーの利用範囲を狭める内容の通知で、国税における個人に交付する法定調書にマイナンバーを記載しないこととする取扱いを地方税版として折り込んだものである。冒頭に3点目として申し上げたとおり、その後の税調の議論のなかで、さらにもう1歩マイナンバーの利用範囲を狭めるという話になっているため、平成28年度税制改正大綱が決定した後、この10月2日付通知をさらに狭めるための通知を発信するべく準備をしている。当然、1月1日を迎えるにあたってはそれが最終版となるため、留意いただきたい。

会計法(昭和22年法律第35号)によれば、金銭の給付を目的とする国の権利で、時効に関し他の法律に規定がないものは、これを行使することができる時から5年間行使しないときは時効によって消滅することとされていることから、国は、5年間の消滅時効期間を経過した過払い年金について、返還請求を行えないこととなる。

検査に当たっては、機構が対応要領に基づいてホームページ上で公表した平成28年度から令和元年度までの過払いの事案のうち、影響金額(注4)200万円以上の178件について、年金事務所等から本部への報告書類を確認するなどして検査した。

祖父(2年前に死亡)および祖母に対して日本年金機構から「払い過ぎとなっている年金の返納について」という書面がきました。 問い合わせ先に電話で確認したところ、厚生労働省側の手違いによる過払いということで合計金額は100万円以上となります。 こちらに過失がないにもかかわらず納得がいかない高額請求を受けてしまいました。 ①過払いは厚労省の手違いですが、...

⑤ 年金事務所等は、納入告知の予告を行った後、受給権者等から回答期限までに返納の承諾が得られない場合には、納入告知の依頼を本部に進達する。

そして、このような事務処理の遅延により完了期間内に事務処理が完了していなかった前記の93件のうち68件については、過払い年金の全部又は一部について5年間の消滅時効期間が経過して返還請求が行えない状況となっており、この68件について、完了期間内に事務処理が完了していれば返還請求等が可能であった過払い年金額を本院が試算したところ、計1億7885万余円となり、実際に返還請求を行った計1億3540万余円との差額は4345万余円(平成18年度から27年度までの支給分)となっていた(表2参照)。

日本年金機構組織細則(平成23年細則第26号)によれば、本部は、年金事務所等における情報共有、諸規程、指示等の遵守の徹底を図ることとされている。

P.28 現在作っているポータルサイトには、自分の特定個人情報をいつ、誰が、なぜ情報提供したのかを確認する機能や、行政機関などが持っている自分の特定個人情報が確認する機能のほか、行政機関などから一人ひとりに合った決め細やかなお知らせをプッシュ型で通知する機能をつける予定である。また、このほか、民間の送達サービスは日本郵政が検討しているが、そういうものも活用して便利な世の中にできないかと考えている。例えば、毎年保険会社からハガキで届く保険料控除証明書を全て電子化すれば利便性が高まるのではないかと考えている。さらには、引越し、死亡、子育て等に伴う手続きをワンストップにできないかと期待している。さらに、電子決済については100%完璧に電子申告できるのではないかと考えている。

P.5 こちらは、事業主の方が社会保障関係書類に番号を記載して提出する時期を整理したものである。雇用保険については、平成28年1月1日提出分から、新たに従業員を雇って雇用保険被保険者資格取得届を提出する場合や、退職によって資格の喪失届を提出する場合に当該届出書にマイナンバーを記載する。また、新たに会社を設立した場合には、雇用保険適用事業所設置届に法人番号を記載する。次に、労災保険については、平成28年1月1日提出分から、障害(補償)給付支給請求書等にマイナンバーを記載する。これは、基本的には労災の給付を受ける被保険者本人が申請するもので、原則的として事業主が行う手続ではないが、現状そうであるように、病気や怪我により本人が申請を行うことが困難な場合には、事業主が助力をすることとなっている。そのような場合には、事業主は、本人から委任を受けて本人の代理人として手続きをすることが可能となっている。次に、労働保険については、新設の際の労働保険関係成立届等に法人番号を記載する。次に、健康保険・厚生年金保険については、将来的に平成29年1月1日提出分から、番号を記載する予定である。従って、平成28年1月以降、事業主が従業員のマイナンバーを取得して提出する義務があるのは、雇用保険の被保険者資格の取得・喪失に係る届出のみである。

私の父が、10年以上前から借金をしていました。 (具体的な時期は資料が紛失されており、私も事実を知らされていなかったので不明です) 相手先は「レイク」と「プロミス」の2社で、現在は完済をしていますが明確な返済内容の明細はまったく手元に無い状態です。 父が、過払い金が発生しているのではないかと思い、山梨県の法テラスの仲介を受けて ある弁護士の方を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました