タダでも譲りたい 負の「不動産」

FXブログ
タダでも譲りたい 負の「不動産」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 タダでも譲りたい 負の「不動産」

タダでも譲りたい 負の 不動産

・不動産の処分方法には、寄付・無償譲渡、売却があります。

Iさんの物件は、私が手掛けた最初の地方案件となりましたが、その後は栃木県日光市や北は北海道の原野、南は沖縄県の山の売買も行うようになりました。他にも別荘地としては、群馬県の嬬恋村や長野原町、長野県佐久市、宮城県蔵王町など多数の地方案件も対応しております。中には売買代金が1円だったときも何回かありましたし、時には不動産をタダで差し上げますと告知したこともありました。ただし残念ながら受け取っていただける方は現れず、最終的には他の優良物件と抱き合わせで売却したこともあります。

・不動産の所有権放棄は、判例もなく学説も分かれており、所有権放棄による所有権の抹消登記の規定がなく、現状ではできません。

いざ、売却を決意したものの、所有している不動産の書類が一切何も無い!?なんで??探しても探しても出てこない・・! 何処に行ったのだろう。 皆様いわゆる権利証(今は登記識別情報と言います)はお持ちでも、図面関係等一切紛失し...

読了目安時間:6分不動産の一括査定サイトとは不動産の一括査定サイトの利用率は【ネットを頻繁に利用している方】でも2~3割のようです。不動産売却を検討し始めるとイヤでも目にする「不動産一括査定サイト」の広告ですが、何故一般...

仙台市の不動産売却なら || 仙台の不動産そうだん窓口 || 【運営:株式会社ランドプロデュース】にお任せ下さい!

不動産は持っているだけで様々な費用負担があります。 ・固定資産税、都市計画税 ・維持管理の費用(別荘地の管理費や、植栽剪定など) ・火災保険料 など山林や別荘地、地方の実家などに係る費用は、年間1万円から5万円くらいと金額的にみると大きな負担ではないかもしれません。しかし、売れない貸せないまま放置していたとして、祖父母の代から孫の代まで所有し続けるとなるとそうはいっていられなくなります。後ほど事例でお伝えします。

地域により物件により、空き家バンクという自治体などが運営するサイトに物件が登録できます。空き家バンクのサイトは、基本的に移住希望者しか閲覧しないため、一般の不動産を求めている人とは別の層の閲覧者が物件の情報を見ることになり潜在的な買い手の対象が拡大します。

1990年代までの不動産は、人口が増え続けていたため建てればすぐ借り手が付き、売ろうと思えば購入した価格より高く売れていました。しかも日本全国の不動産が、です。 このことから、土地は富を生む土地神話とも呼ばれていました。しかし、いまは逆です。 バブルの崩壊とともに資産デフレが続き、日本人の人口も減り続けています。中心都市を除き、日本の多くの土地は、借りても買い手も少なく、土地を持っていても高く売れず、税金や管理手間などの負担ばかりのイメージが付着してきました。土地神話は崩壊し、子世代は相続したくない負の不動産となってしまいました。親は土地神話、子は廃棄対象と、親世代と子世代とで不動産に対する考えが大きく異なり始めたため、親はとにかく残したい一心ですが、相続した子は、売れず手放すことができずに悩み、様々な問題に直面しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました