【見通し】NY株見通し-今週はエヌビディアの決算発表に注目

FXブログ
【見通し】NY株見通し-今週はエヌビディアの決算発表に注目

今週のNY市場はエヌビディアの決算発表に注目。先週はダウ平均が1.24%高、S&P500が1.54%高、ナスダック総合が2.11%高とそろって5週続伸した。注目された米4月消費者物価指数(CPI)が予想を下回る伸びにとどまったことに加え、米4月小売売上高も前月比横ばいにとどまったことで年内の利下げ期待が一段と高まったことが株価の支援となった。ダウ平均は史上初の4万ドル乗せを達成し、S&P500も初めて5300ポイントを上回った。年初来ではS&P500が11.18%高、ナスダック総合が11.16%高と2桁高となり、ダウ平均も6.14%上昇した。

 今週は水曜日引け後に発表されるエヌビディアの決算やガイダンスが最大の焦点となる。これまで相場上昇をけん引してきたAI株が引き続き上昇モメンタムを維持できるか否かに注目が集まるほか、史上最高値にある主要3指数の行方も左右されそうだ。決算発表はエヌビディアのほか、ロウズ、ターゲット、TJXカンパニー、ラルフ・ローレン、ダラー・ツリー、ロス・ストアーズなど消費関連株の決算やガイダンスにも要注目か。経済指標では4月中古住宅販売件数、新規失業保険申請件数、5月S&Pグローバル製造業・サービス業PMI速報値、4月新築住宅販売件数など。

 今晩は主要な米経済指標の発表はないが、バー米連邦準備理事会(FRB)副議長、ジェファーソンFRB副議長、ウォラーFRB理事、ボスティック米アトランタ連銀総裁、メスター米クリーブランド連銀総裁などの講演や発言が多数予定されている。企業決算はパロ・アルト・ネットワークス、キーサイト・テクノロジーズなどが発表予定。(執筆:5月20日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-今週はエヌビディアの決算発表に注目

見通し NY株見通し今週はエヌビディアの決算発表に注目

世界の半導体企業の状況を見渡すと、半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(AMAT)が16日(木)に2024年2-4月期の決算を発表。5-7月期に関しても若干、予想を上回る業績見通しを発表したものの、16~17日にかけて株価は下落しています。

エヌビディアの株価に一気に注目が集まったのは1年前の2023年2-4月期決算発表がきっかけ。この際に示した5-7月期の総収入の見通しが前年同期比64%増に相当する110億ドル程度だったことが金融市場を驚かせ、翌5月25日の終値は379.80ドルに到達。前日の305.38ドルから24.37%の上昇となった。エヌビディアはAI開発向けの半導体で圧倒的なシェアを持っており、その後もマイクロソフト(MSFT)やアマゾン・コム(AMZN)、アルファベット(GOOGL)などのAI開発やサービス強化の取り組みが注目を集める中、業績と株価が押し上げられてきた。

②について、FOMC参加者のうち何名かは、中立金利がコロナ以降に引き上がったとの見方を示しています。ドッツ(FOMCの政策金利見通し)において中立金利に相当する長期見通しでは、18名中7名が中央値の2.5%より高い数字を示しており、あと2名が中央値よりも高い数字を示せば、中央値自体が上方修正されます。この点、14日(水)には中道派に位置づけられるバー規制担当副議長が、最近生産性が向上している旨を述べました。生産性の向上は、潜在成長率や中立金利の上昇と整合的な見方です。このように、生産性が向上しているとの見方がFOMC参加者内でどの程度広がっているか、FOMC議事要旨が注目されます。もし3月FOMC(3月19-20日)のドッツにおいて中立金利が引き上げられれば、長期金利の上昇(株価には下押し材料)も考えられます。

同社の決算実績や会社業績見通しが市場予想を下回った場合には株価が調整し、株式市場全体も下落する可能性も考えられます。その場合には、市場予想を下回った要因などを見極め、冷静に投資判断をしていきたいと考えます。

ただ、エヌビディアの株価は3月25日に上場来高値(950.02ドル)を記録してからは伸び悩む時期もあり、4月19日には上場来高値から19.79%安にあたる762ドルまで下落した。前日に台湾積体電路製造(TSMC)が示した2024年の半導体市場の見通しが、1月時点の見通しから下方修正され、半導体需要の見通しに対する不安が強まったためだ。また、エヌビディアの総収入は2023年5-7月期以降、4四半期連続で前年同期比2-3倍超の増加が続く見通しだが、いつまでもこのペースを維持できるとは限らない。

このため22日の決算発表では、急成長が一巡する5-7月期についてどのような見通しを示すかが焦点となりそうだ。LSEGがまとめた事前予想では、総収入は前年同期比96.7%増にあたる265.71億ドル、1株当たり利益は2.2倍の5.92ドルが見込まれている。投資家の高い期待をクリアすることは容易ではないうえ、エヌビディアにはアメリカ政府による中国向け輸出規制強化という逆風もあり、22日に示される見通しが株価下落につながることも考えられそうだ。

しかし、英国の半導体設計会社アーム・ホールディングスは8日(水)に発表した2025年3月期の年間売上高の見通しが保守的とみなされて株価が急落するなど、景況感に差が出ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました