2024/5/19(日) 今週の見立て

FXブログ
2024/5/19(日) 今週の見立て
今週の見立てです。うーん、ルンバ君と格闘してたらえらい時間に
見立てに関しては、今週は難しかった

■先週の状況と今週のイベントなど
先週の状況を確認しておくと、水曜の米国CPIが弱く、年末に向けての米金融当局の利下げシナリオを再び下支えする状況となり、ドル安に振れました。直近の米ドルは、年内に利下げが開始されるかどうかを巡って神経質な動きが続いています。

AUDUSD, NZDUSDは日足がドル安方向にトレンドを崩してきたものの、ドルストレート全体で見れば、週足(通貨によっては日足)のドル高方向への流れを崩したとはいえない状況。ドル安方向にトレードをプランニングする場合は、基本的には短期中期になりそうです。じゃあドル高方向はどうかというと、まだ準備が整っていない、というのがドルストレートの全体的な印象でした。

さて、今週ですが、米ドル関連では大きな指標やイベントは予定されていません。他の通貨では、大きなところでは、水曜のニュージーランド政策金利くらいですが、ニュージーは全体に週足が大陽線を並べており、先週既にお祭り開催しちゃった感が…。

■先週通しての通貨強弱
先週一週間通しての通貨強弱は、うちのブローカーだとこんな感じ。

NZD>GBP>AUD>EUR>CAD>JPY=USD>CHF

ニュージーランドドルNZD、豪ドルAUDの資源国と英国ポンドGBPが強く、スイスフランCHFと先週のCPIの結果米ドルUSDが弱い。ということで強い方、弱い方と見ていきましたが、うううーん。いいのがない!

■今週主に見ていく通貨
今週は、AUDUSDでチャートを切っておきました。ただし、プランニングとしては難しい。というのは、4時間一波狙いのプランニングですが、2つ上の週足が上下に収縮しつつあるレンジ内だってことですね。こういうケースは伸びづらいことが多いので、慎重に見ていこうと思います。その他、短期中期でリストした通貨を監視しつつ、週半ばで再度プランニングしようと思います。

2024_05_19_AUDUSD01_

■イベント・指標等
今週は大きなところでは水曜午前11時にニュージーランド政策金利。

5/20(月)
スイス・カナダ 休場
目だったものなし

5/21(火)
10:30 オーストラリア 豪準備銀行金融政策会合議事要旨
17:00 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁発言
21:30 カナダ 4月消費者物価指数(CPI)
26:00 イギリス ベイリー英中銀(BOE)総裁発言

5/22(水)
シンガポール 休場
11:00 ニュージーランド ニュージーランド準備銀行政策金利
15:00 イギリス 4月消費者物価指数(CPI)
17:05 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁発言
27:00 米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

5/23(木)
07:45 ニュージーランド 1-3月期四半期小売売上高
17:00 ユーロ 5月製造業購買担当者景気指数(PMI)
17:30 イギリス 5月製造業購買担当者景気指数(PMI)
21:30 米国 前週分新規失業保険申請件数
23:00 米国 4月新築住宅販売件数

5/24(金)
08:30 日本 4月全国消費者物価指数(CPI)
15:00 イギリス 4月小売売上高
21:30 カナダ 3月小売売上高

[紹介元] trading notes 2024/5/19(日) 今週の見立て

コメント

タイトルとURLをコピーしました