【FX】初心者向けライブ解説 ドル円は横ばい期間に突入か?投資で失敗しないために 2024/5/21

FXブログ
【FX】初心者向けライブ解説 ドル円は横ばい期間に突入か?投資で失敗しないために 2024/5/21

最新のFX&CFD予想を配信

※ライブ配信後は、録画動画に切り替わります。

番組紹介:外為どっとコム総合研究所のFXアナリストが19時30分からライブ配信を行います

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、平日の月曜日から木曜日まで、19:30から配信を開始します。FX初心者はもちろん、トレードのレベルアップを目指す方に向けて配信します。テクニカル分析を用いてチャートを読み解き、トレードアイディアに基づいてライブトレードを行います。基本に忠実でシンプルなトレード戦略を用い、コツコツ手堅い取引をポイントをお伝えします。CFD銘柄のS&P500や日経平均、金スポット(XAU/USD)のチャート解説や予想も行います。

生配信の中で取り上げる情報

「ドル円 最新の為替チャート・FXチャート」

「株価指数・商品CFDチャート」

「経済指標カレンダー」

YouTubeライブ配信時、チャットのガイドライン(禁止行為)

・配信内容に関係のない投稿
・人が嫌がる下品な投稿
・人を傷つける攻撃的な投稿
・社会的に容認されないと判断される投稿
・宣伝・スパムとみなされる投稿

お知らせ:FX初心者向けにお昼の12時からライブ解説を配信

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時ごろからライブ配信を行っています。前日の振り返り、今日の相場ポイントなどをわかりやすく解説しています。YouTubeの「外為どっとコム公式FX初心者ch」でご覧いただけます。

12時からのFXライブ解説 配信チャンネルはコチラ

YouTube特別キャンペーン告知QRバナー

 
uehara.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。これまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。経済番組専門放送局「ストックボイス」や、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』でのレギュラー解説ほか出演多数。マネー誌『ダイヤモンドZAi(ザイ)』にてドル円・ユーロ円見通しを連載中。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【FX】初心者向けライブ解説 ドル円は横ばい期間に突入か?投資で失敗しないために 2024/5/21

各FX会社では 独自のトレードアプリを提供しています

FXも勉強やビジネスなどと同じく、上手な人をまねると上達しやすくなります。ただし、単純にトレードをそのまままねるだけではなく、そのトレードをおこなった理由を自分で考えることが成長する上で重要です。

FXと株式投資との違いは、主に以下の4点になります。

通常、外国為替市場では、売り値(Bid)よりも買い値(Ask)の方が高いため、新規注文が約定した瞬間にスプレッド分の損失が発生します。スプレッドがFXのコストと考えられるのはそのためです。

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは、国の経済状況や財政状況、金融政策、政治などの分析により、今後の通貨ペアの値動きを予測する分析手法になります。「ファンダメンタルズ」とは、経済の基礎的状況という意味の言葉です。

FXでは大きな損失を出したり、確率は非常に低いものの証拠金以上の損失が発生したりする可能性があります。要するに、生活に必要な資金はFXで絶対に使わないようにしなければいけません。

各FX会社では、独自のトレードアプリを提供しています。 さらに、本番の取引と同じ画面で操作できる、無料のデモ版が用意されていることが多いです。

他にも、デモトレードでFXの練習をする、などの方法があります。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

FXを取引する際にチャートがなくてはならない理由について詳しく見ていきましょう。

ここでは、1ドルが100円のときに100万円を投資して1万ドルを売買したFX取引を例にして解説していきます。利益や損失の相場観を身につけていきましょう。

FXのポジショントレーダーは、資金が長期間にわたって拘束されることが多いため、忍耐力が必要です。特に長期的なトレードでは、ファンダメンタルズ要因を熟知していることが有利に働くので、高度な分析能力が求められます。

FXにおけるトレンド分析とは、相場における価格の動きがどのような流れになっているのかを分析する手法です。為替レートの動きは複雑に見えるものですが、チャートのパターンは3種類しかありません。「上昇トレンド」、「下降トレンド」、「横ばい(レンジ)」です。上昇トレンドのときに買い注文を出し、下降トレンドのときに売り注文を出すという「順張り」がFXの基本であることを考えると、トレンドの見極めはとても重要です。トレンド分析の手法は多数ありますが、たとえばサポートラインやレジスタンスラインなどの方法を用いることで相場を分析していきます。トレンド分析は、主にトレンドを見つけるための手法であるため、順張りによるトレードに役立つものです。

FX取引において今後の相場を予測する際に用いられる分析手法は大別すると2つに分けられます。一つが、経済活動や資金需給(資金の流れ)の基本的な要因や情報を基に分析を行うファンダメンタルズ分析。そしてもう一つが、チャートやテクニカル指標を用いるテクニカル分析です。一般的にファンダメンタルズ分析が中長期のトレードに適しているのに対し、テクニカル分析は超短期から中長期まで幅広く応用することが可能です。ここではテクニカル分析において主役ともいえるチャート分析の使い方を解説していきます。

こうならないように、損失がある程度発生したときに、強制的に取引を清算する仕組みがFXに用意されています。それが『ロスカット』です。

FXでは必ず分析手法が必要になります。というのも、分析手法が無ければ根拠のない勘に頼ったトレードをすることになり、トレードに一貫性がなくなってしまうからです。つまり、多少時間がかかったとしても、最初のうちに分析手法に関する最低限の基礎知識を習得しておいた方がよいということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました