トレンドフォローで勝率を上げる分析

FXブログ
トレンドフォローで勝率を上げる分析
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ トレンドフォローで勝率を上げる分析

トレンドフォローで勝率を上げる分析

トレンドフォローとは、その名の通りトレンドに沿って取引をする手法です。

- トレンドは急に反転する場合があります。そのため、トレンドフォローをするトレーダーは大きな損失となる可能性があります。トレンドの開始や終了を特定するのは非常に難しく、どこでエントリー・決済するのかが分からないというデメリットもあるでしょう。

様々なトレンドフォローモデルを併せて用いることはリスクが分散されるなどのメリットがあり、収益の安定化への期待が高まります。

どちらのトレードスタイルを選択するかは、トレーダー個人の好みやマーケットの状況によって異なります。マーケットの状況次第では、2つの戦略を使い分けることを好むトレーダーもいます。

トレンドフォローとは価格の動きが一方方向に続くことを期待して、上がった時に買い、下がった時に売る、一般的なFXトレード戦略です。多くの初心者トレーダーがこの戦略を使用してFXトレードを開始する位、多くのトレーダーが行っています。

トレンドフォローは相場のトレンドに乗ることを目的とした手法で、一般的には「順張り」と訳されます。しかし同じ順張り系の手法でも、大きく分けて二つのスタイルがあります。一つは比較的こまめに利食っていくパターン。前のページで述べた「大勢順張り・小勢逆張り」はこれに該当し、当サイトがFX取引で推奨する手法です。もうひ一つは、トレンドを追いながらできるだけて利益を伸ばすことを目標にするパターン。ここでは後者の手法を特に「トレンドフォロー」と呼んで、前者とは区別することにします。

また、FX初心者やトレンドフォローにおけるエントリーポイントがわからない場合、インジケーターの活用もおすすめです。

経験豊富なヘッジファンドマネジャーによって書かれた本書は、市場参加者の視点から活況を呈するトレンドフォロー先物業界の背景にある戦略を読み解こうとするものだ。成功したヘッジファンドのパフォーマンスを複製するトレードルールや方法など、この業界の成功の裏にある戦略が細かく説明されている。

ブレイクアウトでトレードする代わりに、マーケットがレジスタンスを上抜く前、もしくはサポートを下抜く前にエントリーする事をお勧めします。ブレイクアウトの前にトレードすると、ストップにヒットする可能性が低くなります。そして、もしマーケットがブレイクアウトに失敗した場合、少額の利益、または損失が出ない様に手仕舞いします。

彼らのトレード手法が現在の相場で役に立つかどうかの判断は難しいですが、どのように相場と対峙し、結果を残したかは参考になりそうです。

筆者が次々と投げかける質問に対する答えには上級者トレーダーにも参考になる点が多いと思います。

下位足ではトレンドフォローであっても上位足トレンド方向には逆らっているので、レートが伸びる優位性は低く、結果、損切りにあう可能性が極めて高くなります。

インタビューはエド・スィコータ、マーティン・エリック、ジャン・フィリップ・ブジョー、ユーアン・カークなどいずれもトレンドフォローで功績のあるトレーダーばかりです。

- レンジ取引の弱点は狙える利益が限定されることです。また、レンジを突破し、トレンドが発生してしまうと、あっという間に含み損になってしまう可能性があります。レンジ相場が終わる兆候がないか、常に確認が必要です。特にFX市場は一方向へ急激に動くことがあります。

移動平均線を使ったトレンドフォロートレード戦略のうち、最も有名な4つの例がこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました