追加利上げ観測 長期金利高水準に

FXブログ
追加利上げ観測 長期金利高水準に
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 追加利上げ観測 長期金利高水準に

追加利上げ観測 長期金利高水準に

他方、今年後半の日本銀行の追加利上げ観測が、金融市場で強まる可能性は比較的高いだろう。

6月入り後の米国債市場は、短期と長期で二極化の動きが強まった。6月FOMC(6/13・14)では事前予想通り11会合振りに利上げが見送られた一方、FOMC参加者の政策金利見通し(ドットチャート)が3月対比で上方修正されたことがタカ派と受け取られた。ドットチャートの中央値は、2023年末が5.625%(3月対比+0.500%Pt)、2024年末が4.625%(同+0.375%Pt)、2025年末が3.375%(同+0.250%Pt)、longer-run(長期)が2.500%(同±0.000%Pt)となり、事実上2023年中に2回の追加利上げが示唆された。こうしたFRBのタカ派姿勢を受けて市場が追加利上げを織り込む中(図表2)、政策金利見通しとの連動性が強い2年債利回りは本年3月以来の4.9%台まで上昇した。一方、10年債利回り(長期金利)については、追加利上げ観測が押し上げ圧力となるものの、低調な米経済指標(米5・6月ISM指数、新規失業保険申請件数(6/4~10)等)やインフレ指標の落ち着き(米5月CPI、PCEコア)を受けて、概ね横ばい圏での推移が続いている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました