【テクニカル】一目チェック2=ポンド円、買いトレンド継続

【テクニカル】一目チェック2=ポンド円、買いトレンド継続

日足一目均衡表におけるトレンド示唆2 ※前営業日引け時点

ポンド円

 転換線 196.38円 > 195.43円 基準線 … 買い示唆

遅行スパン 198.49円 > 192.26円 実線 … 買い示唆

終値 198.49円 > 191.12円 雲の上限 … 買い示唆

三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

豪ドル円

 転換線 103.31円 > 101.36円 基準線 … 買い示唆

遅行スパン 104.10円 > 99.05円 実線 … 買い示唆

終値 104.10円 > 99.32円 雲の上限 … 買い示唆

三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

NZドル円

 転換線 94.38円 > 92.79円 基準線 … 買い示唆

遅行スパン 95.12円 > 90.98円 実線 … 買い示唆

終値 95.12円 > 91.61円 雲の上限 … 買い示唆

三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】一目チェック2=ポンド円、買いトレンド継続

「テクニカル分析がイマイチ分からない

使い方に慣れてきたら、さまざまなテクニカル指標の分析方法を学ぶこともステップアップのポイントです!

そんな方におすすめなのが、外為どっとコムのぴたんこテクニカルです。

ぴたんこテクニカルの実践的な使い方は、以下動画もご参考にどうぞ。

一目均衡表がほかのテクニカル指標とまったく違う部分は、為替レートやその平均値を未来や過去にずらして、「雲」や「遅行線」を描画し、売買判断に使用するところです。二次元のチャートに過去や未来という三次元的な奥行きを持たせている点は、世界で唯一無二、オンリーワンの指標といっても過言ではないでしょう(図1)。

外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」はスマホアプリにも対応していてどこにいてもすぐにアクセスでき、対応足の数も多く、過去のチャートから3パターンの予測を行ってくれるため、簡単に取引に役立たせることができます。

ぴたんこテクニカルを使うと、どの通貨ペアが売買チャンスかが一瞬でわかるので、さまざまな通貨ペアを売買対象にすれば売買チャンスも多くなります。

それでは、ドル円の季節性を鑑みながら、テクニカルを中心に、具体的な戦略を提案させて頂きます。

一目均衡表は、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標です。外国人FXトレーダーにも「東洋の神秘」として注目され、今では「ローソク足チャート」とともに日本で生まれ、世界的に有名になった定番指標として知られています。

テクニカル指標は数十種類以上存在するといわれていますが、ここでは代表的な指標の特徴や使い方を解説します。

なお、ぴたんこテクニカルを使えば必ず勝てるというものではなく、「あくまでもビギナー向けの分析サポートツールである」ということをしっかり留意しておきましょう。

「テクニカル分析がイマイチ分からない。」

一目均衡表は、細田悟一氏(故人)が都新聞(現東京新聞)の商況部長時代に考案したテクニカル手法である。私設研究所を設立し7年の歳月をかけて苦心を重ねた末、昭和10年都新聞紙上に「新東転換線」という名称で発表された。また、一目山人とは細田氏のペンネームである。

実際に取引する通貨ペアとお天気シグナルの通貨ペア×足種×テクニカル指標をしっかり定めるようにしてください。

このような分析を一瞬で行えるのが、外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」です。

ぴたんこテクニカルは、他のFX業者のツールと比べて多い12種類の通貨ペアに対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました