ドル円相場5/20週振り返り 好調な米指標受け157円台へ

FXブログ
ドル円相場5/20週振り返り 好調な米指標受け157円台へ

ドル円 好調な米指標受け157円台へ

今週初めのドル円は方向感が定まらない中、155円台後半でスタートしました。

先週発表された米CPI、PPI、小売売上高などの重要指標が強弱入り混じる結果となったことで、先週末から週明けにかけてドル円は方向感なく揉み合う展開となりました。

20日(月)夜には複数の米FRB高官による利下げに慎重な発言が報じられたことでドルを買う動きが強まりましたが、21日(火)に156.55円前後まで強含んだ後は失速し、155円台後半へと押し戻されました。

22日(水)は日通し円売りドル買いの動きが優勢となり、米FOMC議事要旨が公表され、複数のメンバーが追加利上げに前向きな姿勢を示したことが伝わると、ドル円は156円台後半へと上昇しました。

23日(木)午後は一時156円台後半で伸び悩んだものの、同日夜に発表された前週分新規失業保険申請件数や5月購買担当者景気指数(PMI)などの米指標が強い結果となったことで再びドル買いが強まり、ドル円は節目の157円を突破して上昇しました。
その後156円台後半へと押し戻され、24日(金)朝には再び157円台を回復するなど、不安定な動きとなりました。

今週のドル円は今月1日以来、約3週間ぶりに157円台に乗せる展開となりました。
米指標が好調な結果となったことで米FRBの利下げ観測が一段と後退し、ドルを買う動きが強まりました。

来週は米1-3月期四半期実質GDP(改定値)や米4月個人消費支出(PCE)などの重要イベントが予定されています。
ドル円の底堅さが意識される中、米FRBが重視するとされるPCEも強い結果となればドル円の続伸につながることが予想され、結果に注目が集まります。

 

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円相場5/20週振り返り 好調な米指標受け157円台へ

ドル円相場5 20週振り返り 好調な米指標受け157円台へ

グローバルリート市場(米ドルベース)は、米国のソフトランディング期待が高まり、投資家のリスク選好姿勢が強まったことから、上昇しました。米国リート市場は、米国景気が底堅く推移していることから長期金利が上昇したものの、インフレが鈍化傾向を示したことからソフトランディングの期待が高まり、株式市場が堅調に推移したことを好感して、上昇しました。欧州やアジアのリート市場も株式市場の上昇を好感して、反発しました。日本リート市場も、日銀によるYCC修正で長期金利が上昇したものの、上昇しました。S&Pグローバルリート指数(米ドルベース)のリターンは前月末比+3.2%となりました。また、為替効果がマイナスに寄与し、円ベースのリターンは同+1.5%となりました。

円相場は、日銀によるYCC修正を受けて、振れが大きい展開となりましたが、主要通貨に対し前月比でやや上昇しました。ただ、日銀が今後も大規模な金融緩和を続けるとの見方から、円の上昇幅は限られました。円の対米ドルレートは、米国の物価指標が鈍化傾向を示したことでFRBの利上げ打ち止め観測が高まったことや、日銀が金融政策決定会合でYCCの修正を行ったことを受けて、上下に振れたものの、月末は142円台と、前月末の144円台から上昇して終了しました。円の対ユーロレートも、前月末の157円台からやや上昇し、156円台で終了しました。また、円の対豪ドルレートも、日銀がYCCの柔軟化を実施したことなどを受けて、小幅に上昇しました。

S&P500種指数採用企業の増益率(純利益ベース)は4-6月期が前年同期比▲6.4%(除くエネルギーセクターで同▲0.3%)ですが、7-9月以降は増益転換が予想されています(7月28日。リフィニティブ集計)。7-9月以降の見通しを先月と比べると、全体では小幅な下方修正ですが、除くエネルギーセクターベースではむしろ小幅な上方修正となっています。一方、TOPIX採用企業の23年4-6月期の純利益は前年同期比+42.5%と予想されており、好調を維持しそうです(8月1日。3月期決算企業で除く金融、QUICK集計)。

となっており、その結果について「業績が好調で知名度の高い大手企業に人気が集中した」ためと書いている。

+42.5%と予想されており、好調を維持しそうです(8月1日。3月期決算企業で除く金融、QUICK集計)。

円の対米ドルレートは、FRBの利上げが最終段階に入りつつあるとみられることから、もみ合いながら緩やかに上昇する展開を予想します。先行きは米国の景気とインフレが鈍化するため、FRBによる利下げが意識され、米長期金利の低下に伴う日米金利差の縮小を背景に、円が小幅に上昇すると想定しています。円の対ユーロレートも、レンジ内でもみ合いながら小幅に上昇すると予想します。ECBの利上げサイクルは、米国同様に終盤にあるとみられることから、先行きの欧州金利の低下による金利差縮小が円の買い材料となるとみています。また、円の対豪ドルレートも、小幅に上昇する展開を予想しています。中国経済の減速により豪州景気や資源価格が抑制されるとみられ、豪ドルは対米ドルでレンジ内でもみ合うとみているためです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました