中身はチーズだけ 売れる中華まん

FXブログ
中身はチーズだけ 売れる中華まん
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 中身はチーズだけ 売れる中華まん

中身はチーズだけ 売れる中華まん

三重県の津市に本社を構える井村屋。 肉まんとあずきバーでがっちりの食品メーカーで、年間売上げはなんと326億円! でも、なんで三重県なの?どうして肉まんとあずきバーなの?そもそも、井村屋って何の会社なの? 常務の中島さんに聞いてみました。中島さん:元々は、あずきを使った和菓子のメーカーなんです。そこが出発です。そう、井村屋の原点は和菓子屋さん。明治29年、三重県松阪市で、創立者の井村和蔵が、あずきを使った羊羹を売り出したのが始まりでした。 では、和菓子メーカーだった井村屋が、何で「肉まん」と「あずきバー」を作るようになったのでしょうか。 そのきっかけは、アイスキャンデー! 戦後間もない昭和22年、井村屋はまだ大手メーカーがやっていなかったアイスキャンデー事業に進出しました。ミルクやいちご味などのアイスを全国のお店に展開!冷凍するアイスケースも井村屋が用意。これが人気で、売上げを伸ばしていきました。 しかし、ひとつ大きな問題が・・・中島さん:冬になると(冷凍ケースが)空くんですよね。夏はアイスが売れるけど、冬は売れませんから。これでは、お店のスペースをジャマするだけの存在になってしまう!何とか冬でも生かせるようなアイデアはないものか・・・。 そこで考えたのが、和菓子メーカーでもある井村屋のおまんじゅう技術を生かした「肉まん」と「あんまん」だったのです!工場で作って、冷凍したものを、お店のアイスケースに入れて、売る分だけ温める。このスタイルが全国で大人気に!一気に、肉まん、あんまんの井村屋として定着したのでした。

なんと多い時では1日に100万個近くも生産しているのだとか!しかし驚くなかれ、井村屋のまんじゅうシリーズは、年間でなんと2億個も売れているのです! そんな、肉まん、あんまんでがっちりの井村屋ですが、あまり知られていないヒストリーがありました。スタッフ:これは何ですか? 加藤さん:これまでに開発をして、実際に発売をした商品ラインナップです。

え!?こんなに!?なんとこれまで発売した歴代のラインナップの数はなんと300種類以上なのだそう!ここには、井村屋の挑戦と挫折も詰まっていました。 「豆乳クリームまん」「ゴーヤチャンプルまん」、さらには「うなぎまん」などなど、試行錯誤の跡が!中でも加藤さんには、今でも忘れられない商品があるそうで・・・。加藤さん:ビジネスまんというのがありまして、これは、ちょっとシャレも入ってるんですけど、(栄養)ドリンクの味を入れたんですけど、さっぱり売れませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました