ライドシェア 閣僚の間で意見相違

FXブログ
ライドシェア 閣僚の間で意見相違
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 ライドシェア 閣僚の間で意見相違

ライドシェアは 運転技術の質が担保されないのも重大な問題点です

頻繁に公共交通を利用する人にとって、低価格で利用できるライドシェアは経済的なメリットが大きいです。とくに都市住民には重宝される運送事業となるでしょう。

知っているひとは知っている、知らないひとは知らない「ライドシェア」という概念や言葉。これに加えてあいまいな「日本版」の定義(されていないのに)が加わることで、さらに複雑化した印象です。

ライドシェアは、タクシーの数が減る深夜や早朝も対応できる可能性があります。深夜や早朝は、終電を逃した人や夜勤明けの人などをターゲットに営業できるので、24時間いつでも副収入を得られるチャンスに期待できるでしょう。

ライドシェアは、運転技術の質が担保されないのも重大な問題点です。タクシーや運転代行などの事業では普通二種免許が必要となるため、ある程度の運転技術があるドライバーが運送を行います。

ただし、ライドシェアはタクシーやバスなどと共存できるという意見もあります。そのため、ライドシェアの解禁にあたって、公共交通が共存するための施策を策定することが求められるでしょう。

一方でいくつかのライドシェア事業者は、規制が少ないフードデリバリー事業にも注力。激しい競争の末、日本でもウーバー・テクノロジーズのフードデリバリーサービス「Uber Eats」が人気となるなど定着している。ただ本業のライドシェアサービスは提供できず、本領を発揮できない状況が続いている。

日本ではライドシェアが2024年4月から限定的に解禁されており、運転者はタクシー事業者に属してライドシェアに参加することが可能です。タクシー事業者がライドシェアに参入するのであれば、一般のドライバーの管理にIT点呼キーパーの活用をおすすめします。

■ アメリカでライドシェアが普及した理由アメリカではタクシー運転手について、「英語を理解しない」「運転が荒い」「道を知らない」「車がボロボロ」などと言われており、Uber、Lyftの方が車や運転手の質が高いことが、ライドシェアがいち早く普及した一つの要因だと思います。アメリカのライドシェアでは、運転手とお客の双方がアプリの中で評価されます。悪質ドライバーは、この口コミによって退場させる仕組みになっていると同時に、お客の方も迷惑をかけたり悪質な客はドライバーから拒否されます。アメリカでは、どんな人が乗っているか分からないタクシーよりも、事前にある程度の情報がとれるライドシェアの方が、安心感があるのではないかと考えます。

また、現状のタクシー事業では不足している移動の足を、地域の自家用車や一般ドライバーを活かしたライドシェアにより補うこととし、すみやかにタクシー事業者の運行管理の下での新たな仕組みを創設する。

TNCサービス型は、登録された運転者が自家用車を活用し、有償で利用者を目的地まで送り届けるライドシェアです。2012年にカルフォルニア州サンフランシスコにてスタートしたライドシェアの形態になります。アメリカや中国などで普及が進んでおり、「Uber(ウーバー)」「Lyft(リフト)」「DiDi(ディディ)」などが代表的なサービスです。

【集計総括(要点)】 •住民及び観光客等は、現在の地域公共交通サービスに「不満を感じている」と回答した首長は、全体の約95%(119人中113人)。 •国は、自治体の現状に即した「ライドシェア」の「条件変更や規制緩和を行うべき」と回答した首長は、全体の約90%(119人中106人)。 •自由記述(77件)から、現行法・制度が機能している部分と、そうではない部分が浮き彫りとなった。•意見の大半は全国各地の窮状を訴える声であり、国は、立法事実を正確に捕捉し、「ライドシェア」の条件変更や大胆な規制緩和について、可及的速やかに対応することが求められている。

先日、菅前首相はTOKYO MXのテレビ番組で「観光客の中には乗り物がなくて困っている方もたくさんいます。これは誰が考えても必要。ライドシェアは早くやるべき」と発言。

ライドシェア解禁のメリットは、利用者にとって交通手段の選択肢が増えることです。地域によっては、バスや電車が使いづらいことがあります。近い距離だと、タクシーやハイヤーの利用は敷居が高いと感じる人もいるでしょう。

株式会社トーチリレー代表取締役の神保拓也さんは、アメリカでUber、アジアでGrabなど、海外でライドシェアの配車サービスを使ってきた経験から「(日本では今)論点が安全面になっているが、実は(配車サービスは)安全で、金額が事前に分かる。乗客とドライバーの相互評価なので(お客は)評価の高いドライバーを選べ、ドライバーもお客を選べる。そういう意味では、安全性は高いと思う」と指摘。

そもそもライドシェアとタクシーは必ずしも排他的な関係ではない。海外ではライドシェアとタクシーのいずれかを選んで配車できるケースや、ライドシェアとタクシーのアプリの双方が人気を博しているケースが見られる。消費者がサービスの質に応じていずれかを選べるような仕組みをつくることで、十分共存していけるのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました