ドル・円は主に157円台で推移か、日米金利差を意識してドル売り縮小の可能性

FXブログ
ドル・円は主に157円台で推移か、日米金利差を意識してドル売り縮小の可能性

 

東京市場オープニングコメント

「ドル・円は主に157円台で推移か、日米金利差を意識してドル売り縮小の可能性」
 5月31日のドル・円は、東京市場では156円58銭から157円15銭まで反発。欧米市場では157円37銭から156円56銭まで下落したが、157円28銭で取引終了。本日6月3日のドル・円は主に157円台で推移か。日米の金利差を意識してリスク回避的なドル売りは縮小する可能性がある。
 日本国債10年利回りは1%台に上昇したが、利回りがさらに上昇した場合、リスク回避的な円買いが増える可能性がある。日本銀行は金融正常化について前向きに検討しており、日本政府はドル高円安の進行をけん制している。そのため、1ドル=158円以上では日本の為替介入が警戒されている。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)は政策金利を長期間据え置く方針を固めており、多くの投資家は当面ドルを選好するとみられる。FRBによる9月利下げの可能性は消えていないが、年内に2回の利下げが行われるかどうか微妙な状況であり、目先的にはドル高円安に振れやすい相場展開が見込まれる。

《午前8時現在》 ドル・円: 156.50円-158.00円 156円台半ば近辺でドル買い興味
         ユーロ・円: 169.70円-171.00円 169円台後半でユーロ買い興味
         豪ドル・円:103.50円-104.80円 103円台半ば近辺で豪ドル買い興味

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所大阪取引所日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は主に157円台で推移か、日米金利差を意識してドル売り縮小の可能性

ドル 円は主に157円台で推移か 日米金利差を意識してドル売り縮小の可能性

ドル円相場でのドル高圧力として働いてきた日米の金利差がじわじわと縮小している。9日の水準は3.5%ポイント程度で、4月上旬以来の小ささ。アメリカの長期金利(10年物米国債利回り)の低下と日本の長期金利上昇が同時に進んでいるためで、3日の4月雇用統計発表が変化のきっかけのひとつになったようだ。一方、このところのドル円相場では円安が急進する場面があり、日本政府の為替介入とみられる値動きを招いている。10日のドル円相場は1ドル=155円程度で推移しているが、今後も日米金利差が縮小していけば、ドル円相場の見通しが円高に傾く可能性もある。

ただ、こうした円安の動きに日本政府は神経を尖らせているようだ。29日の160円台到達の数時間後には為替介入とみられる値動きで、ドル円相場では154円台まで円高が急進。日本政府は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表された5月1日にも為替介入を行ったとみられ、4月雇用統計が発表された5月3日には151.85円まで円高が進んだ。この5日間の値幅は8円を超えている。

一方、このところのドル円相場(USD/JPY)では、円安圧力が高まる局面もあった。日本が休日だった4月29日には約34年ぶりの円安水準となる1ドル=160.03円をつけている。26日の日銀の植田和男総裁の記者会見が利上げの難しさを意識させるトーンだったことが背景にある。

10日のドル円相場は155円台で推移しており、急激に進んだ円高への反動が出ているようだ。とはいえ、米国で15日に発表される4月の消費者物価指数(CPI)で物価上昇の減速がみられるなどすれば、改めて米国の長期金利が低下する可能性もあり、2024年に入ってから続いてきた円安の見通しが円高方向に転換することも考えられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました