最低限学ぶべきテクニカル

FXブログ
最低限学ぶべきテクニカル
[紹介元] FX億トレーダーぶせなブログ 最低限学ぶべきテクニカル

最低限学ぶべきテクニカル

ファンダメンタル分析だけで勝負するのは難しいですが、個人投資家が最低限のファンダメンタルズ分析の知識を身に付けておくことが、相場予測にプラスに働くことは大いにあるからです。

必要証拠金とは、取引するのに必要な1通貨あたりの証拠金のことで、取引必要証拠金とは、取引するのに最低限必要な金額(担保金)のことです。

投資の勉強や基礎トレードの練習は、地味だし難しいと思う人も多いかと思います。やり取りしている人の中には何をどうやって勉強したら良いのかわからない…と言う方もいます。資金が減りも増えもしないという人はまだイイですが、・投資歴は長いのにプラスの年が無い…・投資での損実が千万単位…・デイをやってもダメ、スイングもダメ…・先物やったらお金失くした…とにかく何とかしようと、何かを変えようと、必死でもがいてる方とても多いです。ほんの1、2年学んだだけで資産増えるなら、みんなが億トレ!そう思いませんか?私は独学でしたので、今でも時々動画(テクニカル系)を観て学んでます。Sho’sさんや、まっつーさんの動画は丁寧で解り易いと思います。かといって、「テクニカル分析」に関する用語等最低限の事が頭に入っていないと、観ていても全部を理解するのは難しいでしょう。特にデイトレードを続けていきたいならば、テクニカルの基礎は絶対に学ぶべきだと思います。ただ、学んだからといって、必ず勝てるわけではないんですよね。「テクニカルを学ぶ」ではなく「テクニカルも学ぶ」なんですよ!そこを理解していない人が多い気がします。投資の基本的な知識や、やるべき事も並行して学ばないとダメなんですよね。

まずはFXの取引を行ううえで最低限必要な基礎知識を押さえておくことが大切です。基礎を疎かにすると、利益を出すのは難しくなってしまうでしょう。

バーチャート(またはOHLCチャート)は、一定期間の開始価格(Open)、最高価格(High)、最低価格(Low)、終了価格(Close)を示します。各バーは特定の取引期間を表し、価格の範囲と方向性をより詳細に提供します。バーチャートは、ラインチャートよりも多くの情報を提供し、トレーダーが市場の強さや弱さを評価するのに役立ちます。

また、まだマネジメントについていない若手社員は、まずビジネスマナーから身に付けるのもよいでしょう。ビジネスマナーは、社会人として必要最低限のビジネススキルです。新卒で入社した際に、ビジネスマナーを教わったという方は多いと思いますが、「教えてもらったけど、自信がない…」「忘れてしまった…」という方は、学び直したり、復習したりするのがおすすめです。

キャンドルスティックチャートは、バーチャートと同様の情報を提供しますが、色の使用により、情報の視覚的な解釈が容易になります。一般的に、上昇(強気)キャンドルは白または緑で、下降(弱気)キャンドルは黒または赤で示されます。キャンドルスティックは、開始価格と終了価格の間の「実体」と、最高価格と最低価格の範囲を示す「ワックス」で構成され、市場心理や価格変動のパターンを理解するのに非常に有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました