【テクニカル】乖離ランク=ZAR円 下落率を拡大してランク下位継続

FXブログ
【テクニカル】乖離ランク=ZAR円 下落率を拡大してランク下位継続

主要通貨 20日移動平均線かい離率ランキング

6/6 4:07時点

NZドル円  1.23%   1.178(かい離幅)

ポンド円   0.64%   1.262(かい離幅)

ユーロドル 0.30%   0.003(かい離幅)

ユーロ円  0.19%   0.320(かい離幅)

豪ドル円  -0.02%   -0.015(かい離幅)

ドル円    -0.12%   -0.180(かい離幅)

ZAR円    -2.83%   -0.240(かい離幅)

※各通貨の乖離状況を比較するため【テクニカル】記事「乖離1-3」の乖離幅から乖離率を求めた結果のランキングです。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】乖離ランク=ZAR円 下落率を拡大してランク下位継続

テクニカル 乖離ランクZAR円 下落率を拡大してランク下位継続

本稿では、マルチアーキテクチャコンパイラ開発環境-はれだす-におけるループ間依存関係の記述方法とその適用例について述べる。従来、プログラム中におけるデータ依存関係を特徴付ける方法して依存ベクトルが用いられている。しかし、この依存ベクトルは、同一ループ内あるいはループ外におけるデータ依存関係を記述するものであり、ループ間のデータ依存関係を特徴付けるための一般的な記述方法は定義されていなかった。これに対して本稿では、ループ間依存ベクトルを定義し、ループ間のデータ依存関係を記述する方法について述べる。また、ループ間依存ベクトルを用いることにより、ループ融合可能判定が従来手法に比べて容易に行えることを示し、さらに、各ループの並列性を失うことなくループを融合するためのループ間依存ベクトルの適用法について述べる。

データストリーム処理のアプリケーションには,アルゴリズム取引やネットワークパケット監視のように,大容量データストリームを低レイテンシで処理することが必要なものがある.マルチコアCPUを用いた並列処理により大容量ストリームの処理が可能であるが,オペレータごとにスレッドを割り当てると,CPUコア間通信やスレッド待機のオーバヘッドによりレイテンシが増大する.逆にスレッド数が少なすぎては並列性を生かせず,処理できるデータ量に限界が生じる.本論文では,CPUアーキテクチャやスレッド待機のオーバヘッドを考慮し,処理レイテンシを短縮するスレッド割当手法を提案する.マルチコア環境におけるデータストリーム処理のレイテンシ定義を与え,モデル上で最適なスレッド割当が求まることを示す.更に,入力ストリームのデータレート変化に応じてオペレータを再配置する際,ストリーム処理を止めずにタプル適用順序を守ってオペレータを再配置する方法を提案する.

Webの構造や利用者の情報検索・閲覧行動を総合的に理解し、応用として展開するため、Web閲覧ログデータやマイクロブログデータ等、Web情報構造とWeb利用者行動に関連する様々なデータを収集・導入し、アンケート調査とも連動させることにより、これらを統合・分析した。その結果、知りたい情報と知らせたい情報との間の乖離や、Webポータルサイトを利用することにより意図しない情報接触行動が生ずることなど、Web利用者に関する様々な知見が実証的に得られた。また、統合・分析により得られた情報に基づいて、情報推薦や情報検索等の情報アクセスを高度化するための様々な手法を研究・提案した。

「大学院生に関して、産業界など社会のニーズと大学院教育に乖離がある。」との指摘が見受けられる。農業農村に係るコンサルタントの企業として「求めるプロフェッショナル候補生像」を述べる。まず第一に「所定の大学院等の教育を受けた人材」を求めるのではなく、「将来プロフェッショナルとなりうる潜在能力」を求める。潜在能力とは主に「幅広い見識」に裏打ちされた「物事の課題を自ら見い出し、それを解決する能力」である。

本研究において目的とするモニタリングアーキテクチャは,情報基盤,社会基盤,人々の日常生活を守るためのソフトウエアの一群である.通常は独立に研究されていた研究分野を統合することにより,従来解決が困難であった問題を解決していくことを可能とする.本研究では,計算機システム,ネットワークシステム,実世界に関する統合的なスケーラブルモニタリングに関するシステム構築をおこなうことで将来の計算機システムのあるべき姿を検討した.

EM?Xは、ワード単位の細粒度通信を命令実行パイプラインでサポートする分散メモリ型の高並列計算機である。リモートメモリアクセスをスレッド処理とオーバラップすることにより通信スループットを向上させるとともに、複数のスレッドを効率良く切り替えることにより通信レイテンシにも強いアーキテクチャとなっている。これにより並列処理の適用分野の拡大を目指している。現在80プロセッサから構成されるシステムが完成し、実機による評価を行っている。その一例として、radixソートを取り上げ、並列性能の評価を行うとともに、他の並列計算機との比較を行った。この結果、細粒度通信を効率良くサポートすることにより、粗粒度通信時にみられるプロセッサ台数を増加させた場合のネットワーク混雑による性能低下を解消し、非常に高いスケーラビリティを確認できた。EM-X is a highly parallel computer with a distributed memory.It supports fine-grain communication,whose size is two-word fixed,on an instruction execution pipeline.It achieves high communication throughput by overlapping remote memory access with thread execution,and tolerates communication latency by rapid switching of threads.We developed an 80 processor system of EM-X,and are evaluating its architectural features on the system.In this paper,we execute radix sort programs to evaluate the parallel performance of EM-X and compare the results with other parallel computers.The results show that fine grain communication achieves very good scalability,while coarse grain message passing decreasethe performance on a large number of processors because of contentions on a network.

我々は現在並列計算機EM-Xに用いるシングルチッププロセッサEMC-Yの設計を進めている.EMC-YはRISCアーキテクチャを採用した演算部およびネットワークインタフェースを内蔵しており,両者を密に融合している.すでに開発したEM-4の評価に基づき,ネットワークの性能を十分に引き出すと同時に演算部の稼働率を高めるための工夫として,メモリアクセス方法の改良やパケットバッファの追加等をおこなう.新しい機能について,レジスタ転送レベルシミュレータを用いてEMC-Yの内部動作を詳しく調べることによってその効果を確かめ,より効率のよい設計パラメータを得た.

本論文では, 輪郭線抽出の精度を向上させるため, 画像をテクスチャ部分と非テクスチャ部分に分割した上で, 各領域に対して各々適した輪郭線抽出法を適用する手法を提案する.輪郭を求める最も一般的な手法は, 微分フィルタによるエッジ検出である.しかし, テクスチャ部分においては「エッジ=境界線」とはいえず, テクスチャ解析を用いなければ高い精度を得ることができない.従来研究では, 画像全体に対してエッジ検出かテクスチャ解析のいずれかの手法を用いている.これに対し本論文では, まず, 局所フラクタル次元に基づきテクスチャ部分を分離する輪郭線を抽出する.次に非テクスチャ部分に対し, 閾値を自動決定したCannyフィルタを用い輪郭線を得る.実験により, 人工画像と自然画像において提案手法の有効性が示された.

農業用ダムの維持管理のための堆砂量の予測には、比堆砂量を目的変数、堆砂影響因子を説明変数とした統計的解析による式が適用できる。本報では最新の流域データから説明変数を整備し、予測式の精度を検証した。その結果、堆砂量の増加が緩いダムでは予測値と実測値の乖離が小さく、堆砂量の増加が急なダムでは乖離が大きいことが分かった。堆砂量の急激な増加が測定可能になれば、予測式の精度は向上すると考えられる。

北海道の畑作地帯にある排水路について、護岸形式毎の構成部材の変状に着目し、材料劣化に基づく健全度指標を立案し適用性を検証した。連節ブロック型排水路ではブロックの材料劣化を評価することにより、施設全般の健全度を評価できる可能性があることが示唆された。健全度評価の質を高めるためには、材料劣化と施設変状が明らかに乖離する場合には、総合的に判断し、ランクダウン等の評価を行う必要があると考えられる。

はれだすは超並列化マルチアーキテクチャコンパイラの開発を目的とした開発環境である。本稿では、はれだすの内部表現とその上での先行評価表現方法について述べる。超並列化のための1つのアプローチとして、先行評価により既存言語中に陰に含まれる並列性を抽出する方法がある。先行評価とはプログラム中の制御依存関係を変更することにより、データ依存関係以外の先行制約関係を排除する高速化手法である。しかし、従来の先行評価では、命令レベルスケジューリングにおける並列性不足の補助手段としてしか実現されていない。はれだすでは、内部表現レベルで汎用的に先行評価を扱うことができるため、先行評価により引き出し得る並列性を有効に利用することが可能となる。本稿では、この内部表現による先行評価の表現方法について述べる。まず第2節においてはれだすの構成を述べる。続く第3節で、内部表現の構成と特徴について説明したのち、第4節で先行評価の表現方法とその操作方法について詳説する。

投機的実行(Speculative Execution)に関して,94年〜95年7月のサーベイを報告すると共に,我々が提案しているタスク間投機的実行の有効性を示す.なお,94年までの調査については,文献[2]を参照していただきたい.調査対象とした論文を表1に示し,近年の投機的実行に関する論文数の推移を図1に示す.図1に示すように,VLIWやSuperscalarが出始めた91年頃から投機的実行に関する論文が急増している.これらの研究は,(1)プログラムに内在する命令レベルの並列性調査,(2)Superscalar/VLIWでの投機的実行,(3)並列計算機での投機的実行に分類される.90年代前半は(1)に関する論文が多かったが,その後,(2)に関する論文が急増し,94-95年の論文はその中でも,分岐予測(branch prediction)と条件付実行(predicated execution)に関するものが全体の7割を占め,89-93年に多かったアーキテクチャ上の実現方法に関する論文が激減した.本報告では,現在最もホットな話題となっている分岐予測と条件付実行を中心に説明する.

ベトナム国フエ市を流れるフォーン川では、フエ大学資源環境バイオテクノロジー研究所により毎月水質観測が行われているが、流量データの入手が容易でないため負荷量の推定が難しい。ここでは、無機態窒素負荷量を、菅原4段タンクモデルによる計算流量と水質観測データとを用いて推定する手法を提案し、これを用いて、フエ市市街地からの流出が無機態窒素負荷量に与える影響を定量的に示した。

EM-Xは, ワード単位の細粒度通信を命令実行パイプラインでサポートする分散メモリ型の高並列計算機である. リモートメモリアクセスをスレッド処理とオーバラップすることにより通信スループットを向上させるとともに, 複数のスレッドを効率良く切り替えることにより通信レイテンシにも強いアーキテクチャとなっている. これにより並列処理の適用分野の拡大を目指している. 現在80プロセッサから構成されるシステムが完成し, 実機による評価を行っている. その一例として, radixソートを取り上げ, 並列性能の評価を行うとともに, 他の並列計算機との比較を行った. この結果, 細粒度通信を効率良くサポートすることにより, 粗粒度通信時にみられるプロセッサ台数を増加させた場合のネットワーク混雑による性能低下を解消し, 非常に高いスケーラビリティを確認できた.

コメント

タイトルとURLをコピーしました