【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル、金融当局者の見解を確かめながらの取引

FXブログ
【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル、金融当局者の見解を確かめながらの取引

本日のロンドン為替市場でユーロドルは、昨日「タカ派的な利下げ」と受けとめられた欧州中央銀行(ECB)の決定に対して、金融当局者がどのような見解を示すのかを確かめながらの取引になりそうだ。

 ECBは昨日、0.25%の金利引き下げを決定した定例理事会の声明で、追加利下げの可能性についてはヒントを示さなかった。ラガルド総裁も「特定の金利経路に前もって拘束されるつもりはない」と記者会見で述べ、市場が過度に金利先安観を強めないようけん制した。

 本日の当局者講演は、欧州序盤の独連銀総裁から始まり、リトアニアやオーストリアの中銀総裁、シュナーベルECB専務理事やポルトガル中銀総裁が予定されている。メインイベントである5月米雇用統計を経て、ラガルドECB総裁も発言予定。

 ECBがインフレ見通しを上方修正したこともあり、ドイツやオーストリアなどタカ派勢の口調は強まりそうだ。ハト派寄りのシムカス・リトアニア中銀総裁やセンテノ・ポルトガル中銀総裁が追加利下げに慎重な姿勢をもし見せるようだと、ユーロドルが上値余地を試すきっかけになる可能性はある。

 なお本日はフランスで、ゼレンスキー・ウクライナ大統領がマクロン仏大統領と会談する。マクロン大統領は昨日、ウクライナに仏戦闘機を供与すると述べた。ウクライナ軍兵士をフランスで受け入れ、パイロット訓練をすることも発表。北大西洋条約機構(NATO)とロシアの対立がより鮮明になるようだと、地政学リスクを懸念した動きが為替市場でも見られるかもしれない。

想定レンジ上限

・ユーロドル、3月8日高値1.0981ドル

想定レンジ下限

・ユーロドル、日足一目均衡表・基準線1.0820ドル

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル、金融当局者の見解を確かめながらの取引

見通し ロンドン為替見通しユーロドル 金融当局者の見解を確かめながらの取引

[ロンドン 19日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比) FT100種総合株価指数(ロンドン) 終値6796.71(+0.28) 前営業日終値6796.43(+60.43) 19日のロンドン株式市場は横ばいで終えた。新興国市場の混乱を受けた株価下落か らの大幅回復に一服感が出ている。 FT100種総合株価指数 終値は0.28ポイント(0.00%)高の67 96.71。 同指数は2月初旬以降およそ6%上昇し、新興国不安が発生する前の1月下旬につけ た高値にあと約1%の水準まで戻していることから、アナリストは調整局面に入っている と指摘している。 スポーツ・ディレクト は商いを伴って7.1%急伸。年末商戦期の四半期決 算が14.6%増益となったことを好感した。 食品小売りのWMモリソン は4.9%値を上げた。株式非公開化をめぐる憶 測が支援材料。

ロイターは、トムソン・ロイターのニュース・メディア部門で、毎日世界各地の数十億人にリーチする世界最大級の国際マルチメディア通信社です。デスクトップ端末、世界の報道メディア、業界イベント、そしてダイレクトにビジネス、金融、国内・国際ニュースをプロフェッショナルにお届けします。

中国から株式を大量売買して株価をつり上げたとして、証券取引等監視委員会は近く、カナダ在住の外国人投資家が代表を務める投資会社に対し、金融商品取引法違反(相場操縦)で課徴金を科すよう金融庁に勧告する方針を固めた。 関係者によると、この会社は、特定の拠点を置かずに世界各地に約3000人のスタッフを配置し、各国の市場で同様の行為を繰り返す新たな株価操縦集団とされ、日本でも約90銘柄で株価操縦を行った疑いがあるという。 勧告対象となるのは東証1部上場の製造会社など2社の株式売買。投資会社は、発注と取り消しを繰り返して取引が活発なように見せかける「見せ玉」と呼ばれる手法などで株価を意図的につり上げ、高値で売り抜けた疑いが持たれている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました