今週最大の注目材料!米5月雇用統計で日米株はどう動く!?(日米株価指数 Daily Report)2024/6/7

FXブログ
今週最大の注目材料!米5月雇用統計で日米株はどう動く!?(日米株価指数 Daily Report)2024/6/7

株式会社トレジャリー・パートナーズ社が日経平均株価と米株市場についてまとめたデイリーレポートです。

前営業日の日本株式市場の振り返り

6日の日経平均株価は反発、前日比+213.34円、+0.55%となる38,703.51円で大引け。
好調な米国株式市場の動きをうけて、日経平均株価は前日の終値より352円高い38,842円で寄り付き。勢いそのままに9:30頃に39,012円の当日高値を記録。ただその後は日銀メンバーの発言を控えてか39,000円を上値抵抗として徐々に反落、38,840円で前場クローズ。
後場は植田日銀総裁が参院財政金融委員会で答弁を実施。「金融政策の正常化を進めていく際には国債買い入れの減額が適当」との認識を示したこともあり38,694円まで売りが進む局面も見られた。その後は次第に値を戻し一時38,800円台を回復したものの、引けに掛けては再度、売りが強まり38,704円で大引け。
この日の上昇を牽引したのは半導体銘柄。前日のエヌビディアの大幅上昇を受けて、東京エレクトロンが+113.76円、アドバンテストが+53.6円、ソフトバンクグループが+25.7円、それぞれ日経平均株価を押し上げた。
その他の業種はまちまちであるが、量産に必要な認証を巡る不正があったトヨタが前日比プラスに留まったことで、銀行や商社株も全体に落ち着いた動きになった印象。
なお日経平均株価CFDは今朝6:00頃に38,656円で取引されており、7日の東京株式市場は小幅に下窓をあけてオープンしそうな状況。

前営業日の米国株式市場の振り返り

6日の米国株式市場は底堅い推移も、半導体銘柄で利食い売り優勢。

21:15にECBが3つの主要政策金利それぞれの0.25%の利下げと、パンデミック緊急支援購入プログラム(PEPP)で買入れた資産を7月以降に平均75億ユーロのペースで縮小させていくことを発表。
21:30に発表された米国新規失業保険申請件数は22.9万人とやや弱い数値。また同時刻に発表された米国非農業部門労働生産性は+0.2%、単位労働コストは+4.0%とそれぞれ悪化しており、これが米長期金利低下の流れが続いた主因になった印象であるが、総じて瞬間的な株価や為替への影響は少なかった。
米長期金利じり安の展開が追い風となり、SP500指数は前日比+5ドルの5,358ドルで寄り付き。直後に本日の高値となる5,362ドルを記録。だが翌日に5月雇用統計を控えてか利食い売りが優勢で午前のうちに5,350ドルを小幅に割り込んだ。
NY午後に入ってもしばらく売りが優勢で、日本時間の03:00頃に5,335ドルの当日安値を記録。しかしその後は買い戻しが優勢で、スタートとあまり変わらない5,353ドルで引けた。
当日は半導体銘柄で利食い売りが優勢。エヌビディアが▲1.18%と下落した他、マイクロン・テクノロジーが▲2.72%、クラルコム▲1.16%、ブロードコム▲0.84%とそれぞれ売られた。またアップルも▲0.71%下落している。
一方でアマゾンが+2.05%、テスラが+1.68%と上昇しており、半導体に利食いが入った以外では好調な推移と呼べる状況だと思う。

 ※リアルタイムのCFD価格はこちらから確認できます。

 株価指数・商品CFDチャート│はじめてのFXなら外為どっとコム

本日の注目点

①米国5月雇用統計。米国の労働市場、今後の景気を占う上で非常に重要な指標であり、今週最大の注目材料と言える。同時刻に発表されるカナダ5月の雇用統計と併せてしっかりウォッチしておきたい。

②先進各国の利下げがどのように市場に影響を与えるか?カナダに続いてユーロ圏も利下げへと転じた。今後も先進国において利下げの流れが続きそうで、これが株式市場の追い風となるか、それともクロス円の売り材料となりリスクオフを誘発するのか?継続してモニターしたい。

外為どっとコム「CFDネクスト」の魅力

外為どっとコムのCFDサービス「CFDネクスト」は、ひとつの口座で世界の株価指数や金・原油、米国株などのさまざまな商品に投資ができます。

取引手数料が無料

取引手数料が無料なので少ない保証金で取引を開始できます。
さらに銘柄によっては最大20倍のレバレッジがかけられるため、少ない保証金で効率よくお取引ができます。

ロスカット手数料は別途発生します。詳しくはこちら

「売り」から入ることもできる

「買い」だけでなく「売り」から入ることも出来るため、相場が下落して価格が下がった際にも利益を出すことができます。

「日本円」で取引できる

世界の様々な商品も、FXと同様に「日本円」のまま取引することができます。

お知らせ、キャンペーン

CFD(CFDネクスト)のご案内|はじめてのCFDなら外為どっとコム

お知らせ:FX初心者向けに12時からライブ解説を配信

外為どっとコム総合研究所の調査部に所属する外国為替市場の研究員が、FX初心者向けに平日毎日12時ごろからライブ配信を行っています。前日の振り返り、今日の相場ポイントなどをわかりやすく解説しています。YouTubeの「外為どっとコム公式FX初心者ch」でご覧いただけます。

12時からのFXライブ解説 配信チャンネルはコチラ

YouTube特別キャンペーン告知QRバナー

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 今週最大の注目材料!米5月雇用統計で日米株はどう動く!?(日米株価指数 Daily Report)2024/6/7

今週最大の注目材料米5月雇用統計で日米株はどう動く 日米株価指数 Daily

雇用統計の結果が総じて「強い」と判断されれば、市場が利下げ開始時期の予想を後退させる中でドル高が進む公算です。ただ、その場合は本邦政府・日銀による介入などで値が荒れることもあり得ます。一方、総じて「弱い」と判断される結果の場合、利下げ開始の早期化を織り込む中で、ドル円は一旦売られるでしょう。もっとも、その場合は「そうはいっても日米金利差は開いている」として、売り一巡後にはドルが改めて買われる展開となりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました