[米ドル円]156円ミドルの重み

FXブログ
[米ドル円]156円ミドルの重み
(米ドル円日足)

昨日の東京時間に中村日銀審議委員が「当面現状維持が妥当」「今のタイミングで利上げは早い」と発言。植田総裁も「2%到達には少し距離がある」と発言したことでドル円は156円38銭まで上昇。その後155円台に押し戻されたがNY市場で再度買いが強まり156円43銭まで上昇したが結局6月4日に付けた高値156円48銭には届かずに押し戻された。このレベルはフィボナッチ61.8%戻しでもあり、結果的に今後強いレジスタンスとして意識される。
今日の米雇用統計ではこれまでの雇用関連指標からみると予想よりも弱い結果が示される可能性が高い。もし予想通りであってもドルの上値は限られ、下振れリスクの方が高いとみている。

ドル円予想レンジ:156円50銭(61.8%)~154円50銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]156円ミドルの重み

156円ミドルの重み”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました