来週のドル円相場はどうなる?6/10週のイベント予定

FXブログ
来週のドル円相場はどうなる?6/10週のイベント予定

来週のドル円関連重要イベント

6月10日(月)からの一週間、ドル円関連の重要イベントは次のものが予定されています。

6/10(月):
【日本】4月国際収支・貿易収支
【日本】1-3月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)

6/11(火):
【アメリカ】米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

6/12(水):
【アメリカ】5月消費者物価指数(CPI)
【アメリカ】米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
【アメリカ】5月月次財政収支
【アメリカ】パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

6/13(木):
【日本】日銀・金融政策決定会合(1日目)
【アメリカ】5月卸売物価指数(PPI)
【アメリカ】前週分新規失業保険申請件数、継続受給者数

6/14(金):
【日本】日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
【日本】植田和男日銀総裁、定例記者会見
【アメリカ】6月ミシガン大学消費者態度指数・速報値

特に注目度が高いのは10日(月)の日本の1-3月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)、12日(水)の米5月消費者物価指数(CPI)、米FOMC終了後の政策金利発表およびパウエルFRB議長の会見、14日(金)の日銀会合後の政策金利発表および植田日銀総裁の会見です。

10日(月)には日本の1-3月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)が発表されます。
GDPはその国の経済活動の規模を示す重要指標です。10日に発表されるのは改定値であり、速報値に比べると注目度は下がりますが、速報値と大きく異なる結果となった場合は相場変動につながる可能性もあり注意が必要です。

12日(水)には米5月消費者物価指数(CPI)が発表されます。
CPIは消費者が購入する商品やサービスの価格の変動を測定したものです。
インフレの実態を見極めるのに利用され、季節的な要因で価格が変動しやすい生鮮食品を除いた「コア指数」が特に注目されます。米FRBが金融政策を決定する上でも重視するとされるため、ドル円相場を見通す上で重要度の高い指標です。

12日(日本時間13日未明)には米FOMC終了後の政策金利発表およびパウエルFRB議長の会見も行われます。
このところ米景気の減速を示すデータが目立っていることからFRBの利下げ開始が意識される中、今回の会合で利下げ開始時期に関する手がかりが示されるか注目されます。

14日(金)の日銀会合終了後に政策金利の発表、その後植田日銀総裁の会見が行われます。
今週、今回の会合で長期国債の買い入れ減額について議論が行われるとの報道が伝わり、日銀の政策修正が意識されて一時円を買う動きが強まりました。
しかしその後、日銀会合メンバーの一人である中村審議委員による「当面は現状の政策維持が妥当」との発言が伝わったことで今回の会合で現状維持が決定されるとの見方も強まり、日銀の金融政策の先行きについて市場の見方は分かれています。

来週は米CPIに日米の政策金利発表と、重要イベントが目白押しとなっています。
米FRBや日銀が政策転換の動きを示せば、日米の金融政策の違いを背景に進んできた円安ドル高トレンドに変化が出る可能性があり、予断を許さない一週間となりそうです。

 

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 来週のドル円相場はどうなる?6/10週のイベント予定

来週のドル円相場はどうなる6 10週のイベント予定

弊社は、前述の日米金融政策の見通しを踏まえ、2024年の米10年国債利回りは緩やかに低下し、3月末の着地は3.8%、6月末は3.7%、9月末は3.6%、12月末は3.5%を予想しています。これに対し、日本の10年国債利回りはマイナス金利解除への警戒と米国などの長期金利低下の影響により、一進一退が続き、3月末と6月末の着地は0.70%、9月末と12月末は0.65%を見込んでいます。

OANDA証券では、高機能取引プラットフォーム「MT4/MT5」での取引が可能です。 100種類以上のインジケーターや自作EAなどを使い取引が行え、その自由なカスタマイズ性は世界中の投資家から人気を集めています。

なお、弊社は米利下げについて、現時点で2025年も四半期毎に25bpの利下げ継続を想定しており、また、米景気減速が明確に確認されれば2024年1-3月期の利下げ開始も考えられるため、米10年国債利回りの低下ペースが速まることは考慮しておく必要があると思われます。そのため、2024年12月末に米10年国債利回りが3%程度、ドル円が130円程度で着地しても、それほど違和感はありません。

先週末8日早朝の豪ドル円は、103.20付近で越週。

5/22発表の英4月CPIが市場予想を上回ったことから8月もしくは9月に開始されると見込まれる英中銀の利下げが年1回に留まるとの観測が下値支援となり、米長期金利が低下した5/28には3/21以来の1.2801ドルまで上昇。また、ポンド円も5/27に200円43銭へ上昇して以降も堅調な値動きを続け、5/29には4/29の200円55銭を上回り2008年8月以来の200円80銭まで上昇。しかし、5/28-29にかけての米2年債/5年債/7年債入札がいずれも低調に終わり米長期金利が上昇したことから、5/29のNY市場終盤にかけて1.2699ドルへ下落した流れを受けて5/30には1.2681ドルへ下落したほか、ドル円が156円38銭まで下落した円買いとともにポンド円も一時198円76銭へ反落。その後、5/31には日銀の6月国債買い入れオペ方針が前月から据え置かれたことで、国債買い入れ減額への思惑が後退した円売りや、米4月PCEコアデフレーターなどの指標を受けて対ドルで1.2766ドルへ反発したほか、ドル円が157円台前半へ上昇したことからポンド円も200円51銭へ反発し1.2742ドル、200円42銭で取引を終えました。今週は英国発の主要経済指標に目立った材料がないものの、英中銀の利下げ後ずれ観測が対ドル、対円での下値支援につながる中、利下げが確実視されるECB理事会でのインフレ/金融政策見通しを受けた対ユーロでの反応に注目。また、米5月ISM製造業景気指数や5月雇用統計を受けて6/11-12のFOMCでの先々の政策金利見通しや、インフレ見通しが3月時点からどのような変化が見られるかとの思惑と合わせて、対ドルでは5/28の1.2801ドルを上抜け3/8の1.2894ドルを目指す展開となるのか、あるいは4/24の1.2677ドルを目指すことになるか注目されます。こうした中でポンド円は5/29の200円80銭を上回り2008年8月以来の201円台へと一段高となるか、5/30の198円76銭を下抜け5/3の191円37銭を安値に続く上昇基調が頭打ちとなり下落へと転換するのか、来週に金融政策会合を控えた日米債券市場の動向を中心としたドル円の動向と合わせて注目されます。

5/24の103円86銭を安値に5/28にはNZドル円が連日で2007年7月以来の水準へ上昇したことや、米長期金利の低下を受けた対ドルでの上昇とともに104円62銭へ上伸。さらに、5/29発表の4月CPIが市場予想を上回ったことから、豪中銀の10-12月期の利下げ開始観測の後退とともに4/29以来の104円86銭まで上昇。しかし、5/30には米長期金利の上昇を受けてNYダウが3日続落し、節目の38,000ドルまで下落したリスク回避を背景にドル円が156円38銭へ下落したことに伴い、103円36銭へ反落。その後、5/31には日経平均株価やNYダウが4日ぶりに反発したリスク選好を好感し、104円69銭へ反発し104円64銭で取引を終えました。4/29の104円94銭を前に足踏み状態が続く中、この水準を上抜けた場合、2013年4/11の高値(105円43銭)を目指すと見込まれる一方、来週6/13-14の日銀金融政策決定会合を前に、先週1.100%へ上昇した本邦債券市場で買い手不在が続けば新発10年債利回りが一段と上昇し、円買いも想定され5/30の103円36銭を下回るか上値/下値メドとして注目。そのため、1)6/5発表の1-3月期GDPを受けた豪中銀の先行きの金融政策を巡る思惑 2)6/7発表の米5月雇用統計を受けたドル円の反応や6/11-12のFOMCを巡る年後半以降の金融政策を巡る思惑を背景にした対ドルの反応も合わせて、上昇基調を継続するか注目されます。

2024年中に日銀が利上げに踏み切れば、ドル円は年末120円台も見込まれますが、日銀の利上げは弊社のメインシナリオではありません。なお、ドル円の年間の値幅に目を向けると、米利上げ開始の2022年以降、顕著に拡大していますが(図表2)、2024年は利下げに転じることで縮小に向かう動きが見込まれます。ただ、2024年10-12月期は、米大統領選挙が波乱要因となり得るため、ボラティリティ(変動率)の急上昇には注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました