「超熟」混入 今も生産ライン停止

「超熟」混入 今も生産ライン停止
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 「超熟」混入 今も生産ライン停止

超熟 混入 今も生産ライン停止

スーパーやコンビニでお馴染みのパスコ(Pasco)の看板商品『超熟』に「ネズミの一部が混入」するという衝撃的な事態が発覚した。製造工場で何が起きていたのか。東京都昭島市の市街地。大小の工場や商業施設、マンションが建ち並ぶ一角で、騒動の発端となった工場は周囲にパンの香ばしい匂いを漂わせ、今も稼働していた──。

これも、敷島製パンの「超熟山型スライス」に対して不安を抱いているお客さま(消費者)を安心させる材料です。

回収するのは「超熟山型5枚スライス」と「超熟山型6枚スライス」で、3日に同社パスコ東京多摩工場(東京都昭島市)で製造し、消費期限が7~11日の商品。

敷島製パンは、創業100年を超える同族企業で、創業家の盛田家はソニーの盛田昭夫氏の一族と親戚筋にあたる。『超熟』シリーズは「食パンシェアNo1ブランド」を謳う同社の看板商品だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました