[ユーロ米ドル]レンジ相場入り

[ユーロ米ドル]レンジ相場入り
(ユーロ米ドル日足)



先週のECB理事会では4年9カ月ぶりに利下げを実施したが今年と来年のインフレ予想を引き上げたことで追加利下げは慎重になるとの見方もありユーロは上昇。しかし1.09付近で上値が抑えられた。6月4日の高値1.0915には届かずに結局週末の米雇用統計の強い結果を受け1.08ドル付近まで下げて引けている。
今週のFOMC会合で早期の利下げ観測が後退するようならユーロは一段の下値を探る展開が予想される。ただ、ECBの追加利下げ観測も燻るなかで下値も限られる。
先週1.09ドル付近で強いレジスタンスを確認したが、下値も61.8%戻しとなる1.0720付近は強いサポートとして意識されている。
FOMCのビッグイベントを通過してもこの下限を割り込めないようなら当面ボリンジャーバンド内でのレンジ相場に入る可能性が高い。

ユーロドル予想レンジ:1.0920(BB上限)~1.0760(50%、BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]レンジ相場入り

レンジ相場入り”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました