今週のFXテクニカル分析見通し 2024/06/10〜06/14 米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。パウエルFRB議長会見で利下げの後ずれが意識されればドル買い・円売り加速か

FXブログ
今週のFXテクニカル分析見通し 2024/06/10〜06/14 米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。パウエルFRB議長会見で利下げの後ずれが意識されればドル買い・円売り加速か

▼USD/JPY 米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。パウエルFRB議長会見で利下げの後ずれが意識されればドル買い・円売り加速か。予想レンジは151.870〜161.646
▼EUR/USD 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.0706〜1.0899
▼EUR/JPY 高値圏で反落。基本はユーロ高円安。トレンドの確認が必要。予想レンジは164.927〜173.739
▼AUD/JPY +2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは100.379〜105.937
▼GBP/JPY +2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは193.707〜205.157
▼ZAR/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.018〜8.566
▼TRY/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは4.743〜4.911
▼MXN/JPY 長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.185〜8.849

  1. USD/JPY
    1. USD/JPY 週足の見通し:米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。パウエルFRB議長会見で利下げの後ずれが意識されればドル買い・円売り加速か。予想レンジは151.870〜161.646
    2. USD/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯
    3. USD/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント
      1. メインシナリオ(日足チャートでの分析)
      2. リスクシナリオ(日足チャートでの分析)
  2. EUR/USD
    1. EUR/USD 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.0706〜1.0899
    2. EUR/USD 日足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. EUR/USD サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント
      1. メインシナリオ(日足チャートでの分析)
      2. リスクシナリオ(日足チャートでの分析)
  3. EUR/JPY
    1. EUR/JPY 週足の見通し:高値圏で反落。基本はユーロ高円安。トレンドの確認が必要。予想レンジは164.927〜173.739
    2. EUR/JPY 日足の見通し:MACDがシグナルをデッドクロス。下落に注意
    3. EUR/JPY サマリー
  4. AUD/JPY
    1. AUD/JPY 週足の見通し:+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは100.379〜105.937
    2. AUD/JPY 日足の見通し:+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
    3. AUD/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント
      1. メインシナリオ(日足チャートでの分析)
      2. リスクシナリオ(日足チャートでの分析)
  5. GBP/JPY
    1. GBP/JPY 週足の見通し:+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは193.707〜205.157
    2. GBP/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をサポートに反発
    3. GBP/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント
      1. メインシナリオ(日足チャートでの分析)
      2. リスクシナリオ(日足チャートでの分析)
  6. ZAR/JPY
    1. ZAR/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.018〜8.566
    2. ZAR/JPY 日足の見通し:中期移動平均線を一度デッドクロス。売りサイン点灯
    3. ZAR/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント
      1. メインシナリオ(日足チャートでの分析)
      2. リスクシナリオ(日足チャートでの分析)
  7. TRY/JPY
    1. TRY/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは4.743〜4.911
    2. TRY/JPY 日足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
    3. TRY/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント
      1. メインシナリオ(日足チャートでの分析)
      2. リスクシナリオ(日足チャートでの分析)
  8. MXN/JPY
    1. MXN/JPY 週足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.185〜8.849
    2. MXN/JPY 日足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. MXN/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント
      1. メインシナリオ(日足チャートでの分析)
      2. リスクシナリオ(日足チャートでの分析)
  9. 今週のFXテクニカル分析見通し 2024 06

USD/JPY

USD/JPY 週足の見通し:米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。パウエルFRB議長会見で利下げの後ずれが意識されればドル買い・円売り加速か。予想レンジは151.870〜161.646

USD/JPY 週足の見通し

USD/JPY 週足の見通し

 

・長期的に下落基調だったが2021年1月よりバイデン政権になって反発
・2022年3月米FOMCにて米国政策金利利上げ決定。ドル高トレンド加速
・2022年9月22日 日銀24年ぶり円買い介入
・先週のドル円週足:ISM製造業景況指数のさえない結果で下落したものの米雇用統計の市場予想を上回る結果で反発
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):4.888円、4888pips
・変動係数(平均値に対する標準偏差の割合):3.25%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):151.870〜161.646

USD/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯

USD/JPY 日足の見通し

USD/JPY 日足の見通し

 

・先週のドル円日足:短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯
・今週の予想:上昇

USD/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント

・米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。パウエルFRB議長会見で利下げの後ずれが意識されればドル買い・円売り加速か。予想レンジは151.870〜161.646
・変動係数(平均値に対する標準偏差の割合):3.25%

メインシナリオ(日足チャートでの分析)

・エントリーポイント:+1σラインを再度上抜けるタイミングで買いエントリー
・エグジットポイント:+2σラインとのゴールデンクロス

リスクシナリオ(日足チャートでの分析)

・撤退ポイント:短期移動平均線とのデッドクロス

EUR/USD

EUR/USD 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.0706〜1.0899

EUR/USD 週足の見通し

EUR/USD 週足の見通し

 

・世界の外国為替市場で取引量世界2位のユーロ。ドイツの経済指標で相場が変動。周辺国である中東・東欧・アフリカで有事が起こった際には売りが出る傾向がある
・2021年半ばよりドル高ユーロ安トレンドだったが2022年9月より反発
・先週のユーロドル週足:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):0.00961米ドル、961pips
・変動係数(σ(26)/平均値):0.89%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):1.07063〜1.08985

EUR/USD 日足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

EUR/USD 日足の見通し

EUR/USD 日足の見通し

 

・先週のユーロドル日足:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週の予想:下落

EUR/USD サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント

・短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.071〜1.090
・変動係数(σ(26)/平均値):0.89%

メインシナリオ(日足チャートでの分析)

・エントリーポイント:−1σラインを再度下抜けるタイミングで売りエントリー
・エグジットポイント:−2σラインとのデッドクロス

リスクシナリオ(日足チャートでの分析)

・撤退ポイント:短期移動平均線とのゴールデンクロス

EUR/JPY

EUR/JPY 週足の見通し:高値圏で反落。基本はユーロ高円安。トレンドの確認が必要。予想レンジは164.927〜173.739

EUR/JPY 週足の見通し

EUR/JPY 週足の見通し

 

・取引量世界2位のユーロ、3位の日本円による通貨ペア。EURUSDとUSDJPYのそれぞれの通貨ペアのトレンドの把握が大切
・コロナ禍対応の金融緩和政策の出口が模索されつつあり、3本の移動平均線は上昇トレンドの兆しを示す
・先週のユーロ円週足:高値圏で反落。基本はユーロ高円安。トレンドの確認が必要
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):4.406円、4406pips
・変動係数(σ(26)/平均値):2.7%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):164.927〜173.739

EUR/JPY 日足の見通し:MACDがシグナルをデッドクロス。下落に注意

EUR/JPY 日足の見通し

EUR/JPY 日足の見通し

 

・先週のユーロ円日足:MACDがシグナルをデッドクロス。下落に注意
・今週の予想:3本の移動平均線は強気のパーフェクトオーダーだが下落のリスクあり

EUR/JPY サマリー

・高値圏で反落。基本はユーロ高円安。トレンドの確認が必要。予想レンジは164.927〜173.739
・変動係数(σ(26)/平均値):2.7%

 

AUD/JPY

AUD/JPY 週足の見通し:+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは100.379〜105.937

AUD/JPY 週足の見通し

AUD/JPY 週足の見通し

 

・オーストラリアは世界有数の資源国。輸出品目は1位から鉄鉱石、石炭、天然ガス。輸出相手は1位から中国、日本、韓国
・そのため、中国の鉱工業生産指数や小売売上高にも注目
・先週の豪ドル円週足:+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):2.779円、2779pips
・変動係数(σ(26)/平均値):2.8%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):100.379〜105.937

AUD/JPY 日足の見通し:+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯

AUD/JPY 日足の見通し

AUD/JPY 日足の見通し

 

・先週の豪ドル円日足:+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週の予想:下落

AUD/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント

・+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは100.379〜105.937
・変動係数(σ(26)/平均値):2.8%

メインシナリオ(日足チャートでの分析)

・エントリーポイント:短期移動平均線を再度下抜けるタイミングで売りエントリー
・エグジットポイント:−1σラインとのデッドクロス

リスクシナリオ(日足チャートでの分析)

・撤退ポイント:+1σラインとのゴールデンクロス

GBP/JPY

GBP/JPY 週足の見通し:+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは193.707〜205.157

GBP/JPY 週足の見通し

GBP/JPY 週足の見通し

 

・イギリスの通貨であるポンドは第二次世界大戦前は基軸通貨として流通しており、現在も世界第4位の取引量のメジャー通貨。
・ドルやユーロに比べれば取引量が少ないため投機の対象になりやすくボラティリティ(変動幅)が大きいという特徴を持つ。
・先週のポンド円週足:+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):5.725円、5725.pips
・変動係数(σ(26)/平均値):3.01%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):193.707〜205.157

GBP/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をサポートに反発

GBP/JPY 日足の見通し

GBP/JPY 日足の見通し

 

・先週のポンド円日足:短期移動平均線をサポートに反発
・今週の予想:上昇

GBP/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント

・+2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは193.707〜205.157
・変動係数(σ(26)/平均値):3.01%

メインシナリオ(日足チャートでの分析)

・エントリーポイント:+1σラインを再度上抜けるタイミングで買いエントリー
・エグジットポイント:+2σラインとのゴールデンクロス

リスクシナリオ(日足チャートでの分析)

・撤退ポイント:短期移動平均線とのデッドクロス

ZAR/JPY

ZAR/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.018〜8.566

ZAR/JPY 週足の見通し

ZAR/JPY 週足の見通し

 

・南アフリカ共和国は金やプラチナ、ダイヤモンドが算出する資源国。南アフリカ中銀は消費者物価指数を調整するために高い政策金利を設定。
・2020年3月15日の米国政策金利利下げ時点から上昇トレンド
・先週の南アランド円週足:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):0.274円、274pips
・変動係数(σ(26)/平均値):3.42%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):8.018〜8.566

ZAR/JPY 日足の見通し:中期移動平均線を一度デッドクロス。売りサイン点灯

ZAR/JPY 日足の見通し

ZAR/JPY 日足の見通し

 

・先週の南アランド円日足:中期移動平均線を一度デッドクロス。売りサイン点灯
・今週の予想:下落

ZAR/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント

・短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.018〜8.566
・変動係数(σ(26)/平均値):3.42%

メインシナリオ(日足チャートでの分析)

・エントリーポイント:−1σラインを再度下抜けるタイミングで売りエントリー
・エグジットポイント:−2σラインとのデッドクロス

リスクシナリオ(日足チャートでの分析)

・撤退ポイント:短期移動平均線とのゴールデンクロス

TRY/JPY

TRY/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは4.743〜4.911

TRY/JPY 週足の見通し

TRY/JPY 週足の見通し

 

・トルコは若年層の労働者人口が増加中で、長期的な経済成長が期待
・エルドアン大統領はリラ安政策を継続しておりTRY/JPYは長期的な下落トレンド継続中
・先週のトルコリラ円週足:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):0.084円、84pips
・変動係数(σ(26)/平均値):1.75%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):4.743〜4.911

TRY/JPY 日足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯

TRY/JPY 日足の見通し

TRY/JPY 日足の見通し

 

・先週のトルコリラ円日足:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週の予想:下落

TRY/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント

・短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは4.743〜4.911
・変動係数(σ(26)/平均値):1.75%

メインシナリオ(日足チャートでの分析)

・エントリーポイント:短期移動平均線を再度下抜けるタイミングで売りエントリー
・エグジットポイント:−1σラインとのデッドクロス

リスクシナリオ(日足チャートでの分析)

・撤退ポイント:+1σラインとのゴールデンクロス

MXN/JPY

MXN/JPY 週足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.185〜8.849

MXN/JPY 週足の見通し

MXN/JPY 週足の見通し

 

・石油や天然ガス、銀などの鉱物資源が産出されるのでメキシコペソは資源国通貨。最大の貿易相手国であるアメリカとの関係が材料に。
・2020年3月15日の米国政策金利利下げ時点から上昇トレンド
・先週のメキシコペソ円週足:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26):0.332円、332pips
・変動係数(σ(26)/平均値):3.74%
・今週の予想レンジ(終値±σ(26)):8.185〜8.849

MXN/JPY 日足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

MXN/JPY 日足の見通し

MXN/JPY 日足の見通し

 

・先週のメキシコペソ円日足:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週の予想:下落

MXN/JPY サマリー:エントリーポイントとエグジットポイント

・長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは8.185〜8.849
・変動係数(σ(26)/平均値):3.74%

メインシナリオ(日足チャートでの分析)

・エントリーポイント:−2σラインを再度下抜けるタイミングで売りエントリー
・エグジットポイント:−3σラインとのデッドクロス

リスクシナリオ(日足チャートでの分析)

・撤退ポイント:−1σラインとのゴールデンクロス

 

※外為どっとコムのFX口座「外貨ネクストネオ」よりチャートを参照しています。

 

岩田仙吉(いわたせんきち)氏
株式会社タートルズ代表/テクニカルアナリスト
2004年、東京工業大学から一橋大学へ編入学。専門は数理経済学。卒業後、FX会社のシステムトレードプロジェクトのリーダーになり、プラットフォーム開発および自動売買プログラムの開発に従事。その後、金融系ベンチャーの立ち上げに参画。より多くの人に金融のことを知ってほしいと思い金融教育コンテンツの制作に集中するために会社を創業。現在は、ハイリスク・ハイリターンの投資手法ではなく、初心者でも長く続けられるリスクを抑えた投資手法を研究中。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 今週のFXテクニカル分析見通し 2024/06/10〜06/14 米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。パウエルFRB議長会見で利下げの後ずれが意識されればドル買い・円売り加速か

今週のFXテクニカル分析見通し 2024 06

まず、上昇の展開について考えてみます。 米国金利の利下げが見込まれており、専門家は遅くとも来年(2024年)には利下げが開始されると予測しています。 通常、金利が下がれば、金価格は上昇する傾向にあります。 米国の金利が下げ始めるのであれば、金価格は上昇していくと考えられます。

次に下落の可能性について考えてみます。 2023年は史上最高値をつけており、短期的には買われすぎている状態とも言えます。 大口投資家の利益確定による売り注文が執行される可能性もあり、これにより一時的に下落が発生する可能性もあります。 さらに、この売りによって別の投資家たちの売りも誘発させてしまい、一時的な急落も考えられます。

世界各国のロシアに対する経済制裁強化により、ロシア産エネルギー資源禁輸の懸念が資源価格上昇を引き起こし、電力といった我々にも身近なところで影響が現れつつあります。オーストラリアは液化天然ガス(LNG)の輸出シェアが産油国カタールを押さえ第1位(2021年度)であり、世界情勢がより一層の“脱ロシア”へと加速した場合、ロシアに代わる新たな調達先としてのニーズを満たすかもしれません。

その後の2023年には、ロシアウクライナ問題や世界的なインフレによる影響で、2020年につけた高値をさらに更新しました。

豪ドルの上値余地を探る上では、RBAによる金融政策の動向が最大の焦点となりそうです。RBAは2020年11月に政策金利を同国史上最低値となる0.10%に引き下げましたが、2022年5月の会合で利上げに踏み切りました。2023年4月の会合で利上げを停止したことで、10会合に及んだ連続利上げがストップしたものの、翌5月にはインフレの上振れリスクなどを理由に利上げを再開、予想外の決定でマーケットを驚かせました。現在は金利を据え置いていますが、声明では今後更なる引き締めの可能性に含みを持たせており、インフレや経済動向を注視していきたいです。また、2023年9月からはロウRBA総裁の任期満了に伴い、現在副総裁を務めるミシェル・ブロック氏が新総裁に就任予定です。RBA初の女性総裁で任期は7年間となり、スタンスや舵取りの行方に注目が集まります。

2015年以降の金価格は、一定の価格で変動するレンジ相場でしたが、2019年に発生した新型コロナウイルスの影響を受けて再度上昇しました。 この上昇により、2011年につけた高値を更新しました。

コモディティ価格の上昇による貿易黒字は中国需要に依るところが大きいため、中国国内の経済動向や豪中関係の政治的変化にも気を配る必要があります。現在の中国経済ですが、その足元は今まさに正念場を迎えているといっても過言ではないでしょう。2020年のコロナショック以降、初期段階では迅速なロックダウン(都市封鎖)やワクチン接種の進展から早期の経済立て直しに期待がかかりました。ただ、2022年には「ゼロコロナ政策」の元、上海など主要都市を含む大規模な封鎖措置によって景気後退懸念が広がりました。足元では、不動産市場の低迷など新たな懸念材料が出ており、徐々に影響が表面化してくる可能性は否定できません。一方で、景気底入れのため機動的に利下げ対応なども行っているほか、見通しを大きく曇らせてきた「ゼロコロナ政策」が2023年2月に遂に終了した今、今後の経済動向にも目を向けてみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました