「中堅は給料減」大手企業の事情

「中堅は給料減」大手企業の事情
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 「中堅は給料減」大手企業の事情

中堅は給料減 大手企業の事情

2024年に入り、春闘が本格化すると、大手企業を中心に続々と賃上げを発表します。

日本企業からの需要が引きも切らず、有数の高年収で知られるコンサルティング業界。大手外資系ファームを中心に、近年展開されてきた「給与引き上げ合戦」の様相には一服感が出てきた。一方、直近では国内の独立系新興ファームの間で、一番下のクラスでも「年収2000万円」という異例の好待遇で採用される例が頻発している。

このことは中堅社員の方が経験もスキルもあるにもかかわらず、絶対数として少ない若手社員の労働力の希少性に対して報酬が払われていることの表れともいえるのかもしれません。

さらに同年12月には、小売業会大手の「イオン」が、正社員の賃上げに加え、パートなど対象に時給を平均で約7%引き上げる方針を示しました。

2023年10月、生命保険大手の「明治安田生命」が、2023年4月より全国約1万人の内勤職員の賃金を年収ベースで7%引き上げるとの決定を下すと、同年11月には、作業服大手の「ワークマン」も、同じく2024年の4月より、社員とパート社員の賃金を平均で5.1%引き上げることを発表しました。

賃上げに騙されるな!大手企業「本当の給料」と「出世の事情」が徹底取材で判明!

コメント

タイトルとURLをコピーしました