グリコ 一部商品の出荷再開へ

FXブログ
グリコ 一部商品の出荷再開へ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 グリコ 一部商品の出荷再開へ

グリコ 一部商品の出荷再開へ

「江崎グリコ」は、流通などを管理する基幹システムの障害でことし4月から冷蔵商品の出荷を停止していましたが、システムの改修作業を進めた結果、今月(6月)25日以降、一部の商品から順次、出荷を再開すると発表しました。江崎グリコでは、ことし4月に商品の流通などを管理する基幹システムの切り替えに伴って障害が発生し、▼「プッチンプリン」や「カフェオーレ」など、自社の冷蔵商品のすべてにあたる82品目と、▼「キリンビバレッジ」から販売を受託している「トロピカーナ」など、37品目の出荷を停止しています。 会社がシステムの改修を進めた結果、11日、▽「アーモンド効果」や▽「グリコ牛乳」など自社商品の25品目と、▽「トロピカーナ」など、キリンビバレッジから受託している28品目について、今月25日以降、順次、出荷を再開すると発表しました。 ▽「プッチンプリン」などほかの商品については、準備が整いしだい、出荷を再開するとしています。 江崎グリコは「多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることを深くおわび申し上げます。今後の経過を見ながら出荷を再開する品目を拡大することにしており、今回、再開を発表できていない主力商品についてはめどが立ちしだい、改めてお知らせします」とコメントしています。

スーパーなど店舗の棚に全くない状態から出荷を再開、となると、大量発注などが見込まれるといいます。そのため再開にあたってグリコは、利用客や取引先に迷惑をかけぬよう『安定供給』可能な商品を優先したということです。 同社によりますと具体的な商品として▼「アーモンド効果」は賞味期限が200日以上で、在庫を多く持てることで、欠品リスクに対応できるなどの理由。 ▼「牛乳」に関しては4月~6月の間も、学校や施設など概ね個数が決まっている給食向けなどに出荷を続けてこれた、などの理由。 こうした点を踏まえながら、再開する商品を選定したということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました