帽子なしOK 変化するバス運転手

FXブログ
帽子なしOK 変化するバス運転手
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 帽子なしOK 変化するバス運転手

帽子なしOK 変化するバス運転手

暑さに慣れていないこの時期は梅雨の晴れ間なども特に熱中症への対策が必要です。主な対策をまとめてみました。1:水分をこまめにとる 2:塩分をほどよくとる 3:エアコンなどで室内を涼しくする 4:帽子や日傘で日差しをよける 5:気温や湿度を気にする 6:冷却グッズを身につける などです。暑くて湿度が高い日は室内でも油断しないで、こうした対策を講じることが大切です。

西日本鉄道は24日、グループのバス運転手に対し、夏場の6~9月は、暑さ対策で帽子を着用しないことを認めると発表した。処遇の改善で人手の確保にもつなげたい考えだ。回送時は昨年10月から着用を任意としていたが乗客を乗せて走る場合は義務だった。利用者が多いバス停で人員整理に携わる係員も対象となる。

路線バス運転手のトレードマークである「制服」に静かな変化が生じている。制帽を廃止し、毎年厳しさを増す夏の暑さに対応してクールビズが定着している。ネクタイと帽子をしっかりと着用した姿だけがバスドライバーではなくなってきているようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました