<06月11日>、明日のFOMC待ちも次に日銀もある

FXブログ
<06月11日>、明日のFOMC待ちも次に日銀もある
<06月11日>

P&Fでは~
ユーロドルが下に3枠転換。

日足P&Fの状況:(06月10日)~(06月14日)>に追記しました。

欧州でEU懐疑派の躍進でフランス下院議会の解散となりユーロ売りの様相です。

~昨日の感想
ということで、ユーロドルなど軟調です。
しばらくはユーロの上値が重たくなりそうですね。
ユーロポンドなんかはP&Fのショートサインに従っておけばよかった。
ユーロをショートにと考えても、米国CPIなんかが弱かったらダメ出し・・・
介入でやられてからトレードが弱気です。
正直、上手く行かないときはおとなしくしてるのが最善ではあります。
とりあえずは明日のFOMC&パウエルさん。
その次に日銀&植田総裁です。

~指標的には
英国雇用などあります。

~チャート的には
ユーロドルが雲に入り、昨日は陰線のヒゲが雲の下でサポートされたかたちです。

~試したいのは
FOMCと日銀とこなさないと動けません。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <06月11日>、明日のFOMC待ちも次に日銀もある

06月11日 明日のFOMC待ちも次に日銀もある

ただ、前日の高値156.48円が目先レジスタンスとして意識されると次第に上値が重くなった。明日の米雇用統計を前に様子見ムードも広がる中、4時30分過ぎには155.48円付近まで下押しした。米10年債利回りが上昇幅を縮めたことも相場の重し。

もっとも、明日7日に5月米雇用統計の発表を控えており、ユーロ買いの勢いは長続きしなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました