ドル/円はRCIで買われ過ぎ!「円安反転」のきっかけ待ちの中、今夜は米CPIとFOMC 【ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー】

FXブログ
ドル/円はRCIで買われ過ぎ!「円安反転」のきっかけ待ちの中、今夜は米CPIとFOMC 【ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー】
 

FXトレードストラテジー

個人投資家として活躍するひろぴー氏が、独自の最新マーケット分析を毎週公開します。現在のFXマーケットを取り巻く情報の整理をする際、また短期間の FXトレード戦略を考える際に、お役立てください。

作成日時:2024年6月12日14時
執筆:CXRエンジニアリング株式会社 代表取締役 ひろぴー

今夜はCPI、そしてFOMCと続きます。 
相変わらず米国のCPIは低迷しませんが、5月の経済指標は全体的に悪化傾向だったことから、CPIの低迷もそろそろ始まるかもしれません。 
先週金曜日の雇用統計は驚くほど強い結果となりドルが買われましたが、詳細を見てみるとパートタイムの雇用が大きく続伸しフルタイム雇用は減少傾向にあることがわかりました。 
移民系や低所得者層の失業率の悪化が目立っていた状況です。 
景気後退の狭間では、良い指標と悪い指標が交互に出てマーケットが一喜一憂しやすい局面でもあります。トレーダーとしてはかなり難しいフェーズであることは間違いありませんので口座残高やロットを抑えてトレードし、明らかなトレンド反転局面で資金を張れる準備をしておいた方が得策でしょう。 
今夜は正直出たとこ勝負だと思いますが、中長期的なトレンドは低下傾向ですので、CPIの低迷に期待をしたトレード前提にお話をします。 

ドル/円、年初から続く上昇トレンドラインはいつブレイクするのか?

出所:TradingView

まずはドル/円日足チャートです、年初からトレンドラインを破ることなく半年近くも上昇トレンドが続きました。 
この反転相場がいつやってくるか、見極める展開でしょうか? 
トレンドラインを下回ってきた場合、目先の安値が意識されるでしょう。 
5月につけた152.00円が日足・週足レベルでの大きなサポートラインですので、この水準を目指すのではないかと予想します。 
CPIの低下が目に見えてきますと、パウエル議長の発言もより強気なハト派になると考えます。 
もし仮にCPIが低迷した場合、夜中のFOMCは大注目となるでしょう。そして金曜日は日銀へとバトンタッチとなっていきます。 
RCI52(橙)は、3月から現在まで大きくダイバージェンス状態です。 
RCI的にはもうパンパンに買われすぎ状態が続いている状況ですので、あとはきっかけ待ちではないかと予想します。 

高金利維持はNZDだけか?

出所:TradingView

主要先進国通貨の中で、高金利維持を表明しているのはニュージーランドだけです。 
先日のRBNZでの予測では、利下げは来年の後半を見込んだレポートを発信しています。 
今夜のFOMC次第ではNZドル/米ドルのトレードに面白いことが起こるかもしれないと期待しています。 
2021年から続いた下落トレンドラインも5点止めを喰らっている最中です。結果次第では、ブレイク濃厚でしょうか? 
先週つけた高値は、上値をレジスタンスポイントとして意識されるでしょう。 
上抜けてくると反発に弾みがつきそうです。RCI52はミドルラインを抜けてきており、長期上昇を示唆してます。チャートを見てみると2023年のRCI52は、ミドルラインブレイク失敗に終わっています。 
今回の再トライは期待しても良いかもしれません。米国がハト派になるのも時間の問題と考えており、ニュージーランドと金融政策の方針が大きく変わってきます。長らく下落トレンドが続いておりましたが、目先0.65に向けて上昇トレンド開始の可能性があると考えます。 
個人的には今月より、中長期トレードにてNZドル/米ドルのロングを開始しており、今夜のCPI次第ではより強気のポジションを増やしていく予定です。 
ユーロとカナダ、スイスは今年すでに利下げをしました。ポンドも年内1-2回の利下げを織り込んでおり、今週の英国雇用統計の悪化も手伝って、ほぼ確実となってくるでしょう。米国もこれに追随を見せれば、オセアニア通貨一強の可能性も出てきます。 
特にロングする選択肢があまりにもなくなってくるので、NZドルは強含む可能性が高いと考えています。NZドル買い戦略に大穴予想を出しておきます。ご参考まで。 

【ひろぴー氏出演動画】

 

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円はRCIで買われ過ぎ!「円安反転」のきっかけ待ちの中、今夜は米CPIとFOMC 【ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー】

ドル 円はRCIで買われ過ぎ 円安反転

ただ、こうしたポジション調整が起きていたにもかかわらず、米ドル/円だけはそれほど米ドル安に向かいませんでした。

今のドル/円は、非常にボラティリティーが高く、今後もそのような動きが続きやすいと思われるため、決め打ちで円安・ドル高だと考えるのは、このタイミングでは早計かもしれません。テクニカル分析的には、仮に今後、さらに円安になるだろうと考えるならば、ドル買い(円売り)のタイミングは1ドル=150円近辺のレジスタンスラインを突破したときで、短期的に仕掛ける程度で考えたほうがいいでしょう。この場合、手仕舞い(買いに対して売ること、売りに対して買うこと。反対売買)は比較的すぐに行う必要があります。逆に、その水準を抜けずに円高への巻き戻しが起こる場合、目先で1ドル=140円近辺がサポートライン(下値支持線)になっているため、この水準でいったんドルを買い戻すという方法もあります。いずれにせよテクニカル分析としては、長期的な円安波動は今のところ見えないため、慎重なトレードが求められます。

これまでも説明してきましたが、米国にとって、米ドル高はインフレ抑制に対してはプラス材料です。それを是正するという正当性が見つかりません。

金利差云々で米ドル/円の150円の節目の再打診といったシナリオには距離を置きたいし、クロス円における上値トライがあっても、先週(6月12日~)のような急伸を望めない可能性を無視できない。

このような見方が正しければ、米ドル/円の上昇があっても「最後の上昇」と化し、145円大台乗せがあっても短命に終わってしまうだろう。筆者は現時点において、150円の節目の打診なしといった従来の見方を維持、また夏場以降の反落を想定しておきたい。

さて、最近は、米ドル全面高に対してG7(先進7カ国)各国が協調して米ドル高是正を目指す、いわゆる「令和のプラザ合意」が議論されるのではないか、という専門家が出てきました。

みずほコーポ銀の唐鎌氏は、米景気不透明感が強く、低金利の長期 化観測が強い中でドルは引き続き下方向を向いていると指摘。米住宅統 計やバーナンキ議長の議会証言内容によって、「さらなるドル安へ向か うのか、反転となるのかが決まりそうだ」とみている。

みずほコーポレート銀行国際為替部のマーケット・エコノミスト、 唐鎌大輔氏は、「日米2年債金利差が限界的なところまで縮小する中で 進んだドル安であるが、米金利がさらに低下する見通しは立っていない 」として、ドル安・円高の進行に一服感が生じていると説明している。

円は対ドルで午後に一時87円19銭と、前日のニューヨーク時間 午後遅くに付けた86円69銭から軟化。ドル・円相場の相対力指数 (RSI、14日ベース)は円の買われ過ぎを示す30付近で推移して いる。

この日の東京市場では、午後の取引でドルが対ユーロで下げ足を速 めており、一時は1ユーロ=1.3029ドルと、5月10日以来の安値を 更新している。

6月4日投機筋のポジショニングはドルに対してスイスフランはマイナス4.5万ポジション、、、ということは、プラス16万辺りまで行くと、0.72になるかな?

この1週間は、一時欧州通貨などに対して、米ドル高の調整局面となる展開がありました。

東京外国為替市場では、円が主要 16通貨に対して全面安となり、対ドルでは1ドル=87円台まで水準を 切り下げた。ドル・円相場は前週末に一時86円27銭と、昨年12月1 日以来の円高値を付けており、急速な円高進行への警戒感から、一段の 円買いには慎重な姿勢が強まった。

図6は「ドル/円」の1時間足チャートに、ボリンジャーバンドとRSI(期間14)、単純移動平均線乖離率(対25時間移動平均線)を表示したものです。「ドル/円」はいったん1ドル90円の大台まで上昇したあと、88円台まで調整。そこから急上昇して91円台に到達しています。

昨年(2022年)の日銀介入の実績から考えると、米ドル/円はこれから145円の大台への接近や打診があっても、それ以上の上値トライは容易ではないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました