眺望優先 マンション解体の訳公表

FXブログ
眺望優先 マンション解体の訳公表
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 眺望優先 マンション解体の訳公表

眺望優先 マンション解体の訳公表

しかし、法定耐用年数はあくまで税務上の基準として定められた数字です。マンションの物理的な寿命とは異なりますのでご安心ください。

築40年以上の中古マンションは、管理費・修繕積立金が高額になる場合があります。特に総戸数が少ない小規模物件の場合、1戸あたりの修繕費負担が大きくなるため維持費が高額になりがちです。

借入期間が短くなるとその分、毎月の返済額が増えますので、毎月の支払いが苦しくならないよう注意が必要です。そのため、築40年の中古マンションを検討する際には、余裕をもった予算計画を立てると安心です。

また、マンション価格が高騰している中で非常に重要なのが、高値掴みをしないことです。周辺相場や過去の取引価格をもとに、適正価格であるかを判断しましょう。

積水ハウスは住民などからの反対を受け、2度の設計変更を実施したという。しかし「完成が近づき、実際に建物が富士見通りからの富士山の眺望に与える影響を再認識した」(同社)。再度計画を見直した結果、「眺望を優先する」と事業中止に踏み切った。

内覧時は共用部にも注意を向けて、外壁にヒビ割れがあるなど修繕が十分に行われていないと感じるマンションは避けた方がよいでしょう。

築40年といった築年数が経過している中古マンションは、マンション躯体の劣化が進んでいる可能性があります。

このように築40年超の中古マンション購入では、住宅ローン利用においていくつかの懸念点があります。築40年超の中古マンションを購入検討する際には、金融機関へ早めに相談してみてもよいでしょう。

また、マンションの規模は大きい方が安心です。大規模マンションは住民数が多い分、小規模マンションと比較して修繕費の不足といった問題を抱える可能性が低い傾向があります。

築40年の中古マンションを購入するメリットとして、立地の良い物件を安く購入できます。

フルリノベーションを検討する場合、費用が1,000万円を超えるケースも一般的ですので、予算を超えてしまう可能性もあります。そのため、中古マンションの契約前にリフォーム業者に見積もりを依頼するのもおすすめです。これによって、具体的な費用や改修の制約などを把握し、予定外の負担や問題を回避できます。

築40年の中古マンションを買う最大のメリットとして「相場よりも安く購入できる」点があげられます。マンション価格が高騰している現在、立地条件を優先し築40年前後の物件をリフォームして住むことはお得な選択肢と言えるでしょう。

最近では1億円超えの新築マンションが当たり前に売り出されており、一般企業に勤める会社員ではなかなか手の届かない現状です。しかし、築40年前後の中古マンションに目を向けると、東京都心でも5,000万円台の物件が売り出されています。

法改正により現在の建築基準法や都市計画法に違反している物件を「既存不適格建築物」といいます。着工当時は適法であったため、特例として違法建築とはせず、使用可能な状態にはなっています。そのため、マンションが存在する限り、住み続けることは可能です。

無料会員登録するだけで、全ての情報が確認できリスクなく始められます。退会も簡単に出来ますので、まずは気軽に登録して、マンション購入を成功させましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました