<06月13日>、PPIと日銀待ち~

FXブログ
<06月13日>、PPIと日銀待ち~
<06月13日>

P&Fでは~
豪ドル円が上に3枠転換。

日足P&Fの状況:(06月10日)~(06月14日)>に追記しました。

P&Fは、各通貨ペアバラバラな感じです。
FOMCをこなし、日銀待ちになり、ここをこなしてからになりそうです。

~昨日の感想は
米国のCPIはやや鈍化し利下期待膨らみ金利差縮小でドル円が軟調になりましたが、声明文で
利下げは一回と伝わりドル円は行って来いな感じになりました。
鈍化してるとはいえインフレ率3%台はまだ高いということになりそうです。
ということで明日の日銀&黒田さん待ちになりました。

~指標的には
豪州雇用は、雇用者数は減ったけど失業率は下がった。
米国では、PPIがあります。
ここでも下がるのならドル円頭が重くなりそう。

~チャート的には
ユーロドルなんかは上ヒゲ。
対ドルは総じて上ヒゲですね。

~試したいのは
日銀待ちです。
個人的にはおとなしくしてます。
何事も精神的なことが大事。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <06月13日>、PPIと日銀待ち~

06月13日 PPIと日銀待ち

ユーロドルは4日ぶりに反発。終値は1.0809ドルと前営業日NY終値(1.0741ドル)と比べて0.0068ドル程度のユーロ高水準だった。米インフレ指標の下振れを受けて米利下げ期待が再燃すると、米長期金利の低下とともに全般ドル売りが先行。24時過ぎに一時1.0852ドルと日通し高値を更新した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました