【見通し】NY株見通し-ハイテク株を中心に堅調か 経済指標は6月ミシガン大消費者信頼感指数など

FXブログ
【見通し】NY株見通し-ハイテク株を中心に堅調か 経済指標は6月ミシガン大消費者信頼感指数など

今晩はハイテク株を中心に堅調か。昨日はダウ平均が65.11ドル安(-0.17%)と3日続落した一方、米5月生産者物価指数(PPI)が前月比で予想に反して低下し、米10年債利回りが一時4.22%台まで低下したことを好感し、S&P500が0.23%高、ナスダック総合が0.34%高とともに4日続伸し、終値の過去最高値を4日連続で更新した。ブロードコムが予想を上回る決算や1対10の株式分割を発表し2桁高となり、エヌビディアなどのこのほかの半導体株が軒並み高となったこともS&P500とナスダック総合を押し上げた。引け後の動きでは第2四半期の決算が予想を上回り、通期見通しを引き上げたアドビが時間外で約15%高と急伸した。

 今晩の取引でハイテク株を中心に引き続き堅調か。主要3指数は今週に入り、ダウ平均が0.39%安と反落ペースとなった一方、S&P500とナスダック総合は連日で最高値を更新し、S&P500が1.62%高、ナスダック総合が3.12%高とともに2週続伸ペースとなった。米連邦公開市場委員会(FOMC)で年内の利下げ予想が従来の3回から1回に修正されたものの、5月消費者物価指数(CPI)や5月生産者物価指数(PPI)が鈍化したことで米10年債利回りが低下したことが支援となった。CMEのフェドウォッチ・ツールでは年内2回の利下げ確率が67%となり、1週間前の46%から大きく上昇した。今晩は週末の取引となるものの、先行きの利下げ期待の高まりや、好決算を発表したアドビの大幅高が見込まれることで、ハイテク株を中心に堅調な展開が期待できそうだ。

 今晩の米経済指標・イベントは6月ミシガン大消費者信頼感指数、同1年先・5年先期待インフレ率速報値、5月輸入物価など。このほか、グールズビー米シカゴ連銀総裁の講演も予定されている。主要な企業の決算発表はなし。(執筆:6月14日、14:00)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【見通し】NY株見通し-ハイテク株を中心に堅調か 経済指標は6月ミシガン大消費者信頼感指数など

コメント

タイトルとURLをコピーしました