国債買い入れ減額「相応の規模」

国債買い入れ減額「相応の規模」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 国債買い入れ減額「相応の規模」

国債買い入れ減額 相応の規模

しかし実際には、こうした長期国債買い入れの小幅減額措置は、少なくとも本格的なQTの開始とは言えないのではないか。本格的なQTの開始は、来年、追加利上げが相応に進んだ後になると現時点では見ておきたい(コラム「日銀の国債買い入れ減額は本格的な量的引き締め(QT)の始まりではない」、2024年6月5日)。

日本銀行が3月の決定会合の対外公表文で示した「長期金利が急激に上昇する場合には、毎月の買入れ予定額にかかわらず、機動的に、買入れ額の増額や指値オペ、共通担保資金供給オペなどを実施する」との文言は、まさに柔軟な枠組みの機能を意味するものだが、仮に国債買い入れ減額が決定される際には、この文言がどのように修正されるかが大きな注目点となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました