夢の国でスマホばかり TDRに賛否

FXブログ
夢の国でスマホばかり TDRに賛否
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 夢の国でスマホばかり TDRに賛否

夢の国でスマホばかり TDRに賛否

これはディズニーランド、ディズニーシー同様の話なのですが、チケットをかざしパークに入園する際に「シャラン」という音が鳴っているのを知っていますか?実はあの音、ディズニー映画「ピーターパン」に登場する妖精、ティンカーベルのピクシーダスト(妖精の粉)が降りかかる音だったんです♪パークに入園するゲストは全員、ティンカーベルに入口でピクシーダストを振りかけられていて、魔法にかかっているというディズニーならではの夢のある演出なんです。

女性が「料金はいくらですか?」と聞くと、タクシーの運転手は「夢の国への通行料は○○○○円です。」と答えました。そして女性がお金を支払うと、ディズニーランドに隠れているという、隠れミッキーのマップまでプレゼントしてくれます。そして、タクシー運転手はふと、一言言葉を発します。

子供から大人まで幅広い世代から愛され続けているディズニー映画ですが、その原作の童話を調べてみるとなんとも残酷なものばかりなのをご存知でしょうか?とても子供に見せられるようなストーリーではありません。ディズニー映画といえば、子どもから大人まで楽しめる夢のある素敵な物語なのが特徴ですよね。しかし、ディズニー映画やプリンセスの原作である童話を確認すると、実はとても恐ろしい物語だった!なんてことが数多くあるのです。

現在ある東京ディズニーランドが開園するおよそ30年前の話です。なんと日本橋三越の屋上に「こどもの夢の国楽しいディズニーランド」がオープンしていたんだそうです!このディズニーランドは、ディズニーの本場アメリカと契約が結ばれて期間限定で1957年に誕生したんだそうです。

ディズニー映画ふしぎの国のアリスは、ディズニーの名作であり、子供から大人まで誰もが知っている大人気の作品です。主人公の少女、アリスが冒険する不思議の国は、アリスの夢の中のストーリーになっていて、不思議の国ではユーモア溢れる個性的なキャラクターがたくさん登場します。

ディズニーの生みの親と言えば「ウォルト・ディズニー」です。夢の国「ディズニーランド」を創設した彼の功績は計り知れません。そんなウォルト・ディズニーにまつわるこんな都市伝説があるのをご存知でしょうか?

魔法が溶けて、シンデレラの手元に残ったのは片方のガラスの靴でした。しかし、この一夜の夢のようなできごとは、シンデレラにとってこれまでにないほど幸せな時間だったのです。また、召し使いの日々に戻ったシンデレラでしたが、お城では王子様がシンデレラが落としていったガラスの靴を使って、シンデレラを探そうとしていました。

ディズニーランド、ディズニーシーのどちらのパーク内にもほとんど時計が存在しません。時計を置かない理由は、時計を目につくところに置いていると、時間ばかり気にしてしまって、パークを思いっきり満喫できないと考えたからなんだそうです。鏡を置かない理由と同じように、ゲストを思いやる素敵な理由があるんですね♪細かいところにも気を抜かない、さすがは夢の国ですね!

また、アトラクションの終盤には、プーさんの夢の中の世界に入り込んだゲストたちは、ズオウとヒイタチというはちみつ泥棒のゾウがたくさん出てくるシーンがあります。ここでは、ハニーポットが激しく回転し、急停止したかと思うとはちみつの匂いがかかったりと、いろいろな仕掛けがあるのです。そういったことが影響して、なにやらおかしな感覚になってきてしまうのかもしれませんね。

この作品の舞台となるのは「ナチランド」という空想上の独裁国家ですが、これが当時のナチス・ドイツを風刺しているのは一目瞭然です。本作の主人公を演じるのはドナルド・ダックです。軍服を着て砲弾工場で働くドナルドの姿が描写されています。今や夢の世界を描くディズニーですが、このように政治色の強い作品も作られていたことがあったんです。さらにおてんばで喜怒哀楽が激しいキャラクターのドナルドダックがナチスの兵隊に扮していたなんて驚きが2倍ですね!

ディズニーリゾートに併設されているホテルの話ですが、すべてのホテルが12階までに制限されているということをご存知でしょうか?これは夢の国という世界観を損なわないようにするためからの配慮で、これ以上高くすると航空法に基づき、屋上に赤い警告灯を設置しなければいけなくなるんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました