盗用 報知新聞記者を懲戒解雇

FXブログ
盗用 報知新聞記者を懲戒解雇
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 盗用 報知新聞記者を懲戒解雇

盗用 報知新聞記者を懲戒解雇

問題となった連載はニュースサイトで今年4月9日から計16回掲載された。大阪本社版の紙面でも一部を掲載した。武庫川女子大学名誉教授の丸山健夫氏の講演や、同氏が毎日新聞兵庫版に寄稿した連載から構成や表現を多数盗用していた。

記者は武庫川女子大の丸山健夫名誉教授の講演録や丸山氏の毎日新聞への寄稿から、表現や構成を盗用した記事を執筆していたという。

記者は、研究者が毎日新聞に寄稿した連載や講演録から甲子園に関するエピソードを集め、記事を作成。研究者にはメールで協力を依頼したものの、本人には一度も取材しないまま、構成や表現を多数盗用した記事を執筆、掲載した。

報知新聞大阪本社編集局の記者(51)がスポーツ報知のニュースサイトの連載「甲子園100年物語」で記事内容を盗用した問題で、報知新聞社は15日、記者を懲戒解雇処分にしたと明らかにした。14日付。

スポーツ報知のニュースサイトに4月から掲載されていた連載「甲子園100年物語」(全16回削除)を巡る記事盗用問題で、報知新聞社は14日、記事を執筆した大阪本社編集局の記者(51)を懲戒解雇処分とした。また、直属の上司の同本社編集局編集センター長を休職2か月の処分とした上で更迭、連載のデスクを務めたセンター次長を休職1か月、増村一成・大阪本社編集局長を減給の処分とした。宮川元宏・取締役大阪本社代表は報酬の1か月10%を返上する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました