【テクニカル】テクニカルポイント=ユーロ/豪ドル レジスタンス1 1.6274(6/13安値)

FXブログ
【テクニカル】テクニカルポイント=ユーロ/豪ドル レジスタンス1 1.6274(6/13安値)

南アフリカ・ランド(ZAR)円

レジスタンス2  8.69(2022/6/10高値)

レジスタンス1  8.66(6/21・22高値=年初来安値)

前日終値     8.56

サポート1    8.50(6/14安値)

サポート2    8.42(6/12安値)

ユーロ/豪ドル

レジスタンス2  1.6336(6/11高値)

レジスタンス1  1.6274(6/13安値)

前日終値     1.6177

サポート1    1.6129(1/2安値=年初来安値)

サポート2    1.6060(2023/6/21安値)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【テクニカル】テクニカルポイント=ユーロ/豪ドル レジスタンス1 1.6274(6/13安値)

初めに テクニカル指標と株やFXで使う分析方法を紹介します

SBI FXトレードは、SBIホールディングス傘下のSBI FXトレード株式会社が運営しているFXサービスです。活用できるテクニカル指標が多いので、多角的な分析が可能なことも人気の一つです。使用できる分析方法も多く、売買のタイミングに信憑性を持たせられるので、安心して取引できます。少額から投資でき、低リスクで始められるため、初心者に優しいと言えます。また、取引ツールが豊富にあり、パソコン・スマホの両方で取引できるのも特徴の1つです。

テクニカル分析を活用することで、チャートのパターンから値上がりするタイミングを見つけられる可能性が上がります。

初心者でも分析しやすい方法なので、初めてFXに挑戦する方は、テクニカル分析がおすすめです。

株やFXは、利益を得るために相場を分析する必要があり、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2種類を使います。

テクニカル指標には、トレンド系とオシレーター系の2種類があります。

テクニカル指標には、トレンド系とオシレーター系の2種類があり、移動平均線やポリンジャーバンド、RSI、ストキャスティンクスなどがあります。

テクニカル分析のデメリットは、過去に例のない事例の動きを追えないことや正しい分析ができているかわからないことです。過去の相場から今後の動きを分析する方法のため、過去に起きたことのない事例に対応できません。また、分析に使う方法がたくさんあることで、分析結果がバラバラになりがちな点もデメリットと言えます。そのため、自分の分析に自信が持てない場合も考えられます。

テクニカル分析を行う際に必要なツールをFX会社が提供していることもあるので、初心者にも挑戦しやすいと言えます。理想は2つの分析を活用することですが、最初は、テクニカル分析から始めてみることをおすすめします。

テクニカル分析のメリットは、初心者でもチャート画面がわかりやすく、相場を分析しやすいことです。また、ファンダメンタルズ分析とは違い、社会的、政治的な影響、企業分析の知識を勉強する必要はありません。初心者も上級者もチャートの見方や売買のタイミングは、同じです。

初めに、テクニカル指標と株やFXで使う分析方法を紹介します。

過去の値動きから今後のチャートの動きを分析する「テクニカル分析」。

コメント

タイトルとURLをコピーしました