東京株、一時800円超の下落

東京株、一時800円超の下落
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 東京株、一時800円超の下落

14日の東京株式市場でも取引開始直後から 全面安の展開になった

東京株式市場で14日午前、日経平均株価が一時、前日の終値より800円超下げた。米国で激しい物価上昇が続くことから、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めをさらに加速させるとの見方が広がり、株を売る動きが強まり、日米で大幅な株安となっている。

週明け17日の東京株式市場はほぼ全面安となり、日経平均株価(225種)の下げ幅は一時、前週末終値比で800円を超えた。午前の終値は708円15銭安の3万8106円41銭だった。

株安の要因は、前日に発表された米国の8月の消費者物価指数(CPI)。前年同月比の伸びが市場予想を上回り、FRBが物価高を抑えるために大幅な利上げを続けるとの見方が広がった。米国の利上げで米景気が今後、悪化するとの不安から、13日の米ニューヨーク市場は主要企業でつくるダウ工業株平均が1200ドル超下落。14日の東京株式市場でも取引開始直後から、全面安の展開になった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました