FX/為替「ドル/円、フランス政治リスクを注視」 外為どっとコム トゥデイ 2024年6月17日号

FXブログ
FX/為替「ドル/円、フランス政治リスクを注視」 外為どっとコム トゥデイ 2024年6月17日号

外為どっとコム トゥデイ

主要通貨ペア(ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円)について前営業日の値動きをわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

作成日時 :2024年6月17日8時20分
執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼14日(金)の為替相場
(1):日銀 国債買入れ減額の方針を決定
(2):日銀総裁「相応の規模になる」
(3):フランスの政局不安で円高
(4):ミシガン大調査の経済指標はマチマチの結果

▼14日(金)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報/ ▼本日の見通し/ ▼ドル/円の見通し:下値は限定的/ ▼注目の経済指標/ ▼注目のイベント

14日(金)の為替相場

期間:14日(金)午前6時10分~15日(土)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):日銀 国債買入れ減額の方針を決定

日銀は大方の予想通りに政策金利を0-0.10%に据え置いた。一方で、事前に報道で伝わっていた国債買い入れの減額については「次回金融政策決定会合において、今後1~2年程度の具体的な減額計画を決定する」として事実上先送りした。これを受けて円売りが強まると、その後ドル/円は4月29日以来の高値となる158.26円前後まで上昇。クロス円でも円が全面的に下落し、ポンド/円は2008年8月以来およそ16年ぶりに201.62円前後の高値を付けた。

(2):日銀総裁「相応の規模になる」

日銀の植田総裁は金融政策決定会合後の記者会見で、次回7月会合では「国債買い入れ減額の市場への影響を考慮した上で政策決定」としつつも「国債買い入れの減額は『相応の規模』になる」と発言。為替相場については「最近の円安の動きは物価の上振れ要因であり注視している」とした。また、次回会合での利上げの可能性について「経済・物価情勢次第で当然あり得る」と述べて否定しなかった。

(3):フランスの政局不安で円高

欧州市場に入り、フランスの株価や国債価格が続落。同国の政治リスク・財政リスクを意識したユーロ売りも活発化した。なお、ルメール仏財務省はこの日、総選挙に向けて4党協力で合意した左派連合について「政策は完全に狂気だ。格下げと大量の失業、欧州連合(EU)離脱を保証するものだろう」と発言。世論調査によると左派連合は、マリーヌ・ルペン氏率いる極右政党・国民連合(RN)に次ぐ第2勢力になり得ることが示唆されている。ルメール氏は極右・RNについても、総選挙で勝利すれば「金融危機のリスクに直面する」と警告。RNは電気料金の値下げ、ガスの付加価値税(VAT)引き下げ、公共支出の拡大を公約に掲げている。欧州タイムはユーロ/円主導で円が全面的に強含んだ。

(4):ミシガン大調査の経済指標はマチマチの結果

米6月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は65.6と予想(72.0)に反して前回(69.6)から低下した。一方、同消費者インフレ期待は1年先が3.3%、5-10年先で3.1%といずれも市場予想(3.2%、3.0%)を上回った。

14日(金)の株・債券・商品市場

<最新の株価指数CFDレートはこちら>

ドル/円 外為注文情報(FX板情報・オーダー状況)

<外為注文情報はこちら>

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

 

人気通貨ペア 本日の予想レンジ

ドル/円の見通し:下値は限定的

14日のドル/円は終値ベースで約0.2%上昇。日銀が国債買い入れの減額を次回会合に「先送り」したことで円売りが強まると4月29日以来の158.26円前後まで上伸した。その後は、フランスの政局リスクが高まる中で円買いに傾き157円台を割り込む場面もあったが、ユーロ/円の下落が一服するとドル/円にも買い戻しが入り、前日比30銭余りドル高・円安の157.40円前後で取引を終えた。フランスの政局については、先の欧州議会選で躍進した極右・国民連合(RN)に加えて左派連合も支持率を伸ばしており、マクロン大統領率いる与党連合の支持率は低迷。今月末から来月初めに行われる議会選で与党連合が大きく議席を減らす可能性が高まっている。ルメール仏財務省は14日、総選挙で極右が勝利すれば「金融危機のリスク」に直面すると警告。左派連合が勝利すれば「欧州連合(EU)離脱」につながると強調した。本日の欧州市場でも仏株や仏国債の続落に注意が必要と見られ、ユーロの軟調地合いも続く可能性がある。フランスの政治リスクの高まりはキャリートレードの巻き戻しを誘発しやすく、円を買い戻す動きにつながることも考えられる。もっとも、欧州の政治混乱が深まればリスク回避のドル買いも相応に強まると予想されることからドル/円の下値は限定的と見る。

注目の経済指標:中国小売売上高

注目のイベント:ECB総裁発言

※時間は日本時間での表示になります。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は注目度が高い順に「◎」「○」「無印」で表示しております。
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

 
kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、経済番組専門放送局の日経CNBC「朝エクスプレス」や、ストックボイスTV「東京マーケットワイド」、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。WEB・新聞・雑誌等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「ドル/円、フランス政治リスクを注視」 外為どっとコム トゥデイ 2024年6月17日号

しかも FXで為替差益を追求する場合は柔軟な対応が可能です

ニュースなどでも頻繁に報道されているように、「日本円→米ドル」や「米ドル→ユーロ」などといった交換レート(外国為替相場)は日々刻々と変動するものです。自分が取引した通貨ペアの交換レートが変動することで、利益が得られたり損失が生じたりするのがFXです。

このようにエントリーのチャンスが頻繁に訪れるからこそ、多くの投資家がFXに期待を寄せるのでしょう。

日本では円という単位の通貨を用いていますが、世界に目を向ければ米ドルやユーロ、英ポンド、豪ドル、南アフリカランドといったように、100種類以上の外貨(外国通貨)が存在します。FXとは、それらの通貨のペア(組み合わせ)を売買する取引です。

その点、外国為替市場では米ドル/円、ユーロ/米ドルなどといった通貨ペアが世界共通で取引されています。したがって、常に交換レートは変動するのでFXはたとえ日本時間の深夜であっても取引が可能なのです。

ログイン後、左上メニューより「外貨・FX」を選択し、「じぶん銀行FX」からお申込みください。

しかも、FXで為替差益を追求する場合は柔軟な対応が可能です。特に取引の期限が設定されていないことから、数秒〜数分間の変動から利益を得るスキャルピングやその日のうちに取引を完結するデイトレード、数日〜数週間のスイングトレード、もっと長期のポジショントレードまで、相場の傾向や自分自身の方針に応じて自由自在な取引が行えます。

はじめての方に役立つFXコンテンツをご用意しました。

FXでは、預けた資金(証拠金)の最大25倍に相当する取引が行えるというルールが存在します。つまり、100万円分の運用をしたい場合(当然余裕をもって資金を運用すべきですが)単純計算で最低4万円(100万円÷25倍)の資金を準備することで取引ができるのです。

また、外貨の持ち合わせがなくてもFXなら米ドル安・円高傾向を示すと思われる場面でも「米ドルを売って日本円を買う」という注文が入れられます。今度は、1米ドル=110円の時点で「1万米ドルを売って日本円を買う」という取引を行ったケースで考えてみましょう。そして、1米ドル=105円まで円高に振れたタイミングで、「日本円を売って1万米ドルを買い戻す」という決済を行ったことにします。

2017年以降のように狭いレンジ(値幅)で上下動を繰り返すもみ合い相場においても、自身の判断で機動的な売買が可能なFXならこまめに利益を積み重ねることも可能です。その安値付近で買って高値付近で売る一方、高値付近で売って安値付近で買い戻すというトレードを繰り返していくのです。

FXで利益を得るには、大きく分けてふたつの方法があります。ひとつは為替差益と呼ばれるもので、取引開始時と決済時の為替レートに違いがあった場合に得られるものです。もうひとつはスワップと呼ばれるもので、条件を満たせば取引を決済するまで日々利益が得られるものです。それぞれの方法を解説すると次のとおりです。

レバレッジを効かせた取引を行えることもFXの大きな特徴だといえるでしょう。レバレッジとは「てこの原理」を意味する言葉で、少ない力でより大きなもの(資金)を動かせることを指します。

一定の証拠金を差し入れることで証拠金以上の金額で外国為替取引ができる金融商品のことをFXといいます。

一般社団法人金融先物取引業協会において、無登録業者等からの悪質な投資勧誘による被害防止のための啓発動画が協会ホームページで公開されました。FX取引を行う場合は、金融商品取引業の登録の有無をご確認くださいますようお願いいたします。

注文の際に必要となる証拠金は、DMM FXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました