[ユーロ米ドル]フランス政情不安後退でユーロ反発

FXブログ
[ユーロ米ドル]フランス政情不安後退でユーロ反発
(ユーロ米ドル日足)



先週の欧州議会選挙でフランスの極右政党が台頭したことで市場はフランスがEUから離脱する可能性が高いとの見方が広がりユーロ売りが進んだ。ただ、実際には離脱の可能性は低いとの見方から週明けからユーロの買い戻しの動きが先行。1.0737まで上昇したが米長期金利が上昇したことで上値は抑えられた。
欧州市場の政情や財政などへの不安は一時的なものではなく、今後も燻る可能性が高くユーロ買い戻しが一巡すれば再び売りが強まるとみている。

ユーロドル予想レンジ:1.0760(38.2%)~1.0700

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]フランス政情不安後退でユーロ反発

フランス政情不安後退でユーロ反発”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました