無人ギョーザ販売 閉店続く背景は

FXブログ
無人ギョーザ販売 閉店続く背景は
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 無人ギョーザ販売 閉店続く背景は

無人ギョーザ販売 閉店続く背景は

しかし、全国に372店(2022年4月16日現在)を有する「餃子の雪松」をはじめとして、全国にギョーザの無人販売所は雨後の筍の如(ごと)くどんどんできていて、もうかっているようなのだ。「餃子の雪松」はコロナ禍に入る前の20年1月には19店だったから、コロナ禍の最中に店舗数で約20倍という急成長を遂げている。

「閉店が相次ぐ今の状況は、おそらく『儲かる店舗』と『儲からない店舗』を仕分けているフェーズを示しているのだと思います。冷凍食品の需要は高いままですし、高級食パンやタピオカ、白いたい焼きといった一過性のブーム食と違い、餃子はあくまで“日常食”。普段食べるモノである以上、そこまでニーズが急落するとは思えません。

→実は無人販売店では購入方法を説明するVTRを流しています。ひとは、ひとの声や存在を意識するだけでなにか悪いことをしようとする気が起きづらくなるものですので、実はこのモニターによる購入方法のご案内は、お客様の利便性を高めると同時に、犯罪の防止にも一役買っていると言えます。

→餃子の無人販売店の、最も驚くべきところは、なんといってもこの「お賽銭箱」形式の支払い方式かと思いますが、やはりこれも、「悪いことをしたらバチがあたりそう」といった声があるように、どこか日本人の心理に働きかけるものがあるようです。

「冷凍ギョーザの無人販売ビジネス」は、手軽な調理で人気が高い「ギョーザ」を、巣ごもり下の買いだめ需要を受けた「冷凍食品」としたことで、全国に広がった。

餃子無人販売店がウケた理由として、コロナ禍の巣ごもり下における、買いだめの需要に「冷凍調理食品」が合っていたこともありそうだ。

ギョーザの無人販売所はどのような経緯で登場し、なぜ流行しているのか。また、パイオニアである「餃子の雪松」の他にどんなプレーヤーがいるのか。実態を調べてみた。

帝国データバンクでは、「日本冷凍食品協会が23年4月に行った調査では、自動販売機や無人店舗等で冷凍食品を購入した割合は男女ともに1割から2割にとどまった。利用者層の拡大余地は依然として残っているなかで、味や品質、価格に見合うこだわりといった、『無人販売』など話題性以外の誘客戦略が求められる」と指摘する。

また、「餃子無人販売店」は、買う人にとっては、餃子1つの平均価格は「30.1円」程度であり、テイクアウトがしやすい。出店する側にとっても、省スペースで出店費用が安く、人件費がかからずに24時間営業できるなどのメリットがあると指摘している。

沖縄県西原町で坂田給油所を営む比嘉健二代表(35)は、コロナ禍や原油高の影響で経営が苦境に陥る中、新規事業として冷凍ギョーザの24時間無人販売に活路を見いだした。11月19日に「かめかめ島餃子 宜野湾工房店」(宜野湾市真栄原)をオープン。

「ギョーザの無人販売所」は2021年頃から、コロナ禍で人との接触を避けた販売方法の一つとして注目された。帝国データバンクの調べによると、2020年度に131店舗だった店舗数が、2021年度には827店舗に急増し、さらに2022年度は1282店舗まで増加、したがって3年間で約10倍の出店数となったかたちだ。2023年7月時点では推計としておよそ1400店に上るという。実際、店舗を目にした人や利用したことのある人も多いのではないだろうか。

もちろん、ショーケースの中からこっそり持ち出すケースもありますが、監視カメラで追跡することも可能ですし、何より無人販売店舗として運営することで削減できる人件費の利幅のほうが大きいという経営判断の結果、このような販売形態に踏み切っているとも言えます。

なお、2022年度末時点で最もシェアが大きかったギョーザ無人販売店は「餃子の雪松」ブランド(運営:YES、東京・国分寺)で、全国シェアのおよそ3割を占めた。

無人販売なので非接触性が高く、新型コロナウイルスの感染を回避したい人々のニーズに見事にハマった。また、味の素冷凍食品や大阪王将(運営はイートアンドフーズ)の冷凍ギョーザがスーパーで売り上げを伸ばしている。このように、ギョーザが手軽に調理できる簡便さも、巣ごもり需要に合致していた。

こうした背景から、餃子無人販売を展開する企業のなかには、中華料理店や業務用冷凍食品メーカーがコロナ禍における販売不振を補うため、進出したケースも多かった。このほかにも、国からの「事業再構築補助金」など各種補助金制度の活用などによって、駐車場運営やクリーニング店といった他業種からの参入も多かったという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました